eラーニング導入と定着化のヒント

eラーニング(モバイルラーニング)の上手な活用法をお教えします

Category: タブレットeラーニング (page 1 of 3)

「サイバー先生」が動画やOffice文書をそのまま教材として利用できる機能を追加しました!

elearning50frf0

「サイバー先生」が動画やOffice文書をそのまま教材として利用できる機能を追加しました!

サイバー先生を活用することで、子供たちは意外な視点に気づき、自己表現を身につけ、自信を深めることができます。  授業現場のあり方のイノベーションに大きな可能性が広がります。学校での電子黒板とタブレット端末を使った授業を支援するブラウザシステムです。
サイバー先生を導入することで、先生がボタンワンクリックでタブレットに教材を配布・回収したり、児童がタブレットに表示された教材に文字や絵を書き込んだりすることが可能です。
児童が書き込んだ内容を先生パソコンや児童/生徒タブレットに保存したり、ほかの生徒に配布することも可能です。生徒がタブレット端末で撮影した写真を授業で活用することも可能です。

新版では、タブレットの内蔵カメラなどで撮影した動画(H.264)を授業で使うことが可能になった。撮影した動画を教師のPCからすべてのタブレットに配信することや、動画に手描きでコメントなどを描き加えて配信することもできる。これにより、児童・生徒の興味を引き付け、理解度を深めるのに役に立つとしている

サイバー先生
http://cybersensei.net/description/index.html

高校生の生活習慣の改善方法をVine(アプリ)で作成し配信する>袖ヶ浦高校

elearning_sasikae

高校生の生活習慣の改善方法をVine(アプリ)で作成し配信する>袖ヶ浦高校
インターネットの長時間の利用は、高校生の生活習慣に悪い影響を与えているという
たとえば、不適切な睡眠は朝食の欠食につながり、日中の活動に影響を及ぼしているとのこと。さらに、非行、不登校、引きこもりにもつながっているという。

elearning_12IMG_4885

それらをアプリで改善しようと立ち上がったチームが彼らです。その主たるアプリは「Vine」
Vineは6秒間の動画をアップして、見せるアプリ!相当面白い動画でないと拡散は難しいかもしれない! がしかし、そこは袖ヶ浦高校のみなさん! かなり面白い動画を作ってました!

elearning_12IMG_4884

これで、生活習慣を改善できそうです。できると信じましょう!(笑)

企業のeラーニングでも、このようなアプリを使ってやってみるくらいの柔軟さが必要かな
見習うべき点が多いです。

elearning_12IMG_4886

よくがんばりましたね!  エクセレント!

ただ、強いて言うならば これらの理解度を測るためのテスト、クイズがあると効果が大きい
ように思えます。次回は、理解度チェックに挑戦してみて欲しいです。

ドン・キホーテのオリジナルタブレット「カンタンPad」はeラーニングに使えるか?

elearning_kantanpadaa

ドン・キホーテのオリジナルタブレット「カンタンPad」はeラーニングに使えるか?

以下詳細!

——————————————————————————————————————-

ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格」の新商品とのこと。ネットやゲーム、ショッピングなどよく使う機能を大きなボタンで表示するなど、初心者に分かりやすい設計になっているそう。スペックは現行の最新タブレットに比べると見劣りするものですが、最大の魅力はドン・キホーテ価格!。とりあえずタブレットを使ってみたいという人の入門用などにちょうどよい商品だそう。
——————————————————————————————————————-

というわけで、使えなさそうです。(笑)

学校におけるICT環境の整備状況>文部科学省その2

学校におけるICT環境の整備状況>文部科学省その2
電子黒板の整備状況および実物投影機の整備状況
そして、教育用コンピュータのうちタブレット型コンピュータ台数です。

5

電子黒板も今年で、8万台強に!

6

プロジェクターの部類も15万台を越えます!

7

一番、注目してほしいのは、こちらの数字! モバイルPCが7万台を超えました!
昨年度と比較して2倍以上に増加!モバイルを利用したeラーニングの活用が、どんどん進むと思われます。

第二回モバイルラーニング事例セミナーのリリースが「CNET JAPAN」に掲載

elearning_cnet

第二回モバイルラーニング(eラーニング)事例セミナーのリリースが「CNET JAPAN」に掲載されました。

10/7東京 10/10大阪 2か所でセミナーを行います。iPhone、アンドロイドを利用したeラーニングをお考えの方、是非いらっしゃってください!

CNETリリース
http://japan.cnet.com/release/30080824/

すでにパソコン用に作られたeラーニング教材を、スマホやタブレットで見れるようにできないの?

elearning=q (8)

すでにパソコン用に作られたeラーニング教材を、スマホやタブレットで
見れるようにできないの?

——————————————————————————————————————-

はいできます!特にタブレット系は、いろいろな変換ツールが出てますが、スマホに関しては
「アイテスタロイド」で作れば、すべて問題ございません。

もちろん、従来作ったコンテンツを、アイテスタロイドのエディターでカンタンに登録するだけで
すぐに、モバイル版のコンテンツ制作が可能です。

スマホ・タブレットで楽しめるテスト、クイズなどを簡単に作れるツール 「アイテスタロイド」
は、エディターに文字や絵をアップロードするだけの簡単操作です。

できあがったコンテンツはすぐにiPhone、iPad、Android、そしてPCから閲覧可能!

文字ばかりではせっかく作っても見る気が失せてしまいがちな自作テストも   カンタン操作でカラフルなイラスト入りの楽しいテストに早がわりします!

プログラムの知識は一切不要   問題を作ってサーバーに送るだけで完成!
スマホやタブレットでの使用をメインに考えて、アプリ風の動きにこだわりました!

各モバイル端末での動作検証は常に行っていますので、いつでも安心してお使いになれます。モバイルeラーニングの決定版、アイテスタロイドが効率の良い学習をサポートします!

ご参考
http://wark.jp/mobile/i-test.html

アイテスタロイド・ビジネスチャレンジキャンペーン!ドスパラのタブレットがもれなく当たる!

elearning_buissines

「あなたの知識や才能をタブレットやスマホを使って販売してみませんか?」
ドスパラのタブレットがもれなく当たる!アイテスタロイド・ビジネスチャレンジキャンペーンを
EDIX開催初日の2014年5月21日から6月30まで行います。
—————————————————————————————————————-
※キャンペーン対象製品は大画面10.1インチサイズタブレット Diginnos Tablet DG-Q10S
※ドスパラを運営する株式会社サードウェーブ公認のキャンペーンです。
—————————————————————————————————————-
(株)WARK開発の「アイテスタロイド・モバイルラーニングシステム」は、タブレット、スマホ、iPhone、iPadなどで学習可能なコンテンツをカンタンに作ることができ、その作ったコンテンツを受講者に配信し、学習履歴が取得することができます。

この「アイテスタロイド・モバイルラーニングシステム」の大きな特徴は、カンタンでわかりやすいところ。 複雑な操作が一切無いのに、デザイン的に優れたハイセンスなコンテンツが誰にでも作れます。また、モバイル・pc対応の本格的な学習マネジメント(操作カンタン)も出来ます。 その他、作ったコンテンツは、scorm対応で、他社の学習マネジメントシステムでもご利用可能! この仕組みを利用して、知識や才能溢れるプロデューサー、先生、研究者等の方々にコンテンツを作って商売して頂く! それらを支援するのが今回のキャンペーンの趣旨です。 もちろん、最先端のモバイルによる学習です。 ぜひこの機会をお見逃し無く。
—————————————————————————————————————-
【キャンペーン名】 アイテスタロイド・ビジネスチャレンジキャンペーン
【期間】 2014年5月21日から6月30日
【対象者】 キャンペーン期間内にアイテスタロイドをご購入申し込みを頂いた方
※価格等はフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい! http://wark.jp/form/
【プレゼント製品】大画面10.1インチサイズタブレット Diginnos Tablet DG-Q10S
【詳細・注意事項はPDFをご覧下さい】http://wark.jp/img/pdf/iTestaroid_camp.pdf
—————————————————————————————————————-
【参考】
アイテスタロイド・サイト
http://wark.jp/mobile/i-test.html

 

タブレットを導入したが、コンテンツが無い?  良い方法があります。

elearning=q (6)

タブレットを導入したが、コンテンツが無い?  良い方法があります。

コンテンツを探す、買うではなく

どんどん、eラーニングコンテンツを作ってしまうという方法があります。

アイテスタロイドを使えば、カンタンにモバイル版のコンテンツがサクサク作れます

専用エディタでも、CSVでもOK!

2日で、3,000問作った方もいらっしゃいます

一度、お試しあれ!

http://wark.jp/mobile/i-test.html

立命館小学校 ICT教育への挑戦!我々はさらに未来の教育を目指しています。

elearning429_m

立命館小学校は、開校当初より教育のデジタル化を重視してきました。

各教室にプロジェクターや電子情報ボードを整備し、それらの機器を有効に使った授業を展開してきました。しかし、それは教師が前に立ち子どもたちが同じ事をする一斉授業における活用がメインとなるもので過去のものとなりつつあります。授業形態も少人数学習や個別学習、協働学習など多様化している教育の現状を踏まえ、我々はさらに未来の教育を目指しています。

今までノートに書くだけでは分かりづらかった問題や、黒板やホワイトボードだけでは説明しにくかったものが、教材をデジタル化することにより教材に動きを加えたりシミュレーションしたりすることが可能になります。そして、パソコンを活用することにより子どもたち一人ひとりがそのデジタル教材を持ち、自分のペースで考え、解いていくことができるようになります。教材をネット上に置けば子どもたちはいつでも、家庭からでも閲覧することができます。これらのことは、子どもたち一人ひとりに合った学習環境を提供し、子どもの理解を促進するのに有効であると考えます。既に英語科や算数科などの授業で、効果的に活用をしています。

以下ソース
http://www.ritsumei.ac.jp/primary/education/ict.html/

【6/6大阪開催】最新モバイル&ソーシャルラーニング事例セミナー

elearning64651

最新モバイル&ソーシャルラーニング事例セミナーの大阪開催が決まりました!
関西方面の方々!ぜひいらっしゃってくださいませ!どうぞよろしくお願いします。

当日は、ソーシャルラーニングとしても利用できる目的共有型トレーニングプラットフォーム「Habi+Do」とカンタン! モバイル版コンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」と新作の
「モバイルラーニングシステム」の導入事例中心にお話します。

また、セミナー終了後には懇親会もございます! ご来場お待ち申し上げております!

【日時】2014年6月6日(金)
【受付開始時間】16:30pm~
【第1部:セミナー】17:00pm~19:10pm(途中休憩あり)
【第2部:懇親会】19:10pm~20:00pm
*開始時刻が多少変更になる場合もございますことをご了承ください。

【場所】share YODOYABASHI deck
【住所】大阪府大阪市中央区北浜4 丁目2-13 淀屋橋今西ビル4F
【地図】http://shareyodoyabashi.com/contact/contact.html#access
【交通】地下鉄御堂筋線・京阪電車京阪本線「淀屋橋」駅下車すぐ(3 番・10 番出口)
【参加費】500円
【申込】http://be-do.jp/?page_id=3069

【タイムスケジュール】
————————————————————————————————————
17:00pm~開会のご挨拶 (株)Be&Do 代表取締役 石見一女

17:05pm~17:45pm
人材育成におけるリーダーシップとフォロワーシップの重要性
講師:関西大学  商学部准教授 小野善生
(神戸大学経営学博士 専門は経営組織論/リーダーシップ論)

17:45pm~18:25pm
OJTとeラーニングの融合!現場を学習する組織に変える。
ワークプレイスラーニングで組織の生産性を向上する。
<目標共有型ラーニングプラットフォーム「habi+Do!」を活用したトレーニング法>
講師:(株)Be&Do 代表取締役 石見一女

18:25pm~18:30pm 休憩

18:30pm~19:10pm
店舗、現場での教育研修をITでサポート
クラウド、スマートフォン、タブレットなど新技術を利用したパフォーマンスアップ術
<モバイル版コンテンツ制作システム「アイテスタロイド」>
講師:(株)WARK取締役eラーニング推進室長:横江功司

19:10pm~19:15pm
share YODOYABASHI deckからのお知らせ

19:15pm~20:00pm 懇親会

司会:株式会社WARK 代表取締役 長瀬昭彦

elearning2vdsf

4/11のWARK主催モバイルラーニング実践セミナーにお越し頂き本当にありがとうございました!

elearning_keio12

4/11のWARK主催モバイルラーニング実践セミナーにお越し頂き本当にありがとうございました!心より御礼申し上げます!当日は少し長くなってしましましたが、モバイルでのeラーニング活用を中心にお話しさせていただきました。熱心に聞いていて頂き感謝します!

elearning=q (58)

もちろん、弊社の製品「アイテスタロイド・モバイルラーニングシステム」の方もご説明させていただきました。アイテスタロイドはブラウザで受講するスタイルですが、まるでアプリのような操作感でのeラーニングを実現します。

【体験サンプル】
http://wark.jp/itest-bkt/
ぜひ、iPhoneなどでアクセスしてみてください!

ご質問等々もお待ちしております。
【アイテスタロイド】
http://wark.jp/mobile/i-test.html
【ご質問】
http://wark.jp/form/
どうぞぜひよろしくお願いします。

eラーニングaas10

タブレット浸透率は、日本が18%でアメリカが37%

elearning_tgfae15

タブレット浸透率は、日本が18%でアメリカが37%
そもそも、日本はすでに高機能な携帯電話が普及しており、スマートフォン操作に違和感がない。それゆえ、タブレットがなくても、スマートフォンでことが足りてしまうのではないでしょうか
それゆえ、タブレットがポケットに入るまで小さくなればよいが、そうならなければ、このまま不要の産物となるだろう。

以下

■ 日本のタブレット浸透率は18%
昨年末の時点で、日本とアメリカのタブレットの浸透率は、それぞれ18%、37%となっています。これは、日本とアメリカの消費者にタブレットの保有状況を質問し、「保有している」と回答した人の割合を意味します。

日本のタブレット浸透率は、昨年6月末で15%だったので、半年で3%伸びたことになります。

■ タブレット非保有者(日本)の62%は、タブレットを1年以内に買わないと回答
次に、タブレットを保有していない人が1年以内にタブレットを買おうと思っているかどうかを調べました。すると、「買わないと思う」と回答した人が日本では62%、アメリカでは53%、「わからない」と回答した人が日本では28%、アメリカでは34%という結果になりました。

また、1年以内にタブレットを「買わないと思う」と回答した人に、その理由について尋ねると、「現在のPC(パソコン)で満足している」と回答した人が日本でもアメリカでも最も多く、それぞれの割合は89%、72%でした。

さらに、1年以内にタブレットを買うかどうか「わからない」と回答した人に、その理由について尋ねると、「デバイスの価格が高すぎる」と回答した人の割合が日本(42%)でもアメリカ(47%)でも最も高くなりました。

■ まとめ
アップル社が第一世代のiPad(アイパッド)を発売したのは2010年のことで、以降他社からも様々なタブレット型携帯情報端末が発売されるようになりました。それから約4年が経ち、アメリカでのタブレット浸透率は4割、日本のそれは2割に近づいています。

一方、どちらの国でもタブレットの非保有者に現在のPCで満足と考える人々がかなり存在すると見られ、タブレットにPCとは異なる価値や必要性を見いだせない消費者の姿が見えてきます。

以下ソース
http://kantar.jp/whatsnew/2014/04/kantarjapan_pr_0408.html

 

eラーニング市場に関する調査結果PC、タブレット端末の普及により、「オンライン英会話」が急成長

elearning_ffds8

eラーニング市場に関する調査結果パソコン、タブレット端末の普及により、
「オンライン英会話」が急成長

パソコン、タブレット端末の普及により、英会話市場では「オンライン英会話」が急成長。矢野経済研究所が昨年4月に発表した『eラーニング市場に関する調査結果』では、2013年度の個人向けのeラーニング市場規模は、前年度比32.9%増の9億3000万円になると予測していた。
オンライン英会話ものすごいのびである。

その理由は、「講師達は日本語も使えるが生徒を誘導しながら英語でレッスンを通す等、とても良かった」、「費用は高めだが、講師の質や教材の質は非常に満足できる」(30代/男性)、「講師の質が高く、身に付くのが早い」(30代/女性)との高評価を得ているなど
これは、英会話教室もうかうかしてられない!

シャープは2人の同時書き込みが可能で、教育用タブレットと連携したインタラクティブな授業を実現できる“BIG PAD Campus”を発売すると発表

elearning_tgfae15

シャープは2人の同時書き込みが可能で、教育用タブレットと連携したインタラクティブな授業を実現できる“BIG PAD Campus”を発売すると発表!
教育用タブレットをワイヤレスで連携(*1)させることで、児童・生徒の考えを比較・検討するなど、気づき、共有し、創造する力の育成に向けた、アクティブラーニング時代に対応した双方向授業を実現するという。

以下

タブレット学習システム「STUDYNET」は、教育用タブレット「学習端末/JL-T100」と、電子黒板を連携し、生徒の集中力・理解力を高めるインタラクティブな授業を可能にする学習支援システムです。

タブレット学習システム「STUDYNET」の特徴

  1. 「手書き」を活かした学習スタイル学びの基本となる「書く」という操作を学習端末上でも可能にし 「考え方を書き込み、まとめることによる思考力の育成」、 「意見発表等による表現力の向上」、「教科学習による基礎基本の定着」を図ることができます 。
  2. 理解状況をリアルタイムに確認理解度に応じた分かりやすい授業と、リアルタイムなフィードバックを可能にすることで、自分の弱点を的確に把握でき、次のステップに進む学習意欲を引き出します。
  3. 電子黒板との連携による双方向性のある授業電子黒板との連携により、子どもたちの考え方を全体で共有でき、子ども同士がお互いに学び合い、高め合う「学び」を実現します。
  4. 授業と家庭学習を「つなぐ」学習学校での学習と家庭学習をつなぐことで、子どもたちの学習意欲を高めながら、自ら学ぶ習慣を身につけることができます。

    参考
    http://www.sharp-sbs.co.jp/edu/bigpad/

モバイルラーニング(eラーニング)実践・活用セミナー4/11【無料】

elearning_win8

モバイルラーニング(eラーニング)実践・活用セミナー4/11【無料】

eラーニングに関してパソコンの役割が終わりつつも、ならばモバイルを 利用してどう研修に活かすのか?お悩みではありませんか?

モバイルによるラーニングは昔のeラーニングとは活用シーンが全然違います。

では、どうすれば良いのか?を4/11(金)のモバイルラーニング(eラーニング) 実践・活用セミナーで詳しく解説します!

コンテンツやアンケートが自分で作れる!それをスマートフォンやタブレットで すぐに配信できる!さらに集計もできる!一石三鳥のモバイルラーニングシステム 「新アイテスタロイド」をご紹介します。

——————————————————————————

株式会社WARK(所在地・東京都渋谷区/代表取締役・長瀬昭彦)は2014年4月11日(金) 13:30pm~から自社のセミナールームにて、モバイルラーニング(eラーニング) 実践・活用セミナーを開催します。セミナー終了後は個別相談会もご用意しております。

——————————————————————————
itestafaf

【セミナー対象者】
(1)iPad、iPhone、Android等を企業内研修に導入を検討している方
(2)モバイルラーニングの最新情報を知りたい方
(3)モバイルラーニングの成功事例を知りたい方
(4)eラーニングからモバイルラーニングへ、切り替えを考えている方
(5)モバイルラーニング・コンテンツの作り方を内製化したい方

【スケジュール】

13:30pm~14:30pm 【13:00開場】 モバイルラーニング実践・活用セミナー

講師:WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司

14:30pm~15:00pm個別相談会

——————————————————————–

【モバイルラーニング実践・活用セミナー】

◆日時:2014年4月11日(金)13:30pm~
◆場所:WARKセミナールーム 東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F 【地図】 http://wark.jp/company/img/up_img/wark_seminor.pdf
山野美容専門学校の正面のビル4Fです。
◆講師: 株式会社WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司
◆参加費:無料
◆最大 参加人数10名
◆お申し込みは下記にお願いします。
http://wark.jp/form7/
elearning_title

パイオニアソリューションズの学習支援システム「xSync(バイシンク)」が、佐賀県の全県立高校の授業支援ソフトに採用された

elearning-ret1

パイオニアソリューションズの学習支援システム「xSync(バイシンク)」が、佐賀県の全県立高校の授業支援ソフトに採用された。

2014年度から、佐賀県の全県立高校にある教師用・新入生用のパソコン約8500台に搭載される。「xSync(バイシンク) 佐賀県版」として機能を一部追加されました。佐賀県版は電子黒板ソフトとあらかじめ連動し、電子黒板ソフトを立ち上げると同時に「xSync(バイシンク)」のツールバーが画面上に表示されるとのことだそうです。まさに最先端のモバイルラーニングですね。

http://pioneer.jp/edu/xsync/

以下

小中学校では「学びのイノベーション」時代を迎え、普通教室にICTが全面導入されます。  大学や企業ではグローバルに飛躍する人材の能力として「協働してコラボレーション する力」が求められています。

電子黒板のトップメーカーであるパイオニアも この時代に向けて一歩前に踏み出します。
3年前から「つながる電子黒板」として進めてきたシステムを発展させ、 新たに「xSync(バイ シンク)」シリーズとして発売いたします。

「人々が協働する、明日のために」
触った瞬間に驚きを感じ、すぐに操作できる感覚を! 今すぐ開始でき、将来も安心なシステムを! アイディアをつなげて、仲間と創発する喜びを!

小・中学校の児童・生徒に

いままで授業で、調べ学習からまとめものの制作、発表までに必要だった時間が信じられないほど短縮されます。その時間を「協働で話しあう時間」にして子どもたちを主役にしてください。

高校・大学の学生に

課題に対して多角的に調べ、自分の意見をわかりやすく発表し、相手の意見を傾聴して、独自のアイディアを練り上げる。 そんな21 世紀に求められるアクティブラーニングを「思考と表現を往復する考具」として、しっかりサポートします。

企業のイノベーターに

グローバルで戦う人材には、革新が必要です。今までのようにプレゼンの準備に時間をかけていたら、決断のスピードで後れをとります。スピードもクオリティーも譲らず、理解の共有を深める素早いコラボレーションが可能になります。

在籍生を対象にスマートフォンで学習できる教材「スマホ教材」を19日から提供開始

elearning_tgfae14

四谷学院・在籍生を対象にスマートフォンで学習できる教材「スマホ教材」を19日から提供開始

ブレーンバンクとNTTラーニングシステムズ(NTTLS)は17日、ブレーンバンクが運営する四谷学院 で、在籍生を対象にモバイルラーニング教材(スマートフォンで学習できる教材)「スマホ教材」を19日から提供開始すると発表した。「四谷学院の55段階個別指導の教材を再現し、教科ごとに55のレベル別問題をドリルやテストで提供する。

正誤情報や自身の理解度をクラウドで管理するため、間違った問題、不安な問題だけを簡単に抽出して実施でき、短い時間でも効率的に苦手問題を克服できるという。また、学習ステップの進捗や問題の理解度を一目で確認でき、自分の学習計画を設定する機能などにより、計画的で継続的な学習をサポートする。

さらに学習管理画面で、学習の進捗やテストの成績などを生徒ごとに把握可能なため、個々の学習結果にあわせたきめ細かな学習指導などに活用できるという本格的なeラーニングシステムです。

以下ソース
http://www.shijyukukai.jp/2014/03/3732

スマートデバイスの基本操作から「情報の比較・分類の思考法」など課題解決の基本スキルまでを、ポケモンに触れ合いながら習得できる教材ソフト

elearning500

スマートデバイスの基本操作から「情報の比較・分類の思考法」など課題解決の基本スキルまでを、ポケモンに触れ合いながら習得できる教材ソフト!

ポケモンは20日、授業中や休み時間に、児童がポケモンeラーニングと触れ合いながらICTの基本スキルを習得することができる教材ソフト「ポケタッチ」を、6月から教育委員会・小学校向けに発売すると発表した。

ポケタッチ 販売は、ダイワボウ情報システムの全国チャネルで行う。 iOS、Android、WindowsのPC・タブレット全てに対応し、スマートデバイスの基本操作から「情報の比較・分類の思考法」など課題解決の基本スキルまでを、ポケモンに触れ合いながら習得できる教材ソフト。 価格はオープン価格で、年単位のスクールライセンスとなる。

ソースはこちら
http://ict-enews.net/2014/03/25pokemon/

組織改革のためのラーニングを一緒に目指しませんか?4/11(金)モバイルラーニング実践・活用セミナー【無料】

elearning_farf1

◆4/11(金)モバイルラーニング実践・活用セミナー【無料】

e教育に関してパソコンの役割が終わりつつも、ならばモバイルを利用してどう研修に活かすのか?お悩みですよね!
モバイルによるラーニングは昔のeラーニングとは活用シーンが全然違います。

では、どうすれば良いのか?を4/11(金)のモバイルラーニング実践・活用セミナーで
詳しく解説します!
業務の中に学習をうまく溶け込ませ、知らず知らず学ぶ集団へ変貌する!
組織を改革するためのラーニングを目指し、一緒に考えませんか?

——————————————————————–

株式会社WARK(所在地・東京都渋谷区/代表取締役・長瀬昭彦)は2014年4月11日(金)13:30pm~から自社のセミナールームにて、モバイルラーニング実践・活用セミナーを開催します。セミナー終了後は個別相談会もご用意しております。

——————————————————————–

【お話しする内容まとめ】

元大手企業の人事が語る「店舗でのeラーニング成功事例」およびモバイルラーニングの最新活用事例とそのコンテンツの作り方をレクチャーします!

【セミナー対象者】
(1)iPad、iPhone、Android等を企業内研修に導入を検討している方
(2)モバイルラーニングの最新情報を知りたい方
(3)店舗でのeラーニング成功事例を知りたい方
(4)eラーニングからモバイルラーニングへ、切り替えを考えている方
(5)モバイルラーニング・コンテンツの作り方をマスターしたい方
※弊社のコンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」にて解説させて頂きます。

【スケジュール】

13:30pm~14:30pm 【13:00開場】
モバイルラーニング実践・活用セミナー

講師:WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司

14:30pm~15:00pm個別相談会

——————————————————————–

【モバイルラーニング実践・活用セミナー】

◆日時:2014年4月11日(金)13:30pm~
◆場所:WARKセミナールーム 東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F
【地図】 http://wark.jp/company/img/up_img/wark_seminor.pdf
山野美容専門学校の正面のビル4Fです。
◆講師: 株式会社WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司
◆参加費:無料
◆最大 参加人数10名
◆お申し込みは下記にお願いします。
http://wark.jp/form7/

——————————————————————–

1人1台のタブレットPC、電子黒板、無線LAN!文科省「新たな学び」を創造するための実証研究を行う

elearning_tgfae23

1人1台のタブレットPC、電子黒板、無線LAN!文科省「新たな学び」を創造するための実証研究を行う!

全国20校(小学校10校、中学校8校、特別支援学校2校)の実証校で、ICTを活用した教育の効果・影響の検証、指導方法の開発、デジタル教科書・教材の開発などを研究してきた。

3年間のプロジェクトが今年度で終了するのにあたり「学びのイノベーション推進協議会」では「学びのイノベーション事業実証研究報告書」のとりまとめを行ってきた。

報告書の概要説明の後、各委員からは「タブレットの利用で現場が多様化してくる。これからは多様性を生み出す学び方・教え方を見つけていくことが必要」、「プロジェクトとしては成果を収めたが、今のやり方で技術革新の速度について行けるのか、リアルタイムの対応が求められる」、「学びのイノベーションとは、小中高から大学まで主体的に学べるようにすることだが、教育の現場は一日では変われない。

そのギャップを埋めていかなければならない」など、ICT活用教育の今後の課題が示された。

北海道情報大学通信教育部4月よりタブレット対応/モバイルラーニング

elearningujyosei120

北海道情報大学 通信教育部では、さまざまな年齢や職業の人が、大学卒業資格や教員免許状取得などの目的に合わせて学んでいる。卒業を目指す「正科生A」、教員免許状の取得等を目指す「科目等履修生」、いつでも入学できて1科目から学べる「科目トライアル生」、学びたいテーマから選んで学ぶ「科目カプセル生」など、目的の異なるさまざまな入学形態に対応している。 とても先進的な事例である。

通信教育部での学習方法としては、自宅等で学習する「印刷授業」、担当教員から直接授業を受ける「面接授業(スクーリング)」、同大が独自に開発したe-Learningシステム「無限大キャンパス」により実施される「インターネットメディア授業」の3種類がある。
「インターネットメディア授業」は、同大ホームページにつながる環境があれば24時間いつでも場所を選ばず学習が可能である。 これでモバイルラーニングの運用体制はバッチリ?

■動作環境

動作要件は以下を検討中 但しブラウザ環境に関しましては、今後変更の可能性があります。

▼ OSについて ・Windows XP/Vista/7/8 ・Mac OS 10.5以上 ・iOS 6 以上 ・Android OS 4.0 以上

▼ ブラウザ環境について ・各OS標準のWebブラウザ

▼ 画面解像度について ・1024×768以上

▼ インターネット接続について ・下り1Mbps以上(WiFi接続推奨)

※インターネットメディア授業ではJavaScriptを使用しています。JavaScriptが有効な状態でご利用ください ※利用機器や、ソフトウェアのインストール状況等によっては動作しない場合があります ※スマートフォンは動作対象外といたします ※WindowsRTは動作対象外です ※大量のパケットが発生いたします。3G回線の場合はパケット定額プランをご利用ください。 ※通信料等の諸経費は学習者にてご負担ください

YOGA TABLETで学校ダンス教育支援活動>モバイルラーニングニュース!

elearning_lenovo

レノボ・ジャパンは未来ある若者たちの可能性をより広げることを目的にしたプロジェクト、「POWER UP プロジェクト」を開始しました。

「POWER UP プロジェクト」とは、日本ストリートダンススタジオ協会と大日本印刷、ユニバーサル ミュージックが共同で実施している学校ダンス教育支援活動「Dance Education Project」と協業し、学校ダンス教育をサポートするプロジェクトとのこと

これまで行ってきたプロのダンスインストラクターの学校への派遣に加え、レノボのAndroidタブレット「YOGA TABLET (ヨガタブレット)」を活用したダンス教育支援を実施することにより、効果的に若者たちがダンスの楽しさを体験する機会を提供するとのことです。

授業では「YOGA TABLET」で撮影した動画での復習や、ダンスインストラクターの教材用ダンスムービーを観ながらの練習など、学校ダンス教育の可能性を広げるという。
モバイルラーニングプロジェクトがどんどん学校現場に広がっていくのはとてもいいこと。

ただ、その反面、クラブでダンスをさせると逮捕されるという悪しき法律を無くさなくてはならない。 ダンス=逮捕? 意味不明である。

ソース
http://ict-enews.net/2014/03/07lenovopowerup/

タブレットで学ぶ進研ゼミ小学講座「チャレンジタッチ」が2014年4月に開講

elearning02351

タブレットで学ぶ進研ゼミ小学講座「チャレンジタッチ」が2014年4月に開講する。9.7インチの大型タッチパネルを搭載した専用端末で学習をおこなう。
チャレンジタッチに入会すると、専用タブレットと専用カバー、タッチペンに加え、紙の教材と付録が届く。書くことが学習につながる赤ペン先生の問題やテスト対策問題などの紙教材は年4回、タブレット用のコンテンツは毎月25日にインターネット経由で受信する。小学1~2年生向け教材は、学校がテーマだそう。 面白そうな試みである。

以下ソース
http://sho.benesse.co.jp/s/touch/

Wacomが手書きのデータを共有できる仕組みを開発する。

elearningbdrh7

Wacomが、ユーザーが作成した手書き「デジタル・インク」データをコンピューターのOSやハードウェア、アプリケーション・ソフトなどの違いを越えて、自在に共有できる仕組みを開発したと発表したそうだ。 これは確かに便利そうだ。

Wacomは、この仕組みを「WILL(Wacom Ink Layer Language)」と名付け、デジタル・インクの新たな業界標準とすべく提唱する。>なるほど

同時に、さまざまな企業に幅広く提案し、各社の商品、ソフト、サービスなどに、WILLを組み込むためのSDKを提供する。

それは必要だよね!

モバイルラーニングに強い味方!サードウェーブは27日、Android4.2搭載の新型7インチタブレットを9990円で販売開始!

elearning_taburetto

モバイルラーニングに強い味方!サードウェーブは27日、Android4.2搭載の新型7インチタブレットを9990円で販売開始!製品名は「Diginnos Tablet DG-Q7C」

「Diginnos Tablet DG-Q7C」は、スロットをmicroSDのみ、カメラは前面カメラのみに機能を絞ることで低価格化を図ったとのこと。

クアッドコアプロセッサ「Allwinner A31s」を搭載し低消費電力・高動画再生能力を実現したコストパフォーマンスに優れた7インチAndroidタブレット。

価格は9990円。安い!

ソース
http://www.dospara.co.jp/5info/share.php?contents=lp_diginnos_tablet_dgq7c

一流ブランド品は高額、中華PADは安いが、信頼性に欠ける。その中間がまさに、サードウェーブ製のタブレット! こちらの会社は全国にドスパラショップを展開しております。保障に関しても申し分ない。モバイルラーニング 期待の星!!!

モバイルラーニング、スマホ・タブレットの普及で拡大!ただしコンテンツは不足

elearning_tgfae14

モバイルラーニング、スマホ・タブレットの普及で拡大!ただしコンテンツは不足!
【財経新聞より】

財経新聞の記事にeラーニングコンソシアムのモバイルラーニングの利用に関するアンケートが掲載された。eラーニングにモバイルを利用したことがある企業が60%と驚くべき数字である。ただし、コンテンツが不足してるらしい。やはりPCと違って、コンテンツを作るツールが無いことが決定打である。 モバイル版のコンテンツを作るには、HTML5という難しい言語を使わなくてはならない。 その窮地を救うのは、HTML5版コンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」である。「アイテスタロイド」があれば誰でもカンタンにさくさくコンテンツがつくれる。体験版もあります。ぜひお試しあれ!

以下ソース

——————————————————————————————————————

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)が16日発表した「モバイルラーニングの利用に関するWebアンケート」の結果によると、「モバイルラーニングを利用したことがある」人は調査回答者全体の60%だった。

eLCはかつて「e-ラーニング白書」をまとめ、発行していたが、同白書の2006年-07年版に比べると、「モバイルラーニングを利用したことがある」人は14倍(2006年ー07年版では全体の4.8%)と大きく増加している。

また、使用している端末は今回調査では06年ー07年版では見られなかったタブレット端末(30%超)スマートフォン(約50%)を使っている人が圧倒的に多くなっている。これにともない、「教材を動画で見る」という人も全体の25%を占め、増えている。

今回の調査は、2013年11月6日~15日にかけて実施された。回答者は132名。今回の調査結果からeLCではモバイルラーニングの現状について、下記の仮説を提示している。

・利用は急拡大している ・主役はスマートフォンとタブレット
・利用時間はすきま時間
・モバイルラーニングのための教材が不足している

——————————————————————————————————————

2012年に発表された簡単に電子書籍がつくれるアプリ、iBooks Author!その後は

elearning_tgfae16

2012年に発表された簡単に電子書籍がつくれるアプリ、iBooks Author!その後は?

◆無料電子書籍作成アプリ「iBooks Author」で何ができるかまとめムービー

ドラッグ&ドロップで画像やムービーや各種ファイルをぽいぽいと放り込み、画像をドラッグすれば自動的に文字が回り込んで自在にレイアウト可能、選択式の問題を作って埋め込んだり、3DCGのモデルを埋め込んでぐるぐる回転させたり、フルスクリーンでムービーを再生したり、挙げ句の果てにiPadですぐに確認可能で縦・横の向き変更にも自動で対応できるというすさまじいほどに優秀な無料アプリ「iBooks Author」、実際に各種機能を使っているApple公式のまとめムービーを見れば、その威力と実力がはっきりと理解できます。

Apple – iBooks Author
http://www.apple.com/ibooks-author/#hero-video

 

Moodle Moot 2014 にアイテスタロイドを出展!> 沖縄国際大学 

elearning_photo

アイテスタロイドの大学向け総代理店である日本データパシフィックさんが、今年度、沖縄国際大学で開催された「moodle moot2014」に参加し、アイテスタロイドをブースにて展示しました。 新しく発売されたアイテスタロイド2.0も体験版の請求も多々あったそうです。
平社長!本当にご苦労様です。ありがとうございます!また、moodleでもバッチリ履歴がとれます。大学関係の皆様どうぞご活用の程お願いします。 ああ、沖縄、参加したかったああ~

◆アイテスタロイドとは
モバイル版コンテンツが誰でもカンタンに作れるツール!
http://wark.jp/mobile/i-test.html

◆バリエーション豊かなモバイルコンテンツが簡単に作れる。
http://wark.chu.jp/new/blog2/?p=192

◆春の最新機種でもアイテスタロイドは問題なく動作します。
http://wark.chu.jp/new/blog2/?p=210

◆WINDOWS8タブレットでアイテスタロイドを使いこなす!
http://wark.chu.jp/new/blog2/?p=219

◆【緊急】2/28モバイルラーニング実践セミナー
アイテスタロイドの活用法もご紹介します。
http://wark.chu.jp/new/blog/?p=2905

◆ムードルムート2014
http://moodlejapan.org/home/course/view.php?id=57

◆日本データパシフィック
アイテスタロイドの大学向け総代理店
http://www.datapacific.co.jp/

eラーニング、モバイルラーニングでご活用いただけます

2/28(金)モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナー【無料】

elearning_farf2

◆2/28(金)モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナー【無料】

——————————————————————–

株式会社WARK(所在地・東京都渋谷区/代表取締役・長瀬昭彦)は2014年2月28日(金)15:00pm~から自社のセミナールームにて、モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナーを開催します。セミナー終了後は個別相談会もご用意しております。

——————————————————————–

【お話しする内容まとめ】

元大手企業の人事が語る「店舗でのeラーニング成功事例」およびモバイルラーニングの最新活用事例とそのコンテンツの作り方をレクチャーします!

【セミナー対象者】
(1)iPad、iPhone、Android等を企業内研修に導入を検討している方
(2)モバイルラーニングの最新情報を知りたい方
(3)店舗でのeラーニング成功事例を知りたい方
(4)eラーニングからモバイルラーニングへ、切り替えを考えている方
(5)モバイルラーニング・コンテンツの作り方をマスターしたい方
※弊社のコンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」にて解説させて頂きます。

【スケジュール】

15:00pm~15:30pm
元大手企業の人事が語る「店舗でのeラーニング成功事例」
とモバイルラーニングの可能性について

講師:アイラーニングドリームス代表:石井 幸雄

15:30pm~16:00pm
モバイルラーニングの最新活用事例紹介

講師:WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司

16:00pm~16:30pm個別相談会

——————————————————————–

【モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナー】

◆日時:2014年2月28日(金)15:00pm~
◆場所:WARKセミナールーム
東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F
【地図】
http://wark.jp/company/img/up_img/wark_seminor.pdf
山野美容専門学校の正面のビル4Fです。
◆講師:
アイラーニング・ドリームス合同会社代表:石井 幸雄
株式会社WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司
◆参加費:無料
◆最大 参加人数10名
◆お申し込みは下記にお願いします。
http://wark.jp/form7/

——————————————————————–

学習塾でもモバイルラーニングの波!授業の映像や教材を端末に入れ自宅で端末を使って学ぶ。

elearning_tgfae23

◆学習塾でもモバイルラーニングの波!授業の映像や教材を端末に
入れ自宅で端末を使って学ぶ。

通信教育「スマイルゼミ」の小学生コース。ジャストシステムが一昨年末から始めた。自社開発の端末を配り、教材を配信。一方、大手のベネッセコーポレーションは進研ゼミ「中1講座」に昨年4月、やはり独自の端末を入れた。今春には小1~5、中1~3、高1に広げる。「Z会」も高1の講座で昨年7月から、500人にタブレットを無料で提供している。学校や塾で授業の映像や教材を端末に入れ、持ち帰って勉強する。通信教育で自宅で端末を使って学ぶ。
ついに学習塾も、モバイルラーニング時代に突入か?

ソース
http://www.shijyukukai.jp/2014/02/3208

Older posts

© 2017 eラーニング導入と定着化のヒント

Up ↑

Copyright 2016 WARK co.ltd.