eラーニング・モバイルラーニング最前線

eラーニング、モバイルラーニング、人事HR、教育ICT の最新情報をお知らせします

Category: 総務省

総務省は「ICTドリームスクール懇談会」を設置し、未来の学習・教育環境のあり方とその実現方策について整理し、その実現に向けた取組等を公表

elearning_aha013

総務省は2014年6月に「ICTドリームスクール懇談会」を設置し、未来の学習・教育環境のあり方とその実現方策について議論を重ねてきた。今後実現すべき学習・教育環境の姿を「ICTドリームスクール」として整理し、その実現に向けた取組等を2015年4月に「中間とりまとめ」として公表したところである。

「中間とりまとめ」においては、個に応じた最適な学びを、誰でも・いつでも・どこでも・安全安心に提供し、世界をリードするICT学習・教育環境の実現に向けて、学習・教育クラウド・プラットフォームを活用した多様な学習・教育実践モデルを展開し、その成果・課題等を広く共有し、全国への実践モデルの普及・展開が求められているという。モバイルを活用したeラーニングも広がる可能性がありますね!

なお、熱意と意欲のある学校、企業、研究機関等から、ICTドリームスクール実践モデルの提案公募を実施し、選定の上、スピード感を持って実行していくものであるとのこと。
今後の展開が楽しみである。

なお、対象者は、学校、自治体、民間企業、NPO法人、研究機関等、及びそれらの連携(小学校、中学校、高等学校、中等教育学校又は特別支援学校の児童生徒を対象に、総務省「先導的教育システム実証事業」で構築する学習・教育クラウド・プラットフォームを活用したICTドリームスクール実践モデルを実施しようとする者

採用予定数・10モデル程度

実証研究内容は、提案型の実証研究とする。ICTドリームスクール実践モデルの提案に当たっては、「ICTドリームスクール懇談会 中間とりまとめ」(参考資料2)における学習・教育実践モデルを参考にして、学習・教育クラウド・プラットフォームを活用した具体的な計画を策定し、実行するものであること。ただし、公益性の高いものに限る。

実証研究期間は、平成27年7月~平成28年3月

詳細は以下参照
http://www.soumu.go.jp/main_content/000360597.pdf

総務省・奇想天外でアンビシャスな技術課題に挑戦する個人を支援する案件公募

elearning_ffds11

eラーニングとは特に関係ないが。。。。
総務省の新しい試みのようです。早速ご紹介させて頂きます。

総務省は奇想天外でアンビシャスな技術課題に挑戦する個人を支援する「異能(inno) vation」公募するとのこと。
常識にとらわれない、独創的な人への支援を行うことで、日本から革新的な技術と人材を創出することが目的。本事業で採択された研究者への支援額は上限300万円となっているそうです。

「異能innovation」事業とは

「異能innovation」事業は、 日々新しい技術や発想が誕生しているICT(情報通信技術)分野において、破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性があり、奇想天外でアンビシャスな技術課題に挑戦する人を支援します。常識にとらわれない、独創的な人への支援を行うことで、日本から革新的な技術と人材を創出することが目的です。本事業にて採択された研究者への支援額は上限300万円となります。

なるほど、300万円に向けて,がんばってほしいですね!

詳細
http://www.inno.go.jp/