eラーニング導入と定着化のヒント

eラーニング(モバイルラーニング)の上手な活用法をお教えします

Category: Android (page 1 of 4)

今月中に「Android 6.0」詳細をGoogleが発表か?

eラーニングkjg08

今月中に「Android 6.0」詳細をGoogleが発表か?
グーグルは、今月に開催する「Google I/O 2015」カンファレンスでの製品ラインナップを発表。サンフランシスコのMosconeコンベンションセンターにて、数々のセッションやワークショップが開かれていく予定だそうです。そして、そのなかの「Android for Work Update」と題するセッションに、「Android M」なる次期OSに関する表記が初めて登場したとのこと!
これは興味深いですね! eラーニング、特にモバイルラーニングでどのように活用できるか楽しみです!

ソース
http://www.gizmodo.jp/2015/05/android_60_1.html

俊英館さん主催のoneDayプログラミング体験キャンプに参加させて頂きました!

IMG_5075

今日は俊英館さん主催のoneDayプログラミング体験キャンプに参加させて頂きました!小池さんと竹林先生の漫才の後は玉川大学の小酒井先生登場!親も楽しめる楽しいセミナー!

IMG_5081

今回の俊英館さんのONE Dayプログラムミング体験はスクラッチでゲームを作るじゃなくて、ゲームを作りながら算数を学びという面白い講座です!とにかく講師の平山先生が素晴らしい!まさに未来の小学校の授業!

IMG_5083

もうひとつは竹林先生の国語の授業!こちらはスクラッチで物語を作ります!スクラッチには、かわいい絵や背景があり、ストーリー制作にはバッチリです。さてどんな楽しい物語ができるのだろう。ミッションは、みんなを笑わせる!泣かせる!

今件はScratchでプログラミングを学びながら、算数・国語といった教科教育にもつなげてしまおうという、先進的なワークショップ です。

3時間、休憩なしだったのに「まだやりたい」って子ばかりでした!また、いい感じの雰囲気で終えることができ、文句無しのすばらしいイベントでした。 @御茶ノ水ソラシティのデジタルハリウッド大学院にて

クリエイティブ・ラーニングを実現する秀逸のクイズ・テストメーカー「アイテスタロイド」

クリエイティブ・ラーニングを実現する秀逸のクイズ・テストメーカー「アイテスタロイド
誰でもカンタンに、インタラクティブなクイズ、テストが自由自在に作れます!

elearning=q (82)

アイテスタロイドの特徴は

——————————————————————————————————————–

(1)つくる   アイテスタロイドは誰でもカンタンにモバイル版のテスト、クイズ、学習ゲームをつくることができます。 実現可能なコンテンツは、択一、複数選択、 並べ替え、マッチング、文字入力、入力の選択、〇×問題、 ピース分け、ポイントクリック,通常講座ページなどで、絵も音声も映像も登録可能です。

(2)配信する   アイテスタロイドでつくったファイルをWEBサーバにアップロードするだけでモバイル学習が可能と なります。

(3)成績を管理 アイテスタロイドは、SCORM1.2、2004等に準拠しておりますのでご利用の
eラーニングの学習管理システム   そのままで、成績を管理することができます。

(4)楽しく学ぶ   アイテスタロイドで作った楽しく、リッチなコンテンツをモバイルで、いつでも、どこでも学べます。 さらにスマホだけでなく、タブレット、PCを問わずどんな環境でもご利用いただけます。

(5)自学習に使う 自学習モードに設定し、モバイルで学びたいときに学べます。 実力UP!

(6)つくり合う   アイテスタロイドは誰でもカンタンにモバイルを利用したコンテンツが作れるところが特徴です。 それを生かして生徒同士、社員同士、コンテンツをつくり合い、学び合うことが可能となりました。

——————————————————————————————————————–

ぜひお試しください!
詳しくはWARK サイトまで http://wark.jp/

elearning=q (56)elearning=q (58) elearning=q (57) elearning=q (70) elearning=q (69) elearning=q (68) elearning=q (67) elearning=q (66) elearning=q (65) elearning=q (64) elearning=q (63) elearning=q (62) elearning=q (61) elearning=q (60) elearning=q (59)

高校生のマナー向上を目的としたノベルゲームを高校生が作りました!>袖ヶ浦高校

elearning__4879

千葉県立袖ヶ浦高校の課題発表会での作品を少しづつ発表します。もちろん全部ではないですが。。。elearning___4877

ティラノビルダーというソフトを使って、マナー向上のための物語を生徒さんたちが作りました。
背景画などは、無料の素材集などを流用!とても綺麗に出来ています。

elearning___4880

もちろん、モバイルでもサクサク動きます。これらのコンテンツをgoogle driveに入れて
配信しました。 また、ラーニングの導入部分としては、こういう分かりやすい絵があると
「勉強」という感覚で無く学べると思います。 実に良い!elearning___4882

物語で進んで行くつくり手の楽しさを感じました! この楽しさは しっかり学習者にも伝わると想います!クリエイティブ・ラーニングはその部分が一番大事。

ただ、やはりラーニングにするなら テストかクイズが欲しい。それが合ってこそである。
その部分は、本当はアイテスタロイドのようなツールを活用して欲しいところである。

ドン・キホーテのオリジナルタブレット「カンタンPad」はeラーニングに使えるか?

elearning_kantanpadaa

ドン・キホーテのオリジナルタブレット「カンタンPad」はeラーニングに使えるか?

以下詳細!

——————————————————————————————————————-

ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格」の新商品とのこと。ネットやゲーム、ショッピングなどよく使う機能を大きなボタンで表示するなど、初心者に分かりやすい設計になっているそう。スペックは現行の最新タブレットに比べると見劣りするものですが、最大の魅力はドン・キホーテ価格!。とりあえずタブレットを使ってみたいという人の入門用などにちょうどよい商品だそう。
——————————————————————————————————————-

というわけで、使えなさそうです。(笑)

思えば、いろいろなeラーニングコンテンツ制作ツールを作ってきました!

elearning_tope07

思えば、いろいろなeラーニングコンテンツ制作ツールを作ってきました!
特に2008年、開発・販売のeラーニングゲームエンジンは思い出深いものがあります。
今までのeラーニングにおけるテストをゲーム風に置き換えるという楽しい試みでした。
eラーニングを楽しくする”が弊社のモットーであり、その際たる試作でした。

NTTさんの大規模な研修で使って頂き、不具合が一切無かったというお言葉もいただき
改めて、このツールの精度の高さを証明できました。さらに、一昨年に発売した「アイテスタロイド」は、その進化系であります。自分で言うのもなんですが、本当に良くできてます。
現代のビジネスシーンにちょうどいいコンテンツが、どんどん作れます!
ご興味がありましたら ぜひ、お試しください!

最新教育ニュース!広がる「タブレットで授業」 アップル、MS売り込み激化

elearning_tgfae23

最新教育ニュース!広がる「タブレットで授業」 アップル、MS売り込み激化

学校の授業で生徒にタブレット端末を配布し、活用する動きが広がってきた。生徒同士で学び合えるほか、個々のレベルに応じた学習ができる利点があり、その効果が期待されている。国も平成32年までにすべての学校でタブレット端末を1人1台配布しようとしており、米アップルや日本マイクロソフト(MS)が教育委員会などへの売り込みに力を入れている。

以下、ソース
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140615/its14061510110001-n1.htm

第12回 モバイルラーニング(eラーニング)実践・活用セミナー 5/30

elearningfrf7

===================================

第12回 モバイルラーニング(eラーニング)実践・活用セミナー5/30

===================================

株式会社WARK(所在地・東京都渋谷区/代表取締役・長瀬昭彦)は2014年 5月30日(金)13:30pm~から自社のセミナールームにて、現在、店舗スタッフ 教育向けで人気の高いモバイルラーニング(モバイルを利用したeラーニング) の実践・活用セミナーを無料にて開催します。セミナー終了後は個別相談会も ご用意しております。ぜひ、お越し頂ければ幸いです。

===================================

今、店舗スタッフや現場で活躍する営業マン、MR、医療スタッフなどの教育に 人気のモバイルラーニングに関するセミナーを5/30(金)WARKセミナー ルームにて開催します。 特に今回は、店舗スタッフ教育にフォーカスをあてたいと考えております。

モバイルラーニングは昔のeラーニングとは活用シーンが全然違います。 同じような考えで行っても中々うまく行きません!

それゆえ、そのコツを弊社のコンテンツ制作ツール・モバイルラーニングシステム 「アイテスタロイド」の利用シーンと合わせて解説させて頂きます。

また、イメージがつきやすいように、実際の企業活用事例などもお話しします。

===================================

【セミナー対象者】

(1)iPad、iPhone、Android等を企業内研修に導入を検討している方

(2)モバイルラーニングの最新情報を知りたい方

(3)店舗でのモバイル・eラーニング研修を行って見たい方

(4)eラーニングからモバイルラーニングへ、切り替えを考えている方

(5)モバイルラーニング・コンテンツの手間無くカンタンな作り方を知りたい方

===================================

【タイムスケジュール】

13:30pm~14:30pm 【13:00開場】

モバイルラーニング実践・活用セミナー

講師:WARK取締役eラーニング推進室長:横江功司

14:30pm~15:00pm個別相談会

===================================
【第十二回モバイルラーニング実践・活用セミナー】

●日時:2014年5月30日(金)13:30pm~

●場所:WARKセミナールーム 東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F

●地図: http://wark.jp/company/img/up_img/wark_seminor.pdf
山野美容専門学校の正面のビル4Fです。

●講師: 株式会社WARK取締役eラーニング推進室長:横江功司

●参加費:無料

●最大 参加人数10名

●お申し込みは下記URLからお願いします。

http://wark.jp/form7/

==================================

(株)WARKとは、開業17年の老舗eラーニング企業。第七回 日本e-Learning 大賞総務大臣賞受賞。最先端のeラーニングやモバイルラーニングのコンサ ルティングから制作、運用まで幅広い分野で活躍。また、数々の企業、学校 で教育ITによる業務改善などを行ってきた。現在、日本e-Learningコンソ シアム、モバイルラーニングコンソシアム、そして新たに発足された JMOOC の法人正会員である。代表の長瀬 昭彦が日本e-Learningコンソシアムの 理事、モバイルラーニングコンソシアムの副代表理事をつとめる。

==================================

立命館小学校 ICT教育への挑戦!我々はさらに未来の教育を目指しています。

elearning429_m

立命館小学校は、開校当初より教育のデジタル化を重視してきました。

各教室にプロジェクターや電子情報ボードを整備し、それらの機器を有効に使った授業を展開してきました。しかし、それは教師が前に立ち子どもたちが同じ事をする一斉授業における活用がメインとなるもので過去のものとなりつつあります。授業形態も少人数学習や個別学習、協働学習など多様化している教育の現状を踏まえ、我々はさらに未来の教育を目指しています。

今までノートに書くだけでは分かりづらかった問題や、黒板やホワイトボードだけでは説明しにくかったものが、教材をデジタル化することにより教材に動きを加えたりシミュレーションしたりすることが可能になります。そして、パソコンを活用することにより子どもたち一人ひとりがそのデジタル教材を持ち、自分のペースで考え、解いていくことができるようになります。教材をネット上に置けば子どもたちはいつでも、家庭からでも閲覧することができます。これらのことは、子どもたち一人ひとりに合った学習環境を提供し、子どもの理解を促進するのに有効であると考えます。既に英語科や算数科などの授業で、効果的に活用をしています。

以下ソース
http://www.ritsumei.ac.jp/primary/education/ict.html/

【6/6大阪開催】最新モバイル&ソーシャルラーニング事例セミナー

elearning64651

最新モバイル&ソーシャルラーニング事例セミナーの大阪開催が決まりました!
関西方面の方々!ぜひいらっしゃってくださいませ!どうぞよろしくお願いします。

当日は、ソーシャルラーニングとしても利用できる目的共有型トレーニングプラットフォーム「Habi+Do」とカンタン! モバイル版コンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」と新作の
「モバイルラーニングシステム」の導入事例中心にお話します。

また、セミナー終了後には懇親会もございます! ご来場お待ち申し上げております!

【日時】2014年6月6日(金)
【受付開始時間】16:30pm~
【第1部:セミナー】17:00pm~19:10pm(途中休憩あり)
【第2部:懇親会】19:10pm~20:00pm
*開始時刻が多少変更になる場合もございますことをご了承ください。

【場所】share YODOYABASHI deck
【住所】大阪府大阪市中央区北浜4 丁目2-13 淀屋橋今西ビル4F
【地図】http://shareyodoyabashi.com/contact/contact.html#access
【交通】地下鉄御堂筋線・京阪電車京阪本線「淀屋橋」駅下車すぐ(3 番・10 番出口)
【参加費】500円
【申込】http://be-do.jp/?page_id=3069

【タイムスケジュール】
————————————————————————————————————
17:00pm~開会のご挨拶 (株)Be&Do 代表取締役 石見一女

17:05pm~17:45pm
人材育成におけるリーダーシップとフォロワーシップの重要性
講師:関西大学  商学部准教授 小野善生
(神戸大学経営学博士 専門は経営組織論/リーダーシップ論)

17:45pm~18:25pm
OJTとeラーニングの融合!現場を学習する組織に変える。
ワークプレイスラーニングで組織の生産性を向上する。
<目標共有型ラーニングプラットフォーム「habi+Do!」を活用したトレーニング法>
講師:(株)Be&Do 代表取締役 石見一女

18:25pm~18:30pm 休憩

18:30pm~19:10pm
店舗、現場での教育研修をITでサポート
クラウド、スマートフォン、タブレットなど新技術を利用したパフォーマンスアップ術
<モバイル版コンテンツ制作システム「アイテスタロイド」>
講師:(株)WARK取締役eラーニング推進室長:横江功司

19:10pm~19:15pm
share YODOYABASHI deckからのお知らせ

19:15pm~20:00pm 懇親会

司会:株式会社WARK 代表取締役 長瀬昭彦

elearning2vdsf

タブレット浸透率は、日本が18%でアメリカが37%

elearning_tgfae15

タブレット浸透率は、日本が18%でアメリカが37%
そもそも、日本はすでに高機能な携帯電話が普及しており、スマートフォン操作に違和感がない。それゆえ、タブレットがなくても、スマートフォンでことが足りてしまうのではないでしょうか
それゆえ、タブレットがポケットに入るまで小さくなればよいが、そうならなければ、このまま不要の産物となるだろう。

以下

■ 日本のタブレット浸透率は18%
昨年末の時点で、日本とアメリカのタブレットの浸透率は、それぞれ18%、37%となっています。これは、日本とアメリカの消費者にタブレットの保有状況を質問し、「保有している」と回答した人の割合を意味します。

日本のタブレット浸透率は、昨年6月末で15%だったので、半年で3%伸びたことになります。

■ タブレット非保有者(日本)の62%は、タブレットを1年以内に買わないと回答
次に、タブレットを保有していない人が1年以内にタブレットを買おうと思っているかどうかを調べました。すると、「買わないと思う」と回答した人が日本では62%、アメリカでは53%、「わからない」と回答した人が日本では28%、アメリカでは34%という結果になりました。

また、1年以内にタブレットを「買わないと思う」と回答した人に、その理由について尋ねると、「現在のPC(パソコン)で満足している」と回答した人が日本でもアメリカでも最も多く、それぞれの割合は89%、72%でした。

さらに、1年以内にタブレットを買うかどうか「わからない」と回答した人に、その理由について尋ねると、「デバイスの価格が高すぎる」と回答した人の割合が日本(42%)でもアメリカ(47%)でも最も高くなりました。

■ まとめ
アップル社が第一世代のiPad(アイパッド)を発売したのは2010年のことで、以降他社からも様々なタブレット型携帯情報端末が発売されるようになりました。それから約4年が経ち、アメリカでのタブレット浸透率は4割、日本のそれは2割に近づいています。

一方、どちらの国でもタブレットの非保有者に現在のPCで満足と考える人々がかなり存在すると見られ、タブレットにPCとは異なる価値や必要性を見いだせない消費者の姿が見えてきます。

以下ソース
http://kantar.jp/whatsnew/2014/04/kantarjapan_pr_0408.html

 

シャープは2人の同時書き込みが可能で、教育用タブレットと連携したインタラクティブな授業を実現できる“BIG PAD Campus”を発売すると発表

elearning_tgfae15

シャープは2人の同時書き込みが可能で、教育用タブレットと連携したインタラクティブな授業を実現できる“BIG PAD Campus”を発売すると発表!
教育用タブレットをワイヤレスで連携(*1)させることで、児童・生徒の考えを比較・検討するなど、気づき、共有し、創造する力の育成に向けた、アクティブラーニング時代に対応した双方向授業を実現するという。

以下

タブレット学習システム「STUDYNET」は、教育用タブレット「学習端末/JL-T100」と、電子黒板を連携し、生徒の集中力・理解力を高めるインタラクティブな授業を可能にする学習支援システムです。

タブレット学習システム「STUDYNET」の特徴

  1. 「手書き」を活かした学習スタイル学びの基本となる「書く」という操作を学習端末上でも可能にし 「考え方を書き込み、まとめることによる思考力の育成」、 「意見発表等による表現力の向上」、「教科学習による基礎基本の定着」を図ることができます 。
  2. 理解状況をリアルタイムに確認理解度に応じた分かりやすい授業と、リアルタイムなフィードバックを可能にすることで、自分の弱点を的確に把握でき、次のステップに進む学習意欲を引き出します。
  3. 電子黒板との連携による双方向性のある授業電子黒板との連携により、子どもたちの考え方を全体で共有でき、子ども同士がお互いに学び合い、高め合う「学び」を実現します。
  4. 授業と家庭学習を「つなぐ」学習学校での学習と家庭学習をつなぐことで、子どもたちの学習意欲を高めながら、自ら学ぶ習慣を身につけることができます。

    参考
    http://www.sharp-sbs.co.jp/edu/bigpad/

モバイルラーニング(eラーニング)実践・活用セミナー4/11【無料】

elearning_win8

モバイルラーニング(eラーニング)実践・活用セミナー4/11【無料】

eラーニングに関してパソコンの役割が終わりつつも、ならばモバイルを 利用してどう研修に活かすのか?お悩みではありませんか?

モバイルによるラーニングは昔のeラーニングとは活用シーンが全然違います。

では、どうすれば良いのか?を4/11(金)のモバイルラーニング(eラーニング) 実践・活用セミナーで詳しく解説します!

コンテンツやアンケートが自分で作れる!それをスマートフォンやタブレットで すぐに配信できる!さらに集計もできる!一石三鳥のモバイルラーニングシステム 「新アイテスタロイド」をご紹介します。

——————————————————————————

株式会社WARK(所在地・東京都渋谷区/代表取締役・長瀬昭彦)は2014年4月11日(金) 13:30pm~から自社のセミナールームにて、モバイルラーニング(eラーニング) 実践・活用セミナーを開催します。セミナー終了後は個別相談会もご用意しております。

——————————————————————————
itestafaf

【セミナー対象者】
(1)iPad、iPhone、Android等を企業内研修に導入を検討している方
(2)モバイルラーニングの最新情報を知りたい方
(3)モバイルラーニングの成功事例を知りたい方
(4)eラーニングからモバイルラーニングへ、切り替えを考えている方
(5)モバイルラーニング・コンテンツの作り方を内製化したい方

【スケジュール】

13:30pm~14:30pm 【13:00開場】 モバイルラーニング実践・活用セミナー

講師:WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司

14:30pm~15:00pm個別相談会

——————————————————————–

【モバイルラーニング実践・活用セミナー】

◆日時:2014年4月11日(金)13:30pm~
◆場所:WARKセミナールーム 東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F 【地図】 http://wark.jp/company/img/up_img/wark_seminor.pdf
山野美容専門学校の正面のビル4Fです。
◆講師: 株式会社WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司
◆参加費:無料
◆最大 参加人数10名
◆お申し込みは下記にお願いします。
http://wark.jp/form7/
elearning_title

パイオニアソリューションズの学習支援システム「xSync(バイシンク)」が、佐賀県の全県立高校の授業支援ソフトに採用された

elearning-ret1

パイオニアソリューションズの学習支援システム「xSync(バイシンク)」が、佐賀県の全県立高校の授業支援ソフトに採用された。

2014年度から、佐賀県の全県立高校にある教師用・新入生用のパソコン約8500台に搭載される。「xSync(バイシンク) 佐賀県版」として機能を一部追加されました。佐賀県版は電子黒板ソフトとあらかじめ連動し、電子黒板ソフトを立ち上げると同時に「xSync(バイシンク)」のツールバーが画面上に表示されるとのことだそうです。まさに最先端のモバイルラーニングですね。

http://pioneer.jp/edu/xsync/

以下

小中学校では「学びのイノベーション」時代を迎え、普通教室にICTが全面導入されます。  大学や企業ではグローバルに飛躍する人材の能力として「協働してコラボレーション する力」が求められています。

電子黒板のトップメーカーであるパイオニアも この時代に向けて一歩前に踏み出します。
3年前から「つながる電子黒板」として進めてきたシステムを発展させ、 新たに「xSync(バイ シンク)」シリーズとして発売いたします。

「人々が協働する、明日のために」
触った瞬間に驚きを感じ、すぐに操作できる感覚を! 今すぐ開始でき、将来も安心なシステムを! アイディアをつなげて、仲間と創発する喜びを!

小・中学校の児童・生徒に

いままで授業で、調べ学習からまとめものの制作、発表までに必要だった時間が信じられないほど短縮されます。その時間を「協働で話しあう時間」にして子どもたちを主役にしてください。

高校・大学の学生に

課題に対して多角的に調べ、自分の意見をわかりやすく発表し、相手の意見を傾聴して、独自のアイディアを練り上げる。 そんな21 世紀に求められるアクティブラーニングを「思考と表現を往復する考具」として、しっかりサポートします。

企業のイノベーターに

グローバルで戦う人材には、革新が必要です。今までのようにプレゼンの準備に時間をかけていたら、決断のスピードで後れをとります。スピードもクオリティーも譲らず、理解の共有を深める素早いコラボレーションが可能になります。

iTeachersカンファレンス 2014 Spring 〜教育ICT、成功への分岐点〜

eラーニング_イーラーニングdejc21iTeachersカンファレンス 2014 Spring 〜教育ICT、成功への分岐点〜

iTeachers結成1周年を記念して、チームメンバーが東京・五反田に集結!
「分岐点 〜Turning Point〜」をテーマに、自らの体験談やiPad活用の最新事例をプレゼンテーションします。またスピーカー全員によるトークセッションも実施。教育現場へのICT導入を実現するためには何が必要なのか。また、そこからどんな学びが生まれていくのか。現場での実践を通じて得た経験をもとに、みなさんと一緒になって教育ICTのあり方を考えていきます。

□ iTeachersオフィシャルサイト…
http://www.iteachers.jp/

【日時】
4月27日(日) 13:30-18:00(受付開始:13:00)

【会場】
学研ビル 3Fホール(五反田駅より徒歩5分)
東京都品川区西五反田2-11-8
http://ghd.gakken.co.jp/company/map/

【申込み方法】
定 員:200名 (教育関係者、学生、教育に関心のある方)
参加費:無料
申込み:事前予約制。下記の申込みページからお申し込みください

□ iTeachersカンファレンス 2014 Spring 参加申込
http://ow.ly/3ixMDJ

注意) Facebook上で「参加」にしただけでは予約になりません。必ずWeb申込みフォームからお申込みをお願いします。

<出演者>
・片山 敏郎 先生 (新潟大学教育学部附属新潟小学校)
・金子 暁 先生 (広尾学園中学校・高等学校)
・中村 純一 先生 (佐賀市立大和中学校)
・永野 直 先生 (千葉県立袖ヶ浦高等学校)
・岩居 弘樹 先生 (大阪大学)
・小酒井 正和 先生 (玉川大学)
・杉本 真樹 先生 (神戸大学/医師・医学博士)
・栗谷 幸助 先生 (デジタルハリウッド/デジタルハリウッド大学)
・小池 幸司 先生 (俊英館/教育ICTコンサルタント)
・山本 恭輔 さん (千葉県立千葉高等学校 2年)

□ 教育ICTを通じて「新しい学び」を提案する教育者チーム“iTeachers”
————————–————————–————————–—–
2013年4月、小学校・中学校・高校・大学・専門スクール・学習塾、それぞれの領域で日本を代表する9人の先駆者が集まり、“iTeachers”(アイ・ティーチャーズ)を結成しました。互いのICT導入・活用事例を共有し、実践の中で培われた経験やノウハウを、全国のイベントやセミナー、メディア等を通じて広く情報発信していきます。これからの未来を担う子どもたちのために。そして、新たな教育へのチャレンジを続ける現場の先生たちのために。“iTeachers”は実践の中で生まれた知恵と教育への熱い想いを結集することで、現場目線から「教育3.0」の実現に向けたムーブメントを起こしていきます。
————————–————————–————————–—–
eラーニング、モバイルラーニング界にも新しい風

在籍生を対象にスマートフォンで学習できる教材「スマホ教材」を19日から提供開始

elearning_tgfae14

四谷学院・在籍生を対象にスマートフォンで学習できる教材「スマホ教材」を19日から提供開始

ブレーンバンクとNTTラーニングシステムズ(NTTLS)は17日、ブレーンバンクが運営する四谷学院 で、在籍生を対象にモバイルラーニング教材(スマートフォンで学習できる教材)「スマホ教材」を19日から提供開始すると発表した。「四谷学院の55段階個別指導の教材を再現し、教科ごとに55のレベル別問題をドリルやテストで提供する。

正誤情報や自身の理解度をクラウドで管理するため、間違った問題、不安な問題だけを簡単に抽出して実施でき、短い時間でも効率的に苦手問題を克服できるという。また、学習ステップの進捗や問題の理解度を一目で確認でき、自分の学習計画を設定する機能などにより、計画的で継続的な学習をサポートする。

さらに学習管理画面で、学習の進捗やテストの成績などを生徒ごとに把握可能なため、個々の学習結果にあわせたきめ細かな学習指導などに活用できるという本格的なeラーニングシステムです。

以下ソース
http://www.shijyukukai.jp/2014/03/3732

スマートデバイスの基本操作から「情報の比較・分類の思考法」など課題解決の基本スキルまでを、ポケモンに触れ合いながら習得できる教材ソフト

elearning500

スマートデバイスの基本操作から「情報の比較・分類の思考法」など課題解決の基本スキルまでを、ポケモンに触れ合いながら習得できる教材ソフト!

ポケモンは20日、授業中や休み時間に、児童がポケモンeラーニングと触れ合いながらICTの基本スキルを習得することができる教材ソフト「ポケタッチ」を、6月から教育委員会・小学校向けに発売すると発表した。

ポケタッチ 販売は、ダイワボウ情報システムの全国チャネルで行う。 iOS、Android、WindowsのPC・タブレット全てに対応し、スマートデバイスの基本操作から「情報の比較・分類の思考法」など課題解決の基本スキルまでを、ポケモンに触れ合いながら習得できる教材ソフト。 価格はオープン価格で、年単位のスクールライセンスとなる。

ソースはこちら
http://ict-enews.net/2014/03/25pokemon/

組織改革のためのラーニングを一緒に目指しませんか?4/11(金)モバイルラーニング実践・活用セミナー【無料】

elearning_farf1

◆4/11(金)モバイルラーニング実践・活用セミナー【無料】

e教育に関してパソコンの役割が終わりつつも、ならばモバイルを利用してどう研修に活かすのか?お悩みですよね!
モバイルによるラーニングは昔のeラーニングとは活用シーンが全然違います。

では、どうすれば良いのか?を4/11(金)のモバイルラーニング実践・活用セミナーで
詳しく解説します!
業務の中に学習をうまく溶け込ませ、知らず知らず学ぶ集団へ変貌する!
組織を改革するためのラーニングを目指し、一緒に考えませんか?

——————————————————————–

株式会社WARK(所在地・東京都渋谷区/代表取締役・長瀬昭彦)は2014年4月11日(金)13:30pm~から自社のセミナールームにて、モバイルラーニング実践・活用セミナーを開催します。セミナー終了後は個別相談会もご用意しております。

——————————————————————–

【お話しする内容まとめ】

元大手企業の人事が語る「店舗でのeラーニング成功事例」およびモバイルラーニングの最新活用事例とそのコンテンツの作り方をレクチャーします!

【セミナー対象者】
(1)iPad、iPhone、Android等を企業内研修に導入を検討している方
(2)モバイルラーニングの最新情報を知りたい方
(3)店舗でのeラーニング成功事例を知りたい方
(4)eラーニングからモバイルラーニングへ、切り替えを考えている方
(5)モバイルラーニング・コンテンツの作り方をマスターしたい方
※弊社のコンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」にて解説させて頂きます。

【スケジュール】

13:30pm~14:30pm 【13:00開場】
モバイルラーニング実践・活用セミナー

講師:WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司

14:30pm~15:00pm個別相談会

——————————————————————–

【モバイルラーニング実践・活用セミナー】

◆日時:2014年4月11日(金)13:30pm~
◆場所:WARKセミナールーム 東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F
【地図】 http://wark.jp/company/img/up_img/wark_seminor.pdf
山野美容専門学校の正面のビル4Fです。
◆講師: 株式会社WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司
◆参加費:無料
◆最大 参加人数10名
◆お申し込みは下記にお願いします。
http://wark.jp/form7/

——————————————————————–

1人1台のタブレットPC、電子黒板、無線LAN!文科省「新たな学び」を創造するための実証研究を行う

elearning_tgfae23

1人1台のタブレットPC、電子黒板、無線LAN!文科省「新たな学び」を創造するための実証研究を行う!

全国20校(小学校10校、中学校8校、特別支援学校2校)の実証校で、ICTを活用した教育の効果・影響の検証、指導方法の開発、デジタル教科書・教材の開発などを研究してきた。

3年間のプロジェクトが今年度で終了するのにあたり「学びのイノベーション推進協議会」では「学びのイノベーション事業実証研究報告書」のとりまとめを行ってきた。

報告書の概要説明の後、各委員からは「タブレットの利用で現場が多様化してくる。これからは多様性を生み出す学び方・教え方を見つけていくことが必要」、「プロジェクトとしては成果を収めたが、今のやり方で技術革新の速度について行けるのか、リアルタイムの対応が求められる」、「学びのイノベーションとは、小中高から大学まで主体的に学べるようにすることだが、教育の現場は一日では変われない。

そのギャップを埋めていかなければならない」など、ICT活用教育の今後の課題が示された。

3/27(木)16:00pm~最新モバイル&ソーシャルラーニング体感セミナー

eラーニングood13

◆3/27(木)16:00pm~
「最新モバイル&ソーシャルラーニング体感セミナー」

3/27(木)(株)WARKと昨年度、日本e-Learning大賞 厚労大臣賞を受賞した
(株)Be&Doは共催でセミナーを行います。
スマートフォン、タブレット、SNS、クラウド、最新のテクノロジー
を利用した研修効果の最大化や学習の定着化を体感するセミナーです。
目的共有型トレーニングプラットフォーム「Habi+Do」とカンタン
モバイル版コンテンツ制作システム「アイテスタロイド」を
有効活用して研修IT化を成功に導きます!これは必聴!

——————————

【イベント名】最新モバイル&ソーシャルラーニング体感セミナー

【開催日】3/27(木)16:00~20:00(15:30 受付開始)

【主催】(株)WARK/(株)Be&Do
【場所】明治大学 国際総合研究所
東京都千代田区神田小川町3-26-2野村神田小川町ビル2F
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~pfd/contact/
【参加費】無料
【定員】50名になり次第締切ります。
【詳細はこちら】http://wark.jp/seminar0327/
【お申込みはこちら】http://wark.jp/form8/

【タイムスケジュール】
◎16:00~開会のご挨拶 (株)Be&Do 代表 石見一女

◎16:05~17:00 店舗、現場での教育研修をITでサポート!
低コストで学習を定着化させパフォーマンスを上げるモバイルラーニング手法を解説。
【体感】:モバイル版コンテンツ制作システム「アイテスタロイド」
≪講師≫:(株)WARK取締役eラーニング推進室長:横江功司

◎17;00~17:15 休憩

◎17:15~18:10 OJTとeラーニングの融合!現場を学習する組織に変える。
ワークプレイスラーニングで組織の生産性を向上する。
【体感】:目的共有型トレーニングプラットフォーム「Habi+Do」
≪講師≫:(株)Be&Do代表 石見一女

◎18:10~18:20 世界に羽ばたくJMOOCのご案内 明治大学教授 福原美三
◎18:20~18:30 日本e-Learningコンソシアムご案内 秋山敏夫 事務局長
◎18:30~20:00 懇親会

司会 (株)WARK代表 長瀬昭彦

YOGA TABLETで学校ダンス教育支援活動>モバイルラーニングニュース!

elearning_lenovo

レノボ・ジャパンは未来ある若者たちの可能性をより広げることを目的にしたプロジェクト、「POWER UP プロジェクト」を開始しました。

「POWER UP プロジェクト」とは、日本ストリートダンススタジオ協会と大日本印刷、ユニバーサル ミュージックが共同で実施している学校ダンス教育支援活動「Dance Education Project」と協業し、学校ダンス教育をサポートするプロジェクトとのこと

これまで行ってきたプロのダンスインストラクターの学校への派遣に加え、レノボのAndroidタブレット「YOGA TABLET (ヨガタブレット)」を活用したダンス教育支援を実施することにより、効果的に若者たちがダンスの楽しさを体験する機会を提供するとのことです。

授業では「YOGA TABLET」で撮影した動画での復習や、ダンスインストラクターの教材用ダンスムービーを観ながらの練習など、学校ダンス教育の可能性を広げるという。
モバイルラーニングプロジェクトがどんどん学校現場に広がっていくのはとてもいいこと。

ただ、その反面、クラブでダンスをさせると逮捕されるという悪しき法律を無くさなくてはならない。 ダンス=逮捕? 意味不明である。

ソース
http://ict-enews.net/2014/03/07lenovopowerup/

モバイルラーニングに強い味方!サードウェーブは27日、Android4.2搭載の新型7インチタブレットを9990円で販売開始!

elearning_taburetto

モバイルラーニングに強い味方!サードウェーブは27日、Android4.2搭載の新型7インチタブレットを9990円で販売開始!製品名は「Diginnos Tablet DG-Q7C」

「Diginnos Tablet DG-Q7C」は、スロットをmicroSDのみ、カメラは前面カメラのみに機能を絞ることで低価格化を図ったとのこと。

クアッドコアプロセッサ「Allwinner A31s」を搭載し低消費電力・高動画再生能力を実現したコストパフォーマンスに優れた7インチAndroidタブレット。

価格は9990円。安い!

ソース
http://www.dospara.co.jp/5info/share.php?contents=lp_diginnos_tablet_dgq7c

一流ブランド品は高額、中華PADは安いが、信頼性に欠ける。その中間がまさに、サードウェーブ製のタブレット! こちらの会社は全国にドスパラショップを展開しております。保障に関しても申し分ない。モバイルラーニング 期待の星!!!

モバイルラーニング、スマホ・タブレットの普及で拡大!ただしコンテンツは不足

elearning_tgfae14

モバイルラーニング、スマホ・タブレットの普及で拡大!ただしコンテンツは不足!
【財経新聞より】

財経新聞の記事にeラーニングコンソシアムのモバイルラーニングの利用に関するアンケートが掲載された。eラーニングにモバイルを利用したことがある企業が60%と驚くべき数字である。ただし、コンテンツが不足してるらしい。やはりPCと違って、コンテンツを作るツールが無いことが決定打である。 モバイル版のコンテンツを作るには、HTML5という難しい言語を使わなくてはならない。 その窮地を救うのは、HTML5版コンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」である。「アイテスタロイド」があれば誰でもカンタンにさくさくコンテンツがつくれる。体験版もあります。ぜひお試しあれ!

以下ソース

——————————————————————————————————————

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)が16日発表した「モバイルラーニングの利用に関するWebアンケート」の結果によると、「モバイルラーニングを利用したことがある」人は調査回答者全体の60%だった。

eLCはかつて「e-ラーニング白書」をまとめ、発行していたが、同白書の2006年-07年版に比べると、「モバイルラーニングを利用したことがある」人は14倍(2006年ー07年版では全体の4.8%)と大きく増加している。

また、使用している端末は今回調査では06年ー07年版では見られなかったタブレット端末(30%超)スマートフォン(約50%)を使っている人が圧倒的に多くなっている。これにともない、「教材を動画で見る」という人も全体の25%を占め、増えている。

今回の調査は、2013年11月6日~15日にかけて実施された。回答者は132名。今回の調査結果からeLCではモバイルラーニングの現状について、下記の仮説を提示している。

・利用は急拡大している ・主役はスマートフォンとタブレット
・利用時間はすきま時間
・モバイルラーニングのための教材が不足している

——————————————————————————————————————

Moodle Moot 2014 にアイテスタロイドを出展!> 沖縄国際大学 

elearning_photo

アイテスタロイドの大学向け総代理店である日本データパシフィックさんが、今年度、沖縄国際大学で開催された「moodle moot2014」に参加し、アイテスタロイドをブースにて展示しました。 新しく発売されたアイテスタロイド2.0も体験版の請求も多々あったそうです。
平社長!本当にご苦労様です。ありがとうございます!また、moodleでもバッチリ履歴がとれます。大学関係の皆様どうぞご活用の程お願いします。 ああ、沖縄、参加したかったああ~

◆アイテスタロイドとは
モバイル版コンテンツが誰でもカンタンに作れるツール!
http://wark.jp/mobile/i-test.html

◆バリエーション豊かなモバイルコンテンツが簡単に作れる。
http://wark.chu.jp/new/blog2/?p=192

◆春の最新機種でもアイテスタロイドは問題なく動作します。
http://wark.chu.jp/new/blog2/?p=210

◆WINDOWS8タブレットでアイテスタロイドを使いこなす!
http://wark.chu.jp/new/blog2/?p=219

◆【緊急】2/28モバイルラーニング実践セミナー
アイテスタロイドの活用法もご紹介します。
http://wark.chu.jp/new/blog/?p=2905

◆ムードルムート2014
http://moodlejapan.org/home/course/view.php?id=57

◆日本データパシフィック
アイテスタロイドの大学向け総代理店
http://www.datapacific.co.jp/

eラーニング、モバイルラーニングでご活用いただけます

2/28(金)モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナー【無料】

elearning_farf2

◆2/28(金)モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナー【無料】

——————————————————————–

株式会社WARK(所在地・東京都渋谷区/代表取締役・長瀬昭彦)は2014年2月28日(金)15:00pm~から自社のセミナールームにて、モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナーを開催します。セミナー終了後は個別相談会もご用意しております。

——————————————————————–

【お話しする内容まとめ】

元大手企業の人事が語る「店舗でのeラーニング成功事例」およびモバイルラーニングの最新活用事例とそのコンテンツの作り方をレクチャーします!

【セミナー対象者】
(1)iPad、iPhone、Android等を企業内研修に導入を検討している方
(2)モバイルラーニングの最新情報を知りたい方
(3)店舗でのeラーニング成功事例を知りたい方
(4)eラーニングからモバイルラーニングへ、切り替えを考えている方
(5)モバイルラーニング・コンテンツの作り方をマスターしたい方
※弊社のコンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」にて解説させて頂きます。

【スケジュール】

15:00pm~15:30pm
元大手企業の人事が語る「店舗でのeラーニング成功事例」
とモバイルラーニングの可能性について

講師:アイラーニングドリームス代表:石井 幸雄

15:30pm~16:00pm
モバイルラーニングの最新活用事例紹介

講師:WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司

16:00pm~16:30pm個別相談会

——————————————————————–

【モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナー】

◆日時:2014年2月28日(金)15:00pm~
◆場所:WARKセミナールーム
東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F
【地図】
http://wark.jp/company/img/up_img/wark_seminor.pdf
山野美容専門学校の正面のビル4Fです。
◆講師:
アイラーニング・ドリームス合同会社代表:石井 幸雄
株式会社WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司
◆参加費:無料
◆最大 参加人数10名
◆お申し込みは下記にお願いします。
http://wark.jp/form7/

——————————————————————–

学習塾でもモバイルラーニングの波!授業の映像や教材を端末に入れ自宅で端末を使って学ぶ。

elearning_tgfae23

◆学習塾でもモバイルラーニングの波!授業の映像や教材を端末に
入れ自宅で端末を使って学ぶ。

通信教育「スマイルゼミ」の小学生コース。ジャストシステムが一昨年末から始めた。自社開発の端末を配り、教材を配信。一方、大手のベネッセコーポレーションは進研ゼミ「中1講座」に昨年4月、やはり独自の端末を入れた。今春には小1~5、中1~3、高1に広げる。「Z会」も高1の講座で昨年7月から、500人にタブレットを無料で提供している。学校や塾で授業の映像や教材を端末に入れ、持ち帰って勉強する。通信教育で自宅で端末を使って学ぶ。
ついに学習塾も、モバイルラーニング時代に突入か?

ソース
http://www.shijyukukai.jp/2014/02/3208

EdTechの活性化を支援のためNTTドコモ・ベンチャーズと日本マイクロソフト、ベネッセ3社で連携

elearning_4d5_s

EdTechの活性化を支援のためNTTドコモ・ベンチャーズと日本マイクロソフト、ベネッセ
3社で連携したとのことである。 まず記事を!

——————————————————————————————————————

EdTech(エドテク)の活性化を支援のためNTTドコモ・ベンチャーズと日本マイクロソフト、ベネッセ3社で連携した。NTTドコモ・ベンチャーズと日本マイクロソフト、ベネッセコーポレーションは3社で連携し、EdTech(エドテク)の活性化を支援すると発表。2月8日より「EdTech Camp(エドテク キャンプ)」を開催する。

EdTechとは、Education(教育)とTechnology(テクノロジー)を組み合わせた造語で、ICTなどのテクノロジを活用することで、教育分野における新たなイノベーション創出を目指す取組みのこと。

3社がこれまで培ってきた知見や強みを活かしつつ連携することで、各社それぞれの取組みでは難しかった、異業種へのアプローチや、新しいビジネスの可能性をもつユニークなサービスを発掘し、事業化を支援する。

——————————————————————————————————————

私的見解であるが、3社は開発資金を提供するだけで良いのではないか、また、EdTechは、ほとんどが無料サービス。そこをどうビジネス化に持っていくか お手並み拝見である。
eラーニング=有料、EdTech=無料が定着、逆にそこの部分を上手く変換すれば教育業界への黒船に! 3社でうまく頑張ってほしい。

2/28【モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナー】WARK

elearning_tgfae16

——————————————————————–

株式会社WARK(所在地・東京都渋谷区/代表取締役・長瀬昭彦)は
2014年2月28日(金)15:00pm開始~自社のセミナールームにて、
モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナーを開催します。
セミナー終了後は個別相談会もご用意しております。

——————————————————————–

【お話しする内容まとめ】

元大手企業の人事が語る「店舗でのeラーニング成功事例」
およびモバイルラーニングの最新活用事例とそのコンテンツの
作り方をレクチャーします!

【セミナー対象者】

(1)iPad、iPhone、Android等を企業内研修に導入を検討している方
(2)モバイルラーニングの最新情報を知りたい方
(3)店舗でのeラーニング成功事例を知りたい方
(4)eラーニングからモバイルラーニングへ、切り替えを考えている方
(5)モバイルラーニング・コンテンツの作り方をマスターしたい方

※弊社のコンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」にて解説させて頂きます。

【スケジュール】

15:00pm~15:30pm
元大手企業の人事が語る「店舗でのeラーニング成功事例」
とモバイルラーニングの可能性について

講師:アイラーニングドリームス代表:石井幸雄

15:30pm~16:00pm
モバイルラーニングの最新活用事例紹介

16:00pm~16:30pm
「アイテスタロイド」を使った【カンタン!】
モバイルラーニング・コンテンツの作り方体験

講師:株式会社WARK取締役:横江功司

16:30pm~
個別相談会

——————————————————————–

【モバイルラーニング/eラーニング実践・活用セミナー】

◆日時:2014年2月28日(金)15:00pm~16:30pm
◆場所:WARKセミナールーム
東京都渋谷区代々木1-58-11中沢ビル4F
【地図】http://wark.jp/company/img/up_img/wark_seminor.pdf
山野美容専門学校の正面のビル4Fです。
◆講師:
アイラーニング・ドリームス合同会社代表:石井 幸雄
株式会社WARK取締役eラーニング推進室長 :横江 功司
◆参加費:無料
◆参加人数10名
◆お申し込みは下記フォームよりお願いします。
http://wark.jp/form7/

——————————————————————–

◆(株)WARKとは、開業16年の老舗eラーニング企業。第七回
日本e-Learning大賞総務大臣賞受賞。最先端のeラーニングやモバイルラーニングのコンサ
ルティングから制作、運用まで幅広い分野で活躍。また、数々の企業、学校
で教育ITによる業務改善などを行ってきた。現在、日本e-Learningコンソ
シアム、モバイルラーニングコンソシアム、そして新たに発足された
JMOOCの法人正会員である。代表の長瀬 昭彦が日本e-Learningコンソシアムの
理事、モバイルラーニングコンソシアムの副代表理事をつとめる。

——————————————————————–

【WARKホームページ】
http://wark.jp/

【eラーニングの百貨店】
http://wark.jp/100/

【 eラーニング |
モバイルラーニング最前線!】
http://wark.chu.jp/new/blog/

4月から武雄市が全児童に無償貸与するタブレット端末の機種を発表!

elearning_tablele

武雄市教委は4月から市内全11校の小学生全員に学習用タブレット端末を貸与する。導入する機種を中国製の「KEIAN」と発表した。システムサーバーや学習支援システムなどを含め、導入予算は約1億2300万円。2月4日の臨時議会に関連予算案を提出する。

導入する端末の基本ソフトは米グーグルのアンドロイドで、ディスプレイは7インチ、容量は16ギガバイト。1台当たり1万8千円(税抜き)で、3153台購入するとのこと。端末の導入で、学ぶことが楽しいということに直結してほしい」と話した。

今、全国民が注目してるのは、「学ぶことが楽しい」ではなく、タブレットを使うことによって、どのような成果が出せるのかである。 それがわかるのは6年後。。。。
まだまだ先のこと。  気長に注視しよっ!(eラーニング

eラーニング界に、まさかのガラケー復権?

eラーニングAAA2

【特報】ポケットeラーニングが、ここに来て絶好調です!
まさか、ガラケー復権か?

 eラーニング_WARK_casio4ew3

◆ポケットeラーニングとは
ポケットeラーニングは、コンテンツをエディターで制作し、すぐに配信できるクラウド型のコンテンツ配信システム(モバイルラーニングシステム)です。 もちろん学習履歴もバッチリとれます

◆特徴は?
通常講座の他に絵や画像をふんだんに使ったテスト・クイズコンテンツが制作可能です。 また、CSVでの登録もできます。

◆さらに大きな特徴は?
閲覧できない端末がありません!ケータイ(ガラケー)、業務端末、NINTENDO DS、
iPhone、Android、iPad、PC!PCなら、Windows2000でも、ie5.5でも、Windows 8でもクロームでもFirefoxでもなんでも学習できます。

◆第七回eラーニング大賞 総務大臣賞を頂きました
http://wark.jp/mobile/pocket.html

eラーニング

Older posts

© 2017 eラーニング導入と定着化のヒント

Up ↑

Copyright 2016 WARK co.ltd.