eラーニング導入と定着化のヒント

eラーニング(モバイルラーニング)の上手な活用法をお教えします

Category: 医療系eラーニング

第九回 医療系eラーニング全国交流会に出展&参加させて頂きました。>自治医大

elearning_ss_5580

第九回 医療系eラーニング全国交流会に出展&参加させて頂きました。

◆2015年1月24日(土) ~ 2015年1月25日(日)大会長浜本敏郎先生
(自治医科大学)事務局 淺田義和先生(自治医科大学)

elearning_ss_5576

今回の会場は栃木県にある自治医大でした。宇都宮の近くです。
開催場所自治医科大学(栃木県 下野市 薬師寺 3311-1)

elearning_ss_5575

大学は広大な敷地の中に聳え立っておりました。天候も良く 穏やかな2日間でした。

elearning_ss_5595

初日のポスターセッションも大好評でした!各大学のeラーニング手法を発表!

P-1 看護師が遭遇する多重課題に関するe-ラーニング教材の多職種連携教育における活用 深堀先生(東京医科歯科大学大学院)
P-2 看護師長の看護情報活用能力向上に資するeラーニング開発のための実態調査
伊津美先生 森ノ宮医療大学
P-3 看護職における問題解決型思考育成のための e-learning開発 子どもの発達保障 「入院中の子どもの食事援助ができる看護実践能力の育成」
猪谷先生 久留米大学医学部看護学科
P-4 地域看護学領域におけるmoodleを利用したe-ラーニングの取り組み
江角先生 自治医科大学 看護学部

elearning_ss_5592

株式会社WARKも出展させて頂きました。

elearning_ss_5591

弊社のモバイルラーニングコンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」が大好評で
多くの方にお申込みいただきました。

elearning_ss_5581

講堂で弊社のプレゼンテーションも行わせていただきました!みなさん、熱心に聴いていただきました。ありがとうございます。

◆参考(初日のセッション)

10:00~10:20O-1 国際基準に対応した医学教育認証評価にe-ラーニングや反転授業をどのように活用できるのか 坂田先生 獨協医科大学
10:20~10:40O-2 医学部1年生を対象とする初年次教育の設計:情報リテラシー教育の必要性 淺田先生 自治医科大学 医学部
10:40~11:00O-3 看護学部「情報リテラシー演習」授業を対象とした反転授業用教材の作成と活用 坂東先生 獨協医科大学
15:00~15:20O-4 タイの歯学部教員に対するシミュレーション教材作成演習の実施と評価 須永先生 東京医科歯科大学
15:20~15:40O-5 講義形式で看護技術を教育した事例報告 八木先生 北里大学
15:40~16:00O-6 基礎看護技術における身体侵襲を加える看護技術の授業デザイン
平野先生 京都光華女子大学
セッション4:口演
16:10~16:30O-7 アクティブラーニングを考慮したコンピューター教室の構築と授業設計 上西先生 獨協医科大学
16:30~16:50O-8 ICT活用教育の充実化と無線LAN利用環境の現状・課題 山下先生 獨協医科大学
16:50~17:10O-9 Moodleを用いたTBLシステムの構築-学生の理解度を含めて
飯田先生 県立広島大学

elearning_ss_5614

2日目はeラーニングコンテンツの著作権に関するワークショップに参加! とても勉強になりました。講師は九州大学の吉田先生(eラーニングの著作権を考え直す:オープン化・共有化のために必要な対策とは)

elearning_ss_5616

最後は表彰式!皆様,2日間本当にお疲れ様でした!

◆参考(2日のセッション)

9:30~9:50O-10 タブレット端末(iPad)を用いた基礎看護技術教育の実践報告 河野先生 獨協医科大学
9:50~10:10O-11 学生全員がタブレット端末を持つ看護教育環境における教育改善の取り組み 内宮先生 獨協医科大学

elearning_ss

自治医大内にある素晴らしいレストラン「西洋堂」での懇親会も最高でした!
これからも医療系eラーニングの発展を祈念します!

看護師向けeラーニング?看護師のためのオンライン研修サービス

elearning019500

世の中には、いろいろなサービスがあるもの、看護師向けの「ナース専科e-セミナー」というサービスがあるらしい。看護師のためのオンライン研修サービスで、「いつでも」「どこでも」「くりかえし」「えらべる」「まなべる」をコンセプトに、すべての看護師に学びの機会を提供するとのこと。志高く、とても素晴らしい施策であることは間違い。まさにeラーニング活用の真髄!

夜勤等で変則的な勤務体系の看護師にとっては「いつでも」「どこでも」「くりかえし」「えらべる」「まなべる」はとても理想的である。

臨床実践能力を身につけるための基礎看護技術が学べるシミュレーション講義もあるらしい

ソース
http://www.shimotsuke.co.jp/prwire/2014/09/10/201409093553

画像診断のeラーニングとは?

elearning_0da_s

◆画像診断のeラーニングとは?
自宅や教室、職場など、インターネット環境とパソコンがあれば、いつでも画像診断の学習ができるシステムである。それがNPO法人のメディカル指南車が展開している「画像診断eラーニング」です。

その背景

◆メディカル指南車がeラーニングによる学習システムが必要と考える背景は、決してそれだけではない。特に無視できなくなっているのが、放射線科専門医の不足という現実である。画像診断装置の進歩によって、画像診断の重要性や読影する画像の枚数はますます増加するばかり。こうした中、「一般医が読影せざるを得ない状況が出てきている。」

やはり、こういった場合は、eラーニングが有用ですね。

以下ソース
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140205/534636/?ST=system

2014謹賀新年!あけましておめでとうございます!WARKより新年の挨拶

nenga

【WARKより新年のあいさつ】
2014謹賀新年!あけましておめでとうございます!
旧年中は皆様に大変お世話になりました。 心より御礼申し上げます。
2000年よりeラーニング/2007年よりモバイルラーニング・ビジネスに参入させて頂いて以来、多くの方々にお世話になりました。 今年こそ、ご恩返しをする時と心得ております。
わたしたちWARKに出来ることでしたら、何でも結構です。精一杯がんばりますので
ぜひ、お声掛けの程お願い申し上げます。 また、2014年度も皆様にとって幸多き年であることをお祈りしてます。 本年度もどうかよろしくお願いします。

2014 Happy New Year.
I’m very grateful to you for the kindness you showed us last year.
I wish you a year filled with happiness.
I look forward to your continued good will in the coming year.

WARK

岡山市 e-ラーニング応急手当講座 万が一の事態に備えて学びましょう!

elearning_168b_s

岡山市のe-ラーニング応急手当講座について

インターネット(e-ラーニング)上で、救命講習に必要な知識(座学部分)が身につきます。
e-ラーニング受講後、概ね3か月を目安に「実技救命講習(120分)」を受講することにより、普通救命講習(1)に必要なカリキュラムを終了したものとみなし「普通救命講習(1)」の修了証を交付しますとのことです。
◆応急手当eラーニング(WEB講座)
目の前で誰かが倒れてしまったとき、あなたは助けてあげられますか?
特別な資格がなくても、誰にでも行えるのが応急手当です。
万が一の事態に備えて、適切な処置をeラーニングで学びましょう!

【詳細はコチラ】

医療教育研究所の薬剤師生涯研修eラーニング「IME」

elearning81_s

NPO法人・医療教育研究所の薬剤師生涯研修プログラム「IME」インターネットを通じて、空いた時間に好きな場所で研修が受けられるe-Learning
疾患別の基礎講座から薬局実務の解説に至るまで、500講座以上をあるそうです。 プログラムは、(財)日本薬剤師研修センター研修認定に対応しているとのこと。

【続きはコチラ】

東北大学インターネットスクールを立ち上げ、eラーニングを開始!月4万5000回閲覧

iro_wark

東北大学はインターネットスクール「ISTU」を立ち上げ、eラーニングを開始した。現在、各研究科の正規講義などISTUにより配信されているコンテンツは月に約4万5000回閲覧されているとのこと。これは驚くべき数字である。また、病院実習などで忙しい医学系研究科の学生にとって、いつでもどこでも受講可能なeラーニングはまさにニーズにあった学習形態だそう。

この、いつでも、どこでもを突き詰めると、やはりモバイルラーニングの割合が大きくなると思う。 例えば、医療機器を目の前にして学習ができるので大変便利である。以前、弊社でも医療機器のトレーニングコンテンツを作成したことがある。

モバイルラーニング(eラーニング)を活用して、医療の世界向けに、良いソリューションがどんどんできるといいですね!

医療の分野で、ブレークスルー&イノベーションを起こそうとしている人、交流会

2012-07-27 の記事です。

eラーニングiiq10

8/10!医療ブレークスルー交流会やります!

医療の分野で、ブレークスルーしている人、イノベーションを起こそうとしている人にご参加いただき、交流会を行います。

特に、古武術介護の岡田慎一郎先生のお話は突き抜けております! ぜひ、皆様にも聞いていただきたいと思います。
ご興味がありましたら、是非お申込みください

■医療ブレークスルー交流会
■日時:8月10日(金)17:00pmスタート~21:00pmまで(開場16:45pm) …  ■形式:プレゼンターも含めてホテル内で立食スタイルで開催。
■参加費:¥5,000 *参加費は当日ご持参ください。また、ご名刺も1枚ご用意頂けると助かります。
■会場:マンダリンオリエンタル東京 /リンデンルーム(19:15以降はアンダールーム) 【以下会場案内】
■プレゼンテーション&PR出演予定者
古武術介護の分野から/岡田慎一郎氏 看護の分野から/フットケア・西田壽代氏、 ICTと教育の分野から/キャスタリア㈱・山脇智志氏 モバイルeラーニングの分野から/(株)WARK・長瀬昭彦氏 医療人材育成の分野から/㈱HRシンフォニー・立石隆氏
■参加者 約80名を予定 医療機関の経営者や管理職、医療系出版社の方、人材系の方など
■当日の流れ 17:00pm~19:00pm 医療をブレークスルーするプレゼンタイム 19:15pm~21:00pm お食事タイム(立食スタイル)
■オーガナイザー:医療法人真鶴会 小倉第一病院長  中村秀敏             南東北グループ 教育看護局長 中島美津子

© 2017 eラーニング導入と定着化のヒント

Up ↑

Copyright 2016 WARK co.ltd.