eラーニング導入と定着化のヒント

eラーニング(モバイルラーニング)の上手な活用法をお教えします

Category: eラーニング活用法 (page 1 of 3)

1/27(水) 第2回開催! 世界最高峰のeラーニング制作ツール「iSpring」スーパー活用セミナー

ponpon

===================================
第2回 世界最高峰のeラーニング制作ツール「iSpring」活用セミナー
===================================

Continue reading

もうすぐ今年も終わりですね!旧年中はお世話になりました

jimusho

もうすぐ今年もおわりですね!
旧年中は本当にありがとうございました
皆様には心より御礼申し上げます。

【東京・大阪/開催】第二回モバイルラーニング事例セミナー

elearning613_n

elearning_osaka04

===================================
【東京・大阪/開催】第二回モバイルラーニング事例セミナー
===================================

「人事・教育担当者必見! 学びの実践と定着化を実現する方法とは?」

10/7(火)東京 10/10(金)大阪 2箇所でモバイルラーニングを中心とした 最新教育手法・研修方法の事例紹介セミナーを開催します。

モバイルラーニング(モバイルを利用したeラーニング)に多くの実績を持つ (株)WARK(所在地・東京都渋谷区)とオンラインを使った全く新しい人材育成 手法を提案する(株)Be&Do(所在地・大阪市北区)の2社共催セミナーです。

第一部は、店舗スタッフや営業現場の事例を中心に、教育をITでサポートする ためのポイントをご紹介。クラウド、スマートフォン、タブレットなど新技術 を利用した実践力UP術など、モバイルラーニングだからこそ実現できることを お伝えします。(WARK/PART 担当:WARK取締役eラーニング推進室長 横江功司)

さらに第二部では、研修効果を数倍にする全く新しい方法!オンライングループ トレーニング手法を用いた事例をご紹介します!それにより手間・負担も少なく 現場に戻ってから学んだことを実践させ、定着化させます。 (Be&Do/PART担当:Be&Do 代表取締役 石見一女/執行役員 橋本豊輝/ プランナー 舞田美和)

*両社は日本e-learning大賞の受賞経験もあります。 *ミニ懇親会は軽食とアルコール飲料、ソフトドリンクなどをご用意して、 ざっくばらんにご質問など承ります。ぜひ、参加者同士の情報交換の場としても ご活用ください。

今回、東京会場を(株)サムライズ様、大阪会場を中央電力(株)様に ご協力いただきます。ご興味のある方は、是非ご参加ください。

————————————————————————–

◆第二回モバイルラーニング事例セミナー

◆開催日時

【東京会場】2014年10月7日(火) 【大阪会場】2014年10月10日(金)

【受付開始時間】16:30~ 【第1部:セミナー】17:00~18:30 【第2部:ミニ懇親会】18:30~19:00

◆参加費:無料

◆会場アクセス

▼東京会場 株式会社サムライズ様 会議室 東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビル10F 案内図:http://www.samuraiz.co.jp/company/ 交通 :JR 山手線・埼京線・湘南新宿ライン「大崎」駅  北改札東口よりO歩道橋より直結

▼大阪会場 中央電力株式会社様 大阪本社会議室  大阪市中央区北浜1-8-16  大阪証券取引所ビル23階 案内図:http://www.denryoku.co.jp/page/company_access.html 交通 :地下鉄堺筋線(B1出口)・京阪電車京阪本線(2番出口) 「北浜」駅より直結

◆お申し込みは下記フォームよりお願いします。
http://info.habi-do.com/mobile-learning-seminar

主催:株式会社WARK/株式会社Be&Do
協力:株式会社サムライズ/中央電力株式会社

企業防衛のためのコンテンツ「eラーニングで守備力向上」シリーズを制作開始

IE01
elearning_WBC08

===================================

企業防衛のためのコンテンツ「eラーニングで守備力向上」シリーズを制作開始

===================================

モバイル版eラーニングのコンサルティングから制作、運用まで幅広いサービスを 提供している、株式会社W A R K(本社:東京都渋谷区、代表取締役:長瀬昭彦) は、企業防衛のためのコンテンツ「eラーニングで守備力向上」シリーズの制作 を開始した。まず第一弾として「情報セキュリティー」「企業コンプライアンス」 「反社会的勢力の排除」の3本を近々リリースする予定です。 *シリーズで50本制作予定!

===================================

■企業防衛のためのコンテンツ「eラーニングで守備力向上」シリーズ で
教育で企業の人や資産を守れ!

現況、企業には様々な角度からの脅威があります。その脅威から会社を守る ために必要なことは、第一に「教育」。ただし、様々な形態で働くスタッフ が増えたこともあり、全社的に集合研修を行っていくことが難しくなりました。

そこで、隙間時間にモバイルを使ってささっと学べるようなラーニングが 必要と考え、今件の制作を開始しました。

モバイルやクラウドでビジネススピードが加速されたのと同様に「脅威」の スピードも急速しました。それらに対処し得る教育研修はモバイルラーニング の他はありません。
そう自負しております。

===================================

■eラーニングで守備力向上 5つの特徴

(1)当たり前ですが、モバイルでもパソコンでも学習できます
(2)面白く、集中が途切れず、強く印象に残る工夫がいっぱいあります
(3)SCORM教材なので他社の学習管理システムでも運用可能
(4)今までと違った着眼点(後日発表)
(5)企業以外にも学校教育機関でも使える内容とします。

従来のeラーニングコンテンツとは全然違います!実績No1のWARKが作ります。

===================================

【サービス名】 eラーニングで守備力向上 シリーズで50本制作予定!

【発売予定日】 2014年9月

【対象者】 企業従業員、アルバイトスタッフ、学校教育機関

【価格】 発売と同時に発表します。

==================================

社名:株式会社WARK
http://wark.jp/
所在地:東京都渋谷区代々木2-26-4-4F

開業17年の老舗eラーニング企業。第七回日本e-Learning大賞総務大臣賞 受賞。最先端のeラーニングやモバイルラーニングのコンサルティングから 制作、運用まで幅広い分野で活躍。また、数々の企業、学校で教育ITに よる業務改善などを行ってきた。現在、日本e-Learningコンソシアム、モ バイルラーニングコンソシアム、そして新たに発足されたJmoocの法人正 会員である。代表の長瀬 昭彦が日本e-Learningコンソシアムの理事、モバ イルラーニングコンソシアムの副代表理事をつとめる。

==================================

【 WARKホームページ】
http://wark.jp/

【eラーニングの百貨店】
http://wark.jp/100/

【 eラーニング | モバイルラーニング最前線!】
http://wark.chu.jp/new/blog/

【大阪】最新モバイル&ソーシャルラーニング事例セミナー(6/6)絶好調!

elearning_mobamoba

【大阪】最新モバイル&ソーシャルラーニング事例セミナー(6/6)絶好調!
もうすぐ定員に達します! 本当に凄い!大阪事務局のBe&Doさんに感謝です!
ありがとうございます。
—————————————————————————————————–
組織の人材育成課題を解決する!自律的に学ぶ環境をつくる!
最新モバイル&ソーシャルラーニング事例セミナー

開催日時:2014/6/6(金)

【受付開始時間】16:30pm~
【第1部:セミナー】17:00pm~19:10pm(途中休憩あり)
【第2部:懇親会】19:10pm~20:00pm

会場

◆場所:share YODOYABASHI deck 大阪府大阪市中央区北浜4丁目2-13 淀屋橋今西ビル4F 案内図:http://www.shareyodoyabashi.com/contact/contact.html#access

【交通】 地下鉄御堂筋線・京阪電車京阪本線「淀屋橋」駅下車すぐ(3 番・10 番出口)

参加費用

◆参加費:500円

タイムスケジュール

▼17:00pm 開会のご挨拶 (株)Be&Do 代表取締役 石見一女

▼17:05pm~17:45pm

フォロワーを導くリーダーシップ、リーダーを盛り上げるフォロワーシップとは? 関西大学 商学部准教授 小野善生 (神戸大学経営学博士 専門は経営管理論、組織行動論、リーダーシップ論)

▼17:45pm~18:25pm

OJTとeラーニングの融合!現場を学習する組織に変える。 ワークプレイスラーニングで組織の生産性を向上する。(仮) <目標共有型ラーニングプラットフォーム「habi+Do!」を活用したトレーニング法> (株)Be&Do 代表取締役 石見一女

▼18:25pm~18:30pm 休憩

▼18:30pm~19:10pm

店舗、現場での教育研修をITでサポート クラウド、スマートフォン、タブレットなど新技術を利用したパフォーマンスアップ術(仮) <モバイル版コンテンツ制作システム「アイテスタロイド」> (株)WARK取締役eラーニング推進室長:横江功司

▼19:10pm~19:15pm share YODOYABASHI deckからのお知らせ

▼19:15pm~20:00pm 懇親会

司会:株式会社WARK 代表取締役 長瀬昭彦

◆主催:(株)WARK/(株)Be&Do

◆協力:share YODOYABASHI deck

お申し込み
http://be-do.jp/?page_id=3069

授業・研修配信/映像制作サービス開始「MOOC,eラーニング」

elearning_eizooo

————————————————————————————-
授業・研修配信/映像制作サービス開始「MOOC,eラーニング」
————————————————————————————-
年間100本以上のeラーニング用・映像コンテンツを制作している
株式会社WARK(所在地:東京都渋谷区/代表取締役 長瀬 昭彦)は
この度、大学での大規模な講義配信「MOOC」Massive Open Online
Courses の世界的な流行を千載一遇の機会と捉え、授業配信のための
映像制作サービスを開始しました。 年間売上1億年を目指します。
————————————————————————————-
弊社の新サービス 「授業・研修配信/映像制作サービス」
は、撮影から編集・変換までをひとつの流れとして行う単なる映像
コンテンツ制作ではなく、シラバス作成のお手伝いから、どのように
表現したら興味深いコンテンツになるかのご提言もさせていただきます。
————————————————————————————-
【授業・研修配信/映像制作サービスの5つの特徴】
(1)映像制作のプロが貴校に直接伺います。先生が動く必要がありません
(2)コンテンツ制作だけでなく、シラバス作成のお手伝いも可能です。
(3)当たり前ですが、格安・高品質な作品をどんどんご提供します。
(4)撮影から編集まで、すべて弊社で執り行います。モバイルもOK!
(5)eラーニングの配信に関してもお任せください!!!
————————————————————————————-
(株)WARKは、JMOOCの正会員企業で、実際の大学講義の配信
をご支援させていただいております。コンテンツ制作に関しては
各方面の方々から多大なるご評価を頂いております。
また、全国各地から学校・教育関係者が来場する、日本最大の
学校向けIT専門展「第五回 教育ITソリューションEXPO」にも
出展します。
————————————————————————————-

【授業・研修配信/映像制作サービス】
サービス開始日:2014年5月21日から
費用:案件により、お見積もり
詳細:
お問い合わせ:http://wark.jp/form/

————————————————————————————-
◆(株)WARKとは、開業17年の老舗eラーニング企業。
第七回 日本e-Learning大賞総務大臣賞受賞。最先端のeラーニング
やモバイルラーニングのコンサルティングから制作、運用まで幅広い
分野で活躍。また、数々の企業、学校で教育ITによる業務改善などを
行ってきた。現在、日本e-Learningコンソシアム、モバイルラーニング
コンソシアム、そして新たに発足された JMOOCの法人正会員である。
代表の長瀬 昭彦が日本e-Learningコンソシアムの理事、モバイル
ラーニングコンソシアムの副代表理事をつとめる。
————————————————————————————-

【 WARKホームページ】
http://wark.jp/

【eラーニングの百貨店】
http://wark.jp/100/

【 eラーニング | モバイルラーニング最前線!】
http://wark.chu.jp/new/blog/

 

Oracle Database 11g 管理 クイック・スタート(Oracleトレーニングオンデマンド)(eラーニング)

elearning_011891

Oracle Database 11gソフトウェアのインストール方法とOracleデータベースの管理に必要なタスクの実行方法を修得します。Enterprise Managerを使用して、様々な管理タスクに実行する方法を解説します。
本トレーニングは日本オラクル株式会社のコンテンツを使用します。トレーニング・オンデマンドは新しいタイプの研修受講形態です。いつでも繰り返し視聴できるビデオ・ストリーミング講義と5日間使える演習環境、講師への質問ページ、そしてeKit(PDF版テキスト)から構成されます。” 素晴らしいeラーニング活用法ですね

社内(校内)でeラーニングコンテンツを作ってみませんか?

elearningbdrh9

社内(校内)でeラーニングコンテンツを作ってみませんか?

コンテンツの内製化を支援します。WARK自慢の講師陣が御社に伺い直接、指導します!
機密性が高く、制作を外に出せない。外注制作費を抑えたい企業様には最適

コンテンツ内製化支援サービスとは
(1)社内でコンテンツを内製化したい方々のための支援サービスです。
(2)eラーニングコンテンツやシナリオの作り方を、御社様に出向いて指導します。
(3)e-Learningの業界団体内/内製化研究グループのリーダーである長瀬が主宰。
(4)コンテンツ制作のベテランを選りすぐり、講師を用意しております。
(5)低料金で熱心な指導が、人気を呼んでいます。

詳細はこちら
http://wark.jp/elearning/naisei.html

eラーニング講座「ビジュアルで学ぶ 下請法(基礎編)」「ビジュアルで学ぶ 下請法(実務編)」

elearning_0da_s

eラーニング講座「ビジュアルで学ぶ 下請法(基礎編)」「ビジュアルで学ぶ 下請法(実務編)」

下請法に違反した企業に対する公正取引委員会からの勧告・指導件数は年々増加しており、企業における下請法対策の教育・研修の重要性は、ますます高まっているとのこと。

「ビジュアルで学ぶ 下請法」は、数々の契約・法律問題に対応してきたパナソニック法務部門が制作に協力し、ビジネスで役立つ下請法の知識を短期間で効率的に習得できるように開発されたeラーニング講座。ケーススタディをベースに下請法のポイントをイラストでわかりやすく解説しているとのこと。 こういうコンテンツを大企業が学ぶようになったとは、大きな変化である。 進んでeラーニングで学んでほしい教材である。

詳細は以下

http://panasonic.biz/it/itie/campaign/campaign_201402_3.html

 

2/28 WARKモバイルラーニング/eラーニングセミナーご参加頂き有難うございました

elearning54lf2

2/28 WARKモバイルラーニング/eラーニングセミナーご参加頂き本当に有難うございました。
当日は、モバイルラーニング全般のお話から、アイテスタロイドの方の活用事例まで
ご説明させていただきました。 皆様にはメモなどをとって頂き、大変熱心に聞いていただき
心より御礼申し上げたいとます。 今後ともどうかよろしくお願いします。

elearning54lf3

当日は、弊社会議室で行わせて頂きました。
ご来場ありがとうございました。

アイテスタロイド詳細
http://wark.jp/mobile/i-test.html

ベトナムで伸びているITの領域は、なんと「eラーニング」!

elearning_ffds8

本当に凄いニュース!GOODニュースです。ベトナムで伸びているITの領域は、なんと「eラーニング」!とのこと。
——————————————————————————————————————
ベトナムで伸びているITの領域が「eラーニング」だ。後述する企業の話によると、アジアのeラーニング市場は2016年までに115億円にまで拡大、さらにベトナムは同市場の年成長率が44.3%(2012年)と世界で最も高い。今後、国内のインターネット普及率が上がることなどから、さらなる成長が見込まれている。
——————————————————————————————————————
これは、驚きです。本当にビックリしました。
——————————————————————————————————————
「DeltaVietはその先駆けといえるeラーニングサービス。現在はベトナム語にのみ対応しており、研修コンテンツを動画で配信している。共同創業者が米国のeラーニングサービス「Udemy」に着想を得たことがきっかけに、2013年5月にサービスを開始。現在までに2万5000人のユーザーを獲得している。
——————————————————————————————————————
ほお~っ!
——————————————————————————————————————
DeltaVietでは、まずトレーナーを選定し、研修コンテンツを共に企画する。次に専用のスタジオで研修用の動画を撮影・編集しサイトで公開する。一部無料のコンテンツもあるが、多くが有料で提供されており、安いものは約20万ドン(日本円で約970円)から用意されている。中には4600人以上のユーザーが利用するコンテンツもある。ユーザー課金により得られた収益の50~70%がトレーナーに還元される。

主なターゲットは19~29歳のインターネットユーザー。1つのコンテンツは約5回の講座で構成されており、コンテンツはソフトスキルを向上させるものに特化している。あがり性を和らげるような「日常のコミュニケーション能力向上」などが人気。ユーザー数を増やすための施策は、Google AdWordsやSEO、Facebook広告、Facebookページ、アフィリエイトなどネットマーケティングが主だそうだ。

——————————————————————————————————————
eラーニングの宣伝手段として、ハッキリ、SEOと書いてあるのは、ある意味で凄いです。
今後もどんどん発展していくことを期待します。
以下、ソース
http://japan.cnet.com/sp/startup_asia/35044489/
——————————————————————————————————————

パワポでeラーニングが絶好調!WARKが最も早く打ち出したコンテンツ制作サービス

elearning_we6

パワポでeラーニングが絶好調!
WARKが最も早く打ち出したコンテンツ制作サービス手法です。

◆パワポでeラーニングとは?
単にパワポでつくるだけではありません 制作工程のコンサル+コンテンツ制作サービスです。
まずは、パワポでデザイン/アニメーション制作を行い、最後にツールでフラッシュ、HTML5、映像などに変換し完成させます。

それにより、従来のeラーニングコンテンツ制作を根底から覆す!   工数も工期も従来の4分の1を実現します。

(1)従来、フラッシュで行っていた制作をパワポを利用して、つくるサービスです。
(2)コンテンツを制作するだけでなく制作手法もお教えします。
(3)お客様との協力で、フラッシュ制作の4分の1に工数も工期も圧縮します!

◆サービス概要
【まるごとeラーニングコンテンツお任せコース】
お客様先にご訪問して、シナリオのライティングからコンテンツの制作、学習管理システム
へのアップロードまで、全て弊社で行います。 その後の更新もお任せください。

【制作費削減コース】
お客様の方で、元となるシナリオや絵コンテを制作して頂き、弊社にてスライドのデザインブラッシュアップ/アニメーション作成を行います。その後、弊社にて変換します。

【コンテンツ内製化支援コース】
お客様の方で、全てコンテンツ制作ができるよう、全て弊社が制作指導を行わせて頂きます。

お見積り等、お気軽にご相談ください
http://wark.jp/elearning/ppt.html

 

 

2/28(金)モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナー【無料】

elearning_farf2

◆2/28(金)モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナー【無料】

——————————————————————–

株式会社WARK(所在地・東京都渋谷区/代表取締役・長瀬昭彦)は2014年2月28日(金)15:00pm~から自社のセミナールームにて、モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナーを開催します。セミナー終了後は個別相談会もご用意しております。

——————————————————————–

【お話しする内容まとめ】

元大手企業の人事が語る「店舗でのeラーニング成功事例」およびモバイルラーニングの最新活用事例とそのコンテンツの作り方をレクチャーします!

【セミナー対象者】
(1)iPad、iPhone、Android等を企業内研修に導入を検討している方
(2)モバイルラーニングの最新情報を知りたい方
(3)店舗でのeラーニング成功事例を知りたい方
(4)eラーニングからモバイルラーニングへ、切り替えを考えている方
(5)モバイルラーニング・コンテンツの作り方をマスターしたい方
※弊社のコンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」にて解説させて頂きます。

【スケジュール】

15:00pm~15:30pm
元大手企業の人事が語る「店舗でのeラーニング成功事例」
とモバイルラーニングの可能性について

講師:アイラーニングドリームス代表:石井 幸雄

15:30pm~16:00pm
モバイルラーニングの最新活用事例紹介

講師:WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司

16:00pm~16:30pm個別相談会

——————————————————————–

【モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナー】

◆日時:2014年2月28日(金)15:00pm~
◆場所:WARKセミナールーム
東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F
【地図】
http://wark.jp/company/img/up_img/wark_seminor.pdf
山野美容専門学校の正面のビル4Fです。
◆講師:
アイラーニング・ドリームス合同会社代表:石井 幸雄
株式会社WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司
◆参加費:無料
◆最大 参加人数10名
◆お申し込みは下記にお願いします。
http://wark.jp/form7/

——————————————————————–

e-ラーニング教員免許状講習の申込が開始?

elearning_b05_s

インターネットで好きな時に受講できる! e-ラーニング教員免許状講習の申込が八洲(やしま)学園大学にてスタートしました。来校不要で講習受講ができることから、受講者数が年々増加しているとのことです。

ご参考

▼秋の受講形態▼
1.決められた時間にパソコンに向かいリアルタイムで受講する「双方向ライブ受講」
2.録画されたものを視聴しレポートを提出する「オンデマンド受講」
3.横浜キャンパスで直接受講する「来校受講」

▼教員免許状更新講習について▼ http://www.yashima.ac.jp/univ/teacherslicense/detail_h24.php

八洲学園大学の教員免許状更新講習は、多忙な先生方のニーズに応えるeラーニングシステムを用いつつ、「ただ受講すれば良い」というのではなく主体的に学ぶ講習を開設しています。

▼八洲学園大学について▼
http://www.yashima.ac.jp/
八洲学園大学は2004年に通信制大学として開学し、日本で始めてeラーニングを利用して学位や図書館司書などの国家資格取得を実現しました。通信制大学としては珍しい就職支援も実施。eラーニングによる支援を展開しています。

拡張現実(AR)は教育の未来を切り開けるか?

elearning_kauchi

拡張現実(AR)は教育の未来を切り開けるか?

AR(拡張現実を利用した教育は世界中の学校に影響を及ぼすことができるのだろうか?
Created by Paul Hamilton, leader in augmented reality in schools and education.
ポール·ハミルトン、学校や教育の拡張現実のリーダーによって作成。

YouTube Preview Image

wanted to introduce a Mathematics concept without actually telling the students
what it was. This way they could analyse the iMovie trailer and collect evidence on
what the concept might be. This way the students are already gaining knowledge on
the topic even before they know what it is.

Then I created the worksheet to get the students to record their thinking as they
were watching the Movie trailer.

Finally I put it all together in an Augmented Reality experience that made the viewing
of the content seamless and engaging. The kids loved this concept, especially the searching for clues within the iMovie trailer! Here is the result:

YouTube Preview Image

eラーニングの人気テーマは「コンプライアンス」、実地企業は62.3%

elearning50frf0

eラーニングの人気テーマは「コンプライアンス」、実地企業は62.3%
【アメーバニュースから引用】

JMAMジェイマム(日本能率協会マネジメントセンター)の、国内企業706社の人事・教育担当者を対象に、社員教育におけるe ラーニングの実施状況、導入理由や実施教育テーマについてのアンケート調査に関する記事が、アメーバニュースに掲載された。

調査の結果、62.3%の企業がeラーニングを実施していると回答。そのうちの半数が3年以内の導入となっており、eラーニングという教育手段が急速に普及したことがうかがえた。また3,000人以上の従業員規模の企業では81.0%の実施率となった。

実施している教育テーマについては、「コンプライアンス」が51.6%でトップとなった。2位は「ビジネススキル」(45.0%)、3位「ヒューマンスキル」(38.2%)、4位「階層別(管理職)」(28.2%)、5位「メンタルヘルス」(27.5%)、6位「語学」(24.5%)と続いた。

以下ソース「アメーバニュース」
http://news.ameba.jp/20140123-83/

PowerPointでのeラーニングは崩壊している?

elearning1019500

PowerPointでのeラーニングは崩壊している?【Learn Dash 記事】

I was messing around with Articulate Storyline and found myself wondering: are the popular rapid elearning development tools being held captive by the learning industry’s past?

Don’t get me wrong, the major players all have very nice and robust offerings. Every year they are adding new features, which is great, but at the same time these new features are all built upon the same foundation – and in many cases this foundation is Microsoft PowerPoint.

Funny enough, it seems like most elearning courses can be traced back to PowerPoint in some capacity. Heck, most of them allow you to import PowerPoint. But does using PowerPoint as the base for our learning pigeon-hole us into thinking about learning from a PowerPoint perspective? You know what I mean: Linear. Bullet points. Display mode. Slides. Clipart.

It just seems… lacking.

This industry seems poised for some major disruption. Someone who can come in and buck the status quo, to make instructional designers forget about PowerPoint for a second and focus on learning that doesn’t live by the same PowerPoint rules. Learning is dynamic and flexible – so should be the tools and thought processes we have when creating it.

PowerPoint is just fine for many situations, yet “death by PowerPoint” is still creeping into elearning. A tool that can remove these walls, and prevent us from getting dizzy (I’m looking at you Prezi) will have an uphill battle, but if marketed properly, could have a profound impact on the entire rapid course development industry.

【Google翻訳】

私は明瞭に述べストーリーラインをいじりと私は思って発見された。人気の急速なeラーニングの開発ツールは、学習業界の過去に囚われている?

主要なプレーヤーのすべてが非常に素晴らしく、強固な製品を持って、誤解しないでください。毎年、彼らは偉大である、新機能を追加しているが、同時に、これらの新機能はすべて、同じ基盤の上に構築され – そして多くの場合、この基盤は、Microsoft PowerPointのです。

ほとんどのeラーニングコースは、いくつかの能力に戻ってPowerPointにさかのぼることができるように十分に面白い、それはそうです。ヘック、それらのほとんどはあなたがパワーポイントをインポートすることができます。しかし、 PowerPointの視点から学ぶことを考えに私達の学習ピジョンホール私たちの拠点としてPowerPointを使用していますか?あなたは私が何を意味するか知っている:リニア。箇条書き。表示モード。スライド。クリップアート。

それはちょうどようで…欠け。

この業界ではいくつかの主要な破壊のために態勢を整えているようだ。入ってくると降圧現状を、インストラクショナルデザイナーが第二のPowerPointを忘れるために、同じPowerPointのルールで生きていない学習に集中することができます誰か。学習は動的で柔軟である – ので、それを作成するときに我々が持っているツールや思考プロセスである必要があります。

PowerPointは多くの状況のためだけで結構です、まだ「パワーポイントによる死は「まだeラーニングに忍び寄るされています。これらの壁を削除し、めまい得ることから私たちを防ぐことができるツールが(私はあなたPreziは見ている)は苦戦していますが、適切に販売された場合、全体の急速なコースの開発業界に大きな影響を与える可能性があります。

米国のオンライントレーニングのアイコン!「lynda.com 」まさにKing of eラーニング

elearningbdrh10

米国のオンライントレーニングのアイコン!「lynda.com 」まさにKing of eラーニング!
Web開発、アニメーション、ビデオ、グラフィックスからビジネス·ソフトウェアとMicrosoft SharePointのトレーニングのコースに至るまで、1,100以上のコースがあります。
これは凄い!

——————————————————————————————————————–

lynda.comはフロリダ大学のオンライントレーニングリソースパートナーです。 lynda.comのオンライントレーニングライブラリには、Web開発、アニメーション、ビデオ、グラフィックスからビジネス·ソフトウェアとMicrosoft SharePointのトレーニングのコースに至るまで、1,100以上のコースがあります。あなたが講師とあなたが成功するための技術的なスキルの特定の種類が必要に教えるクラスがある場合は、あなたが弱いスキルを修正したり、あなたのコースのために新しいスキルを学ぶために学生に指示することができるためのチュートリアルLynda.comを探る必要があります。あなたが学生であれば同様に、あなたは、新しいソフトウェアを習得したり、あなたが既に知っているソフトウェアであなたのスキルを強化するために助けるためにLynda.comを探索したい場合があります。【Google翻訳】

——————————————————————————————————————–

UF eラーニング Help 【Google翻訳】
https://lss.at.ufl.edu/help/Lynda

eラーニング活用のために期待することとして、最も多くあげられたのは

elearningujyosei120

eラーニング活用のために期待することとして、最も多くあげられたのは、「コースラインナップの充実」(65.2%)だった。2位に「スマホ、タブレット対応コースの充実」(41.8%)、3位「低価格化」(40.0%)、4位「受講者管理等のシステムの利便性の向上」(38.9%)と続いたそうです。

(日本能率協会マネジメントセンターは、国内企業706社の人事・教育担当者を対象に、社員教育におけるe ラーニングの実施状況、導入理由や実施教育テーマ等についてのアンケート調査を実施)

「コースラインナップの充実」
確かに、やりたい研修に完全にアダプトするeラーニングコースを探すのは難しいが、オリジナルで制作するほどの予算は無いということかもしれない。

「スマホ、タブレット対応コースの充実」
注目はココである。今こそ、モバイルラーニングを活用のチャンスである。また、コンテンツのモバイル化も急がれる。

「低価格化」
これは論外!いくら安くしても教育効果が無くては、全く意味がない!「ゼロ」に金を払うなら、むしろ、やらない方がマシ。また、今時、高価なeラーニングコースなどあるだろうか? 10年前から全く更新されてないeラーニング販売のホームページがあれば別だが。

「受講者管理等のシステムの利便性の向上」
今まで、多機能を求めて、あれもこれもと要求した結果、どの会社のLMSもユーザビリティーがかなり悪くなってしまった。また、使い方が難しいと操作研修費用や日数がかかることも影響している。学習管理システムを機能の多さで選ぶことをやめると良いかもしれない。

千歳科学技術大 開発のeラーニングが北海道内の中学校に導入される!

elearning429_m

千歳科学技術大 開発のeラーニングが北海道内の中学校に導入されました。場所は
北海道岩見沢豊中学校。今回、初めてeラーニングを導入しました。ネットがあればどこでも使えるのが利点で、市内中学校では初めて。

そのeラーニングは、インターネットで教科書や問題集が提供されるシステムで、利用者は学校や自宅のパソコンを使い、各自のペースで学習できる。数学の図形や理科の化学反応などが映像で表示されるため理解しやすいことなども利点で、高校では全道約50校が導入。中学校は千歳市内のほか、夕張市の1校と栗山町の1校が昨年までに導入している。

その他、同校は、放課後にパソコン室を開放して活用を促すほか、学習内容の復習の際、授業でも使う予定とのことである。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki/516925.html

無料でモバイルラーニング(eラーニング)の最新事例やCOOLなコンテンツの作り方をレクチャーします!1/17@代々木

elearning_tgfae14

無料でモバイルラーニング(eラーニング)の最新事例やCOOLなコンテンツの作り方をレクチャーします!1/17@代々木

2014年1月17日(金)15:00pm開始(14:30pm開場)~ 16:00pm
セミナー終了後は個別相談会もご用意しております。

【お話しする内容まとめ】

当日は、モバイルラーニング(eラーニング)の実践的な活用法や最新事例、コンテンツの作り方などをメインにお話します。特にモバイルを使ったeラーニングを試してみたい企業様、学校様は必見のセミナーです。

【セミナー対象者】

(1)iPad、iPhone、Android等のモバイル端末を企業内研修に導入を検討している担当様(2)モバイルラーニングの最新情報を知りたい方
(3)他社でのモバイルラーニング(eラーニング)の事例を知りたい方
(4)eラーニングからモバイルラーニングへ、切り替えを考えている方
※既存のFLASHコンテンツをどうやってモバイル化するか?も解説させていただきます。
(5)モバイルラーニング・コンテンツの作り方をマスターしたい方 ※弊社のコンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」で解説させて頂きます。 その他、モバイルを使ったeラーニングの活用例やノウハウ・注意点など も解説させていただきます。

elearning_168b_s

【モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナー】

◆日時:2014年1月17日(金)開催時間60分

◆場所:東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F ㈱WARK 【地図】http://wark.jp/company/img/up_img/wark_seminor.pdf

◆講師:横江功司(株)WARK取締役eラーニング推進室長

◆参加費:無料

◆最大 参加人数10名

◆スケジュール
15:00pm開始(14:30pm開場)~ 16:00pm
16:00pm以降 ~(個別相談会)

◆お申し込みは下記フォームよりお願いします。
http://wark.jp/form7/

*参加者が多い場合は抽選とさせていただきます。 また同業社はお断り致します。

2014謹賀新年!あけましておめでとうございます!WARKより新年の挨拶

nenga

【WARKより新年のあいさつ】
2014謹賀新年!あけましておめでとうございます!
旧年中は皆様に大変お世話になりました。 心より御礼申し上げます。
2000年よりeラーニング/2007年よりモバイルラーニング・ビジネスに参入させて頂いて以来、多くの方々にお世話になりました。 今年こそ、ご恩返しをする時と心得ております。
わたしたちWARKに出来ることでしたら、何でも結構です。精一杯がんばりますので
ぜひ、お声掛けの程お願い申し上げます。 また、2014年度も皆様にとって幸多き年であることをお祈りしてます。 本年度もどうかよろしくお願いします。

2014 Happy New Year.
I’m very grateful to you for the kindness you showed us last year.
I wish you a year filled with happiness.
I look forward to your continued good will in the coming year.

WARK

eLearning Revolution (eラーニング革命)

YouTube Preview Image

eLearning Revolution (eラーニング革命)

あなたが知っている「オンライン学習」ってどんなものですか?

もう一度考えてください

eラーニングは、時間を節約できます

eラーニングはお金を節約

現在、10億人以上の人々がトレーニングを受講しております。

企業トレーニング(研修)は、10億人市場です。

eラーニングはこれらの約25%を占めています。

この事実を、どう思いますか?

Think You Know Online Learning?

Think Again

Welcome to the eLearning Revolution

eLearning Saves Time

eLearning Saves Money

There are over 1 Billion People Currently on a training Course

Corporate Trainig is A Ebillion Industry

eLearning Represents Almost 25% of This

Are you taking eLearning Serious?

防災e-ラーニング 市町村防災研修<e-ラーニングコース>

elearningbdrh10

消防科学総合センターが開催する市町村防災研修e-ラーニング(以下「防災e-ラーニング」という。)は、消防庁「防災・危機管理e-カレッジ」に登録されているe-ラーニングコンテンツの学習をサポートし、防災知識の充実を図ることを目的として行ってるそうです。

e-ラーニングの受講者は次のとおりです
(1) 市町村職員
(2) 消防団員
(3) 消防職員
(4) 都道府県職員
(5) 一般住民等

【詳しくはコチラ】

SCORM&eラーニングコースに関する映像!elearning技術者必見

YouTube Preview Image

SCORM&eラーニングコースに関する映像です。eラーニング技術者になりたい方は
ぜひ、この映像を見て勉強するといいかもしれません!

SCORM, Sharable Content Object Reference Model is a standard way of packaging eLearning materials together so that they can be easily added to a standard Learning Management System (LMS).

eラーニング for Kids 「Founding Dreams」

elearning011505

混沌とした世界の中で、子どもたちの未来は読書、科学、数学、コンピュータテクノロジーの基本を習得できるかどうかによって決定されます。今後、子どもたちに対し、不可欠であると思われるスキルをサポートし、強化することができる高品質の品質のeラーニング/オンライン学習サイトです。

E-learning for Kids isn’t only for kids, though; it’s also a site where:

* Parents get more engaged in their kids’ education
* Educators and experts champion e-learning and contribute their knowledge on how kids can learn better.

* Commercial education and game developers contribute to the next generation.

* Corporations and associations channel their social responsibility efforts.
* People with a passion for childhood education make a difference.

http://www.e-learningforkids.org/index.html

フラッシュコンテンツ(eラーニング)HTML5移植サービス開始

elearningbdrh4

==================================
◆フラッシュコンテンツ(eラーニング)HTML5移植サービス
===================================

株式会社WARK(所在地:東京都渋谷区/代表取締役 長瀬昭彦)はフラッシュ コンテンツのHTML5移植サービスを行います。これにより、今までフラッシュで 作られたコンテンツもiPad、iPhone、アンドロイドなどモバイル端末で 閲覧できるようになります。

===================================
【フラッシュコンテンツ/HTML5移植サービスとは?】

アニメーションを多用したアクティブなコンテンツは通常、フラッシュで 作られておりますが、フラッシュで作られてコンテンツはモバイル等で 閲覧することができません。そこで、株式会社WARKでは、企業様内に 多く眠っているコンテンツを再活用すべくHTML5化サービスを始めました。

これにより、従来のPC版のコンテンツもiPad、iPhone、アンドロイドなど モバイル対応コンテンツとなり生まれ変わります。 また、PCとモバイル両対応にすることも可能となります。 その他、コンテンツだけでなくテスト・クイズも移植可能です。
===================================

◆こんなことでお悩みなら ぜひご相談を!

(1)社内のコンテンツが全てフラッシュで出来ており、モバイル化に 莫大な費用がかかることを懸念してる。

(2)PCとモバイル両方、閲覧可能なコンテンツが作りたい

(3)従来あるコンテンツを再活用したい

◆サービス名:フラッシュコンテンツHTML5移植サービス

◆費用(お見積り一式)

◆ご相談は、下記フォームよりお願いします。 http://wark.jp/form/

*もちろんHTML5化できないものもありますことをご了承ください。

________________________________

◆WARKとは? 株式会社WARKは、1997年設立のeラーニングサービス支援を中心とした ICT企業です。現在は「モバイルで学習することをスタンダードに」と いう目標を掲げ、世界61億人のモバイル市場に向け新たな学習スタイル を創出していきたいと考えております。

誰でもカンタンにモバイル版のコンテンツが作れる「アイテスタロイド」 や、モバイル、スマートフォンで店舗スタッフ教育などを行う 「ポケットeラーニング」で第七回日本e-Learning大賞総務大臣賞受賞 しました。2010年には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300に 選定されています。
________________________________

この機会をお見逃しなく!

—————————————————————-
WARKホームページ http://wark.jp/
eラーニングの百貨店 http://wark.jp/100/
eラーニング | モバイルラーニング最前線! http://wark.chu.jp/new/blog/ —————————————————————

eラーニング関連書籍、結構 世の中に出てます!

elearning_amazon

eラーニング関連書籍、結構 世の中に出てます!

1)e-Learning入門、Moodleによる
2)eラーニングシステムの構築と運用
3)eラーニング専門家のためのインストラクショナルデザインなど

eラーニングに興味のある方、今後、eラーニングサービスを生業としたいと考えてるいる方

ぜひ、ご購入をお薦めします。

【詳細はコチラ】

eラーニングの活用事例!千歳科学技術大が高大連携研究会

elearningbdrh7

千歳科学技術大学はこの度、札幌市のアスティ45で第2回高大連携研究会を開いたそうです。全道各地の連携校から約40人の教員が参加し、これまでの連携の歩みや、同大学のインターネット学習システム「eラーニング」の活用事例などの発表が行われたとのこと

【続きはこちら】

通信制大学のeラーニング科目「リサイクル問題」をYouTubeで一部無料公開

elearningbdrh3

大手前大学現代社会学部通信教育課程YouTubeに公式チャンネルを開設しました。その最初の動画コンテンツとして、実際のカリキュラムの中で開講されているeラーニング科目から、「リサイクル問題」の一部について、11本の動画を公開したそうです。

大手前大学は、“STUDY FOR LIFE(生涯にわたる、人生のための学び)”を建学の精神とし、専門教育を通して幅広く教養を深めるリベラルアーツ型大学として、総合文化学部、メディア・芸術学部、現代社会学部の3つの学部を設置しています。

現代社会学部にはさらに通信教育課程を擁し、これからの時代に求められる生涯学習・キャリアアップのための学びを提供すべく、さまざまな制度改革を実施しています。eラーニングを主体としたオンライン学習の強化もそのうちの一つで、2013年10月11日に設立された日本オープンオンライン教育推進協議会(略称:JMOOC)にも正会員として参加し、これからのオンライン教育の発展への貢献を目指してるとのこと。

今回、広く学びのニーズに応えるための取り組みとして、eラーニングによる講義の一部無料公開が決定しました。YouTubeコンテンツ第一弾として、学習ニーズの高い「環境」関連分野の授業「リサイクル問題」(渡辺 勉 講師)から、「リサイクルの歴史と背景」をテーマに、以下の11本のeラーニング動画を配信するそうです。

【YouTubeチャンネル 大手前大学通信教育課程】
http://www.youtube.com/user/OteUniv/

【続きはこちら】

Older posts

© 2017 eラーニング導入と定着化のヒント

Up ↑

Copyright 2016 WARK co.ltd.