eラーニング導入と定着化のヒント

eラーニング(モバイルラーニング)の上手な活用法をお教えします

Category: eラーニング資格

eラーニングコンソーシアムは、eLP資格取得「教授法設計」コースを開講いたします

elearning_elc

eラーニングコンソーシアムは、eLP資格取得「教授法設計」コースを開講いたします。本コースはeLP資格を取得するための教育プログラムの1つです。(eLPエキスパート、eLPコンサルタント、eLPラーニングデザイナー、eLPコンテンツクリエイター対象コース)資格取得には、複数のプログラムの受講が必須となります。これは価値あるコースですね

詳細はこちら
http://www.elc.or.jp/topics/detail/id=819

リクルート「勉強サプリ」月額980円で学べる小中学生向け教育サービス

dwdwdwdwd

リクルート「勉強サプリ」月額980円で学べる小中学生向け教育サービス

勉強サプリの対象は、小学校4~6年生および中学校1~3年生。小学生向けは国語/算数/理科/社会、中学生向けは国語/数学/理科/社会/英語の5教科に対応する。大手進学校などで教壇に立つ有名教師による授業動画を用意。まずは430時間分をそろえ、2015年末までに1500時間に増やす。さらに、知識を定着させるためのドリル教材も提供するとのこと

問題解決力やIT活用力などの、いわゆる「21世紀型スキル」を育成するためのコンテンツも用意する。義務教育初の民間校長を務めた、東京都杉並区立和田中学校の元校長である藤原和博氏による「よのなか科」や、IT教育を手掛けるライフイズテックによるプログラミングなどである。これは本当に凄い!塾も脅威である!

e-Learning Conference 2015 Winter 2日目のプログラムの詳細

elearning_elc

■日時:2015年2月10日(火)
第1日:13:30-17:30 第2日:13:30-16:45(受付開始は両日とも13:00~)

■会場:株式会社富士通ラーニングメディア 品川ラーニングセンター
(東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟10階 教室:S1026)
http://k.d.combzmail.jp/t/lp4y/e04ixfs0uom2uoacwpqOc

■アクセス:JR各線、京浜急行線 品川駅 港南口(東口)徒歩8分
新幹線 品川駅 北口あるいは南口 徒歩8分
※レインボーロード直結の2階通路からのお越しが便利です。

■主催:日本イーラーニングコンソシアム/モバイルラーニングコンソシアム

■参加費:無料

■定員:40名(先着順に受け付けをいたします)

◆第2日目「eラーニング・プロフェッショナル資格 DAY」13:30-16:45

これからeラーニング・プロフェッショナル資格(eLP資格)の取得を目指す方や、
既に資格をお持ちで上位の資格を取得することをお考えの方、
また、eラーニングのプロとして更なるスキル向上を目指す方を対象に、
eLP資格関連の情報をご提供いたします。

<ご挨拶>(13:30-13:40)
特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム 名誉会長 小松秀圀

1)eLPプロフェッショナル資格 講師によるパネルディスカッション(13:40-15:00)

「eラーニングのプロに必要なスキルとは?」

eラーニングのプロジェクトマネジメント、戦略立案、テクノロジー、調達や
顧客ニーズといった観点から、プロとしてどの様なスキルを身に付ける必要があるか、
また、この資格取得プログラムを通して何が学べるかを、3人のeLP講師に
パネルディスカッション形式でお話いただきます。

eラーニングプロジェクト/eラーニング戦略立案技法コース担当 秦隆博 先生
(エル・ピー・ティー コンサルティング 合資会社 代表)

eラーニング調達技術/カスタマーニーズ分析コース担当 下山博志 先生
(株式会社人財ラボ 代表取締役社長、
日本イーラーニングコンソシアム 理事/認定委員会 委員長)

コーディネーター:eLP研修委員会委員長 寺田佳子

2)業務に活かすe-ラーニング・プロフェッショナル資格(15:15-16:15)

「eLP資格でキャリアをアップする5つのポイント」

資格取得プログラムを通じて学んだ内容を業務にフル活用され、現在第一線で活躍されている宇野氏に、
ご自身の経験から、eLP資格を取得することで何が変わるのか、
また、取得した資格をどのように業務に活かしているのかを5つのポイントからお話いただきます。

スピーカー:ビジネス・ブレークスルー大学 学部事務局長/
アオバジャパン・インターナショナルスクール 執行役員/
日本イーラーニングコンソシアム 理事 宇野令一郎 氏

3)eLPシニア資格開始のお知らせ/2015年度eLP資格取得プログラムのお知らせ

(16:15-16:45)

今春よりスタートするeLPシニア資格について、取得方法をいち早くご案内いたします。
また、2015年度の資格取得プログラムの実施スケジュールを発表いたします。

スピーカー:eLP研修委員会委員長 寺田佳子

「eラーニング・プロフェッショナル資格 DAY」ご参加の皆様への特典
参加者全員に「eLPベーシック・eラーニングコース」の中から「修了試験」を除いた7コンテンツを
無料でご覧いただくことができます。
コース内容をご覧いただき、eLP資格取得の参考にしていただければ幸いです。

※詳細と参加のお申込みはこちらをご覧ください。
http://k.d.combzmail.jp/t/lp4y/e04iyfs0uom2uoacwpzf7

「第23期」eラーニングコンソシアムeLPベーシック開講のご案内

elearning_elc

eLPベーシック・eラーニングコース「第23期」開講のご案内

—–////////////////////———————-/////////////////////—————-////////////////////////——————
eラーニングに従事するすべての方が知っておきたい基礎知識を網羅!
—–////////////////////———————-/////////////////////—————-////////////////////////——————

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)は、2007年度より「eラーニング・プロフェッショナル」資格制度をスタートし、資格体系における基礎部分で ある『eLPベーシック』について、eラーニングコースにいたしました。eLPベーシック・eラーニングコース【第23期】を開講いたします。

——————————————————————————————————————-

お申込受付期間 2014年12月16日(火)~2015年1月29日(木)

受講期間 2015年2月2日(月)~2015年3月31日(火)

受講費用 一般56,600円(税込)  eLC会員41,200円(税込)

※受講費用をお振込いただきました後、受講開始となります。 ※受講のためのIDとパスワードは、開講日にご連絡いたします。
※法人でお振込いただく場合、支払条件等、考慮させていただきますので別途、ご連絡ください。支払方法 銀行振込(申込受領後、ご請求書を発行します)

ご案内 このeラーニングコースは、教材コンテンツと修了試験からなります。
1)eラーニングコンテンツの学習時間は約12時間です。

2)修了試験 オンラインによる修了試験になります。 ・修了試験に合格した方は資格申請をすることで、eLPベーシック資格を取得する事ができます  ・資格取得者には、認定証が発行されます。 ・名刺等の印刷用に『eLPベーシック』ロゴマークをデータで支給いたします。

※ 『eLPベーシック』資格は、資格更新制です。 ※資格有効期間は3年です。

詳細はこちら
http://www.elc.or.jp/topics/detail/id=682

——————————————————————————————————————-

zu3

eラーニングのビジネスを始める前には、必ず受けた方がいいのが、このベーシック!
まずは、基礎知識をつけてからはじめましょう!eラーニングの奥深さや醍醐味が分かります。

eLPベーシック・eラーニングコース「第22期」申込み終了間近!

elp

eLPベーシック・eラーニングコース「第22期」申込み終了間近となりました。
日本eラーニングコンソシアムは、2007年度より「eラーニング・プロフェッショナル」資格制度をスタートし、資格体系における基礎部分で ある『eLPベーシック』について、eラーニングコースにいたしました。eLPベーシック・eラーニングコース【第22期】を開講いたします。この機会に 是非、受講していただければ幸いです。

詳細はこちら
http://www.elc.or.jp/topics/detail/id=611

eLP資格制度 資格取得コース eラーニング学習/コンサルタントスキル開講

eラーニングコンソシアム

eLP「コンサルタントスキル」コース開講のご案内をさせて頂きます。

eラーニングの導入・運用時には、ユーザー、環境・状況、ニーズ・目標などの教育的要素に加えてテクノロジーやクリエイティビティなどの様々な要件を視野に入れる必要がありますね!
そのためには、一般的なコンサルタントに留まらない、eラーニング・コンサルタント特有の幅広い知識・経験が重要だと思います。
本コースでは、eラーニング・コンサルタントとして業務に従事するために必要な知識・手法・ポイントを学習します。

◆プログラム
1)eラーニング・コンサルタントとは
2)コンサルタントの基本知識
3)ここ近年のeラーニング状況
4)eラーニング・コンサルタントに必要な知識・スキル
5)eラーニング導入・運用プロセスにおけるeラーニング・コンサルタントの役割り

習対象者
eラーニングプロフェッショナル資格のコンサルタント資格取得を目指す方。

ご興味のある方は是非!
http://www.elc.or.jp/topics/detail/id=608

フランス旅行会社勤務者向けのオンライン学習講座と検定

elearning_france

フランス検定? フランス観光開発機構とエールフランス航空が旅行会社勤務者向けのオンライン学習講座と検定制度「フレンチコネクション検定-フランス・ベルギー旅の達人-」を開始するとのこと。

フランスの基礎情報や最新情報のほか、AFとレイルヨーロッパ、ハーツレンタカーを販売する際に役立つ情報も学ぶことが可能。フランスについては、パリだけでなく地方の魅力も紹介していくらしい。

その、eラーニング・プログラムは、各社・団体の講座を受講して8割以上の正答率を残した参加者が検定試験を受けられる仕組み? 面白い試みではあるが。。。

リンク
https://french-connection.s-lms.net/

 

eLPベーシック・eラーニングコース 【第20期】 開講のお知らせ

eラーニングコンソシアム

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)は、2007年度より「eラーニング・プロフェッショナル」資格制度をスタートし、資格体系における基礎部分である『eLPベーシック』について、eラーニングコースにいたしました。eLPベーシック・eラーニングコース【第20期】を開講いたします。この機会に是非、多くの皆様に受講していただければ幸いです。 皆様の受講申込をお待ちいたしております。

※「eLPベーシック」資格についての詳しいご案内は下記URLをご覧下さい http://elc.or.jp/tabid/478/Default.aspx

中央大学ビジネススクール!MBAホルダーの継続教育を目的としてMBA e-learningを開講

elearning_011891

中央大学ビジネススクール!MBAホルダーの継続教育を目的としてMBA e-learningを開講

MBA e-learning は、MBA取得に関心のある方への教育やMBAホルダー、専門職業人(法曹・会計士・税理士等)の継続教育、ビジネススクール在学生を対象としたビジネススクール教育の充実を目的としています。

MBA e-learningへの申込は簡単。 まずは、MBAを体験して自身の能力向上を果たそう。

★受講申込方法 1.メールで申込み 下記アドレス宛にメールを送付して下さい。 氏名、フリガナ、都道府県名のみ記載

2.返信メールに記載されたURLにアクセス ※自動応答メールで送信

★中央大学ビジネススクール 実践と理論を高いレベルで展開していく事を念頭に、2年間を通して学ぶMBA講座だけでなく、科目等履修生、また企業研修やコンサルティングを行っています。 関心のある方は、入試説明会やMBA  eラーニングエッセンス講座などを体験して下さい。

 

e-ラーニング教員免許状講習の申込が開始?

elearning_b05_s

インターネットで好きな時に受講できる! e-ラーニング教員免許状講習の申込が八洲(やしま)学園大学にてスタートしました。来校不要で講習受講ができることから、受講者数が年々増加しているとのことです。

ご参考

▼秋の受講形態▼
1.決められた時間にパソコンに向かいリアルタイムで受講する「双方向ライブ受講」
2.録画されたものを視聴しレポートを提出する「オンデマンド受講」
3.横浜キャンパスで直接受講する「来校受講」

▼教員免許状更新講習について▼ http://www.yashima.ac.jp/univ/teacherslicense/detail_h24.php

八洲学園大学の教員免許状更新講習は、多忙な先生方のニーズに応えるeラーニングシステムを用いつつ、「ただ受講すれば良い」というのではなく主体的に学ぶ講習を開設しています。

▼八洲学園大学について▼
http://www.yashima.ac.jp/
八洲学園大学は2004年に通信制大学として開学し、日本で始めてeラーニングを利用して学位や図書館司書などの国家資格取得を実現しました。通信制大学としては珍しい就職支援も実施。eラーニングによる支援を展開しています。

青山学院大学が株式会社アビタスと提携「米国公認会計士受験プログラム」を提供

elearning_ffds11

青山学院大学が株式会社アビタスと提携 「米国公認会計士受験プログラム」を提供
eラーニングで提供するところが良いですね!いつでも、どこでも学習できるので。

以下、提携内容
<1>アビタスの財務会計学習プログラムを青山キャンパス内でライブ講義し、
希望するGSPA
大学院生は無償で受講できる。また、アビタスの各校舎にて行われる同プログラムも
利用できる。
<2>希望するGSPA 大学院生はアビタスのeラーニング教材を利用できる。
上記内容に基づき、平成26年2月4日(火)・3月26日(水)に講義を実施。同時にeラーニングの提供を開始し、定期的な学習進捗の確認を経て、同年7〜8
月の試験期間中に米国公認会計士試験(財務会計)の受験を目指す。同大のアカデミックな国際会計プログラム、およびアビタスが扱っている「米国公認会計士受験プログラム」を、国際的な会計知識を持ち合わせた専門家育成プログラムとして提供し、ビジネスレベルの知識や能力を持つ人材育成に寄与していく。

ソースはこちら
http://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=6209

eラーニングの課題と将来像2014

elearning_tgfae19

日本e-Learningコンソシアムは、eLP資格取得「eラーニングの課題と将来像2014」コースを開講いたします。本コースはeLP資格を取得するための教育プログラムの1つです。(eLPエキスパート、eLPマネージャー、コンサルタント、ラーニングデザイナー対象コース) 資格取得には、複数のプログラムの受講が必須となります。

資格取得の詳細については、eLP資格制度 資格取得コース開始のご案内をご覧ください。
http://elc.or.jp/tabid/236/Default.aspx

■プログラム

第1章 企業内教育の価値とeラーニングの俯瞰
第2章 社会の変化とラーニングモデルの進化
第3章 日本の企業内教育の特性とeラーニングの課題
第4章 Learning1.0タイプeラーニング活用の深化
第5章 Learning2.0タイプのeラーニングの正体と具体的システム例
第6章 企業内教育のeラーニングの気づき

【修了課題】
以下の6つのテーマからあなたが興味やインパクトを得たテーマについて1テーマ以上幾つでもレポートを提出して下さい。
1)自組織の教育体制のReviewとeラーニング活用による改善の可能性
2)企業内教育のeラーニング活用の可能性
3)自組織のeラーニング活用のグランドデザイン
4)業務に貢献する教育とその評価法
5)知識基盤社会での社会人教育の持つべき特徴
6)情報が爆発する時代の社会人教育の持つべき特徴とICTの果たす役割
※レポート量:1,000文字以上、上限自由

 

■課題提出締切:2014年3月31日(月)  課題レポート提出後、
講師からレポートの修正を求められることがあります。

【合否判定基準】
提出されたレポートから以下の内容のいずれかについて、よく理解されていると判断できることが合格の基準となります。 ・成人教育の持つ特徴 ・企業内教育が持つべき目標 ・eラーニングの特徴を発揮する方法 ・変化する社会に対応する社会人教育の機能 ・知識基盤社会における社会人教育のKFS

快進撃を続ける日本eラーニングコンソシアムの秘密に迫る!その1

elearning_consosiamu

快進撃を続ける日本eラーニングコンソシアムの秘密に迫る!その1

◆eラーニング・プロフェッショナル」資格制度の成功

日本e-Learningコンソシアムは、創業の祖 小松秀国名誉会長、e-Learning界切っての論客 仲林清副会長、そして 優れた経営手腕と指導力を持った加藤憲治会長。この3名が一体となり、躍進を続けてきた。

その最大の成果のひとつに、「eラーニング・プロフェッショナル」資格制度の成功がある。ちなみに、この制度は、企業・高等教育機関・公共機関において 、ICTを活用した教育研修プログラム(e-Learning)を導入・活用する際に必要な戦略策定や、導入の企画・設計・開発・運用・評価をする知識、スキルをもつeラーニング専門家を育成し、資格認定するものであり、 「マネジャー」「エキスパート」「チューター」「コンサルタント」「ラーニングデザイナー」 「コンテンツクリエーター」「SCORM技術者」の7つの資格に分かれる。

創案者は小松秀国名誉会長であり、コースは寺田圭子理事中心に2007年より地道に育て上げてきた。その粘り強い努力の介あり、2014年度 資格取得者は1,000人に達する。
さらに、開講コースはどんどん創設され、e-Learning界をけん引するような大きな事業に発展した。余談だが、eラーニング・ベーシックを取得した大学生が、その資格が元で大手IT企業に就職が決まったという逸話もあるほど。今後もこの資格は、いろいろな階層に広がって行くことは間違えないだろう。

また最近、人事人材開発担当者の名刺にも「eラーニング〇〇資格」の肩書も多々見受けられるようになってきた、これは、eラーニングというものが、広く一般に根付いた証拠であり、いずれは、日本の全大企業に最低各1名は、「eラーニング担当者」という存在が考えられる。 そうだとすると、この資格は、2020年までに3倍から5倍の資格取得者を見込み、さらに一人が取得するコースも増えるに違いない。日本eラーニングコンソシアムの運営は盤石になりつつも、今後は社会的責任も大きくなり、しっかりとした指針や運営が求められる。

◆ピックアップ
——————————————————————
eLP「eラーニング導入プロジェクト管理技法」コース
開講のご案内
——————————————————————

申込締切:2014年1月27日(月)
受講期間:2014年2月4日(火)~2014年3月3日(月)

——————————————————————
eLP「eラーニングROI分析」コース 開講のご案内                 ——————————————————————

申込締切:2014年1月27日(月)
受講期間:2014年2月4日(火)~2014年3月3日(月)

——————————————————————
第8回SCORM技術者資格試験・講習会開催のご案内                 ——————————————————————

申込締切:2014年1月24日(金)
開催日:2014年2月5日(水)

——————————————————————
eLPベーシック・eラーニングコース【第19期】開講のご案内                 ——————————————————————

申込締切:2014年1月27日(月)
受講期間:2014年1月31日(金)~2014年3月31日(月)

http://www.elc.or.jp/Default.aspx

eLP資格制度 資格取得『eラーニングROI分析』コース開講のご案内

elearning_consosiamu

日本e-Learningコンソシアムは、eLP資格取得「eラーニングROI分析」コースを開講することになりました。本コースはeLP資格を取得するための教育プログラムの1つです。(eLPエキスパート、eLPマネージャー、eLPコンサルタント 対象コース)資格取得には、複数のプログラムの受講が必須となります。

■コース概要
eラーニングのROI (Return-On-Investment/費用対効果)分析は、eラーニングの価値を、教育レベルではなくビジネス・レベルで評価し、組織マネジメントへのインパクトの度合いを客観的にアピールするために必要な技法です。

ROI分析を本当に意味のあるものにするためには、評価ビジョンの共有、評価プランの策定、評価データの収集と分析、そして評価ビジョンに即した評価レポートの作成と提言など、プロセスに関する基礎知識に加え、評価に対する肯定的で公平な態度が不可欠です。
本セミナーでは、ROI分析の概念と価値を考えることからスタートし、基本的なROI分析の手法を紹介した上で、具体的な事例をもとにROI分析の活用方法について考えます。

詳細
http://www.elc.or.jp/tabid/626/Default.aspx

2014謹賀新年!あけましておめでとうございます!WARKより新年の挨拶

nenga

【WARKより新年のあいさつ】
2014謹賀新年!あけましておめでとうございます!
旧年中は皆様に大変お世話になりました。 心より御礼申し上げます。
2000年よりeラーニング/2007年よりモバイルラーニング・ビジネスに参入させて頂いて以来、多くの方々にお世話になりました。 今年こそ、ご恩返しをする時と心得ております。
わたしたちWARKに出来ることでしたら、何でも結構です。精一杯がんばりますので
ぜひ、お声掛けの程お願い申し上げます。 また、2014年度も皆様にとって幸多き年であることをお祈りしてます。 本年度もどうかよろしくお願いします。

2014 Happy New Year.
I’m very grateful to you for the kindness you showed us last year.
I wish you a year filled with happiness.
I look forward to your continued good will in the coming year.

WARK

eラーニングコース / 第8回 SCORM技術者資格試験・講習会開催案内

elearning-ret3

第8回 SCORM技術者資格試験・講習会を開催します。

※資格取得のメリット

◆資格取得のための学習の流れ

「SCORM技術者資格」を取得するためには、別途「eLPベーシック資格」を取得する必要があります。 まだeLPベーシック資格をお持ちでない方は、eLPベーシック・eラーニングコース【第19期】が1月31日-3月31日に開講されますので、別途お申し込みの上、こちらの受講をお願いいたします。(受講費用:一般:55,000円 eLC会員:40,000円 ) すでにeLPベーシックを取得している方は、新たに取得する必要はありません。

※eLPベーシック・eラーニングコース【第19期】の詳細とお申し込みはこちらから

SCORM技術者資格試験・講習会を申し込んだのち、テキストを使用して事前学習します。 講義の動画を配信しますので、それを見ながら学習を進めてください。 事前学習の期間中に、テキストについての質問をお一人あたり3回まで受け付けます。質問はメールで寄せてください。

詳細はコチラ
http://www.elc.or.jp/tabid/622/Default.aspx#koe

eラーニングに従事するすべての方が知っておきたい基礎知識を網羅

elearning-ret1

◆eLPベーシック・eラーニングコース 【第19期】 開講のお知らせ

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)は、2007年度より「eラーニング・プロフェッショナル」資格制度をスタートし、資格体系における基礎部分である『eLPベーシック』について、eラーニングコースにいたしました。eLPベーシック・eラーニングコース【第19期】を開講いたします。この機会に是非、多くの皆様に受講していただければ幸いです。 皆様の受講申込をお待ちいたしております。

※「eLPベーシック」資格についての詳しいご案内は下記URLをご覧下さい http://elc.or.jp/tabid/478/Default.aspx

 

eLP資格制度 「eラーニングテクノロジー2014」コース 開講のご案内

elearningbdrh5

eLP資格取得「eラーニングテクノロジー」コースを開講いたします。
本コースはeLP資格を取得するための教育プログラムの1つです。(eLPエキスパート、eLPコンサルタント、eLPラーニングデザイナー 対象コース)資格取得には、複数のプログラムの受講が必須となります。

資格取得の詳細については、eLP資格制度 資格取得コースのご案内をご覧ください。 http://elc.or.jp/tabid/236/Default.aspx

※資格取得をお考えでない方でも、本コースの内容について学習したい方にご参加いただけます。

【詳細はコチラ】

eLP資格制度 資格取得「コースアセスメント技法」コース開講のご案内

elearningbdrh6

eLP資格取得「コースアセスメント技法」コースを開講いたします。本コースはeLP資格を取得するための教育プログラムの1つです。(eLPエキスパート、eLPチューター、eLPラーニングデザイナー 対象コース)資格取得には、複数のプログラムの受講が必須となります。
資格取得の詳細については、eLP資格制度 資格取得コースのご案内をご覧ください。 http://elc.or.jp/tabid/236/Default.aspx

※資格取得をお考えでない方でも、本コースの内容について学習したい方にご参加いただけます。

【詳細はこちら】

eラーニング学習  『詳説インストラクショナルデザイン(ID)』 開催のご案内

elearningbdrh10

日本イーラーニングコンソシアムでは、この度、eラーニングによる『詳説インストラクショナルデザイン(ID)』コースを開講いたします。本コースは、熊本大学 大学院 社会文化科学研究科教授システム学専攻 鈴木 克明 教授による、インストラクショナルデザインの専門コースで、eラーニングプロフェッショナルの資格を取得するための教育プログラムの1つです。

また、資格取得を目的とされなくても、本格的にインストラクショナルデザインを学びたい方にとって最適なコースとなっております。是非、この機会にご受講下さい。

詳細はeLCのページへ

日本eラーニングコンソシアム/eLP資格制度のご紹介

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)の「eラーニング・プロフェッショナル」資格制度をご紹介します。

この制度は、企業・高等教育機関・公共機関において、ICTを活用した教育研修プログラム(e-Learning)を導入・活用する際に必要な戦略策定や、導入の企画・設計・開発・運用・評価をする知識、スキルをもつ eラーニング専門家を育成し、資格認定するものです。

eLP資格には、「e-Learningマネジャー」「e-Learningエキスパート」「e-Learningチューター」「e-Learningコンサルタント」「ラーニングデザイナー」「コンテンツクリエーター」「SCORM技術者」の7つの職種があります。

■資格取得の条件
eLP研修委員会主催の教育プログラムを修了し、eLP認定試験に合格すること。あるいは相互認定機関の教育プログラムを修了すること。

elp1
elp2

詳細は、eLCのページをご覧ください
http://www.elc.or.jp/tabid/236/Default.aspx

eラーニングプロフェッショナル資格「プロジェクトマネジメント概論」開講のご案内

eラーニングのセミナー

eラーニング(eLP)プロフェッショナル資格制度 資格取得コース
eラーニング学習  『プロジェクトマネジメント概論』開催のご案内
———————————————————————————————————-

日本eラーニングコンソシアムはこの度、eラーニングによる『プロジェクト
マネジメント概論』コースを開講することになりました。
詳細はこちら

皆さまのご参加をお待ち申し上げております。
(eLPマネージャー、ラーニングデザイナー対象コース)
資格取得には、複数のプログラムの受講が必須となります。
資格取得の詳細については、eLP資格制度 資格取得コースのご案内をご覧ください。
詳細はこちら

※資格取得をお考えでない方でも、本コースの内容について学習したい方
にご参加いただけます。

eLPベーシック・eラーニングコース 【第18期】 開講のお知らせ

elp_elearning

◆eLPベーシック・eラーニングコース 【第18期】 開講のお知らせ

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)は、2007年度より「eラーニング・プロフェッショナル」資格制度をスタートし、資格体系における基礎部分である『eLPベーシック』について、eラーニングコースにいたしました。
eLPベーシック・eラーニングコース【第18期】を開講いたします。
この機会に是非、多くの皆様に受講していただければ幸いです。 皆様の受講申込をお待ちいたしております。

ご興味のある方は、ぜひ下記URLへどうぞ
http://www.elc.or.jp/tabid/593/Default.aspx

© 2017 eラーニング導入と定着化のヒント

Up ↑

Copyright 2016 WARK co.ltd.