eラーニング・モバイルラーニング最前線

eラーニング、モバイルラーニング、人事HR、教育ICT の最新情報をお知らせします

Category: ベネッセ

アダプティブラーニングの提供が可能に! ソフトバンクグループとベネッセの合弁会社がKnewton社と日本初のパートナーシップに合意

elearning_tgfae21

~生徒一人ひとりに対して、個別最適化された学習問題の提供が可能に~ ソフトバンクグループとベネッセの合弁会社Classiがアダプティブラーニングシステムを運営する米Knewton社と日本初のパートナーシップに合意とのことです。これは凄い!
どんなものか見てみたいです!

https://classi.jp/info/press4.html

Classiは教師向けの学習支援プラットフォームサービスとして、生徒の成績・出欠管理、家庭学習時間管理、宿題配信機能などを提供し、2015年4月より有料にてすでに全国120校以上の高校・中学で採用されています。 進んでるなあ!これからは、eラーニングシステムではなく、アダプティブラーニングシステムなのか

ベネッセコーポレーションが、アメリカのeラーニング大手Udemyと業務提携し、日本版「Udemy」のサービスを開始

elearning_ffds11

ベネッセコーポレーションが、アメリカのeラーニング大手Udemyと業務提携し、日本版「Udemy」のサービスを開始するそうです!

Udemy社は、アメリカで2010年にサービスを開始したeラーニングのネットベンチャーです。すでに世界190カ国、700万人以上の受講者がいるという。その最大の特徴は、「C to C(Consumer to Consumer)」のビジネスモデルということだそうです。誰でも講師になれ、誰でも受講することができる。従来のeラーニングでは、いわゆる「先生」が講義し、それをネット配信で受講するという「B to C(Business to Consumer)」モデルがほとんどですが、

「Udemy」では、誰でも講師になることができる。YouTubeのように自分で講義の動画を作成し、「Udemy」にアップすればいい。もちろん、内容など厳しい審査はあるが、基本的には誰でも講師になれるのだ。 これは面白い!Udemerが誕生するのだろうか?

ソース
http://dot.asahi.com/apc/2015062400002.html

ソフトバンクとベネッセホールディングスは120校を対象にデジタル教材の配信を始める

elearningbdrh2

ソフトバンクとベネッセホールディングスは2015年度から私立高校など約120校を対象に授業や宿題で使うデジタル教材の配信を始めたそうである。これは、両社が設立したクラッシーの教材であろう。今までベネッセが持っていた教材もデジタル化し、タブレットで使えるようにするとのこと。今夏には複数の出版社が開発する問題集などのアプリ(応用ソフト)提供も始めるらしい。これは、教育ICTの大きな前進である。eラーニングがどんどん発展することを期待する

ベネッセとインテリジェンス/大学生・社会人対象の人材育成を行う合弁会社設立

IMG_4774

これはビッグニュースが飛び込んできた
ベネッセホールディングスとインテリジェンスは3日、大学生・社会人を対象にした人材育成事業を行う合弁会社に設立について基本合意したと発表した。

就職の在り方や大学生の学修の在り方をめぐり、「教育」と「就業」のアンマッチといった課題が指摘されているなか、今回の合弁会社設立は、大学生が在学中から社会に出て必要な力を身につけられるように、さらに社会に出てからも主体性をもって学び続けられるようにすることを目的にしたもの。 これは面白い!

大学生に向けた「企業参加型の学内インターンシップ」や「21世紀型スキルの育成・評価(アセスメント)」「内定者・新卒・社会人向けの研修」といったサービスを提供するなど、ベネッセの総合教育サービス・学校教育支援のノウハウと、インテリジェンスの総合人材サービス・就業支援のノウハウを活かしたキャリア教育・キャリア形成支援を行うとしている。
とうとうベネッセが受験サプリなど学校教育に乗り込んだリクルートに向け、迎撃!
いやはや、この戦争めちゃ楽しみである。eラーニングNEWS

第2回「先進的ICT利活用教育推進事業」成果発表会に参加させて頂きました

elearning_shain

ラーンズさん、ベネッセさんのご配慮で、第2回「先進的ICT利活用教育推進事業」成果発表会に参加させて頂きました。佐賀県の小中高のいろいろな先生方にお会いできて、いっぱい学びがありました。今回はモバイルラーニングのツール、システムをお話しさせて頂きました。とても反響良く、予想外の展開となりました。

皆様には重ねて御礼もうしあげます・

ベネッセはマクドナルドで会長を務める原田泳幸氏を、会長職と社長職に起用

elearning_ffds2

株式会社ベネッセホールディングスは、ベネッセグループの一層の成長に向けて、2013年7月より、2015年度末をゴールとした「ベネッセグループ変革活動」を行っております。

代表取締役社長である 福島保のもと、第1フェイズではコスト構造の改革、成長戦略の策定、グループのガバナンスの再設計とグループの連携強化を進めてまいりました。2014年6月よりスタートする第2フェイズを力強く推進し、成長を確実なものとすべく、新体制に移行することといたしました。

強力な布陣である。

<新任>
氏 名
新役職
現役職 原田はらだ 泳えい幸こう
代表取締役会長兼社長
取締役※
※原田氏は2014年3月27日現在、社外取締役です。
4月1日より当社の業務執行に当たる取締役となります。

<退任>
氏 名
新役職
現役職 福島ふくしま 保たもつ
代表取締役副会長
代表取締役社長

以下、ソース
http://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/m/2014/03/27/docs/20140327%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9.pdf

新しいeラーニング