eラーニング導入と定着化のヒント

eラーニング(モバイルラーニング)の上手な活用法をお教えします

Category: マイクロソフト

~ 教育現場でのChromebooks・Office 365・アクティブラーニング活用事例~ IT+教育最前線 2015

elearning_aha14

~ 教育現場でのChromebooks・Office 365・アクティブラーニング活用事例~ IT+教育最前線 2015という面白そうなイベントがあるようです。Chromebooks』『 Office 365』『 アクティブラーニング』『 ドローン』を設定し、東京・名古屋・大阪・福岡・広島・仙台の6会場で開催するそう。講師には、実際ご導入・実務に携わられました教職員様に登壇いただき、導入における成功事例だけでなく、苦労話等も交えてお話いただくそうです。 取り急ぎ情報としてお伝えしておきます。

開催時間 14:00 ~ 17:40(13:30開場 終了後情報交換会あり)
会場 六本木ヒルズ 森タワー グーグル株式会社 〒106-6155 東京都港区六本木6丁目10番1号  MAP 主催 三谷商事株式会社 後援 グーグル株式会社
ソース
http://si.mitani-corp.co.jp/seminar/2015/bunkyo2015-tokyo.html

マイクロソフトなど79社が参加する「 Windowsクラスルーム協議会」は、教育現場における「合理的配慮へのICT活用」を推進する実証プロジェクトをスタート

elearning_tgfae12

最初に申しておくが、これは大変素晴らしい試みである。
マイクロソフトなど79社が参加する「 Windowsクラスルーム協議会」は、教育現場における「合理的配慮へのICT活用」を推進する実証プロジェクトをスタートした!2016年4月に「障害者差別解消法」が施行され、障がい者への「合理的配慮」が法的義務化されるのを前に、学校における合理的配慮の具体的な手立てとして、ICT活用の効果検証に取り組むとのこと。
大いに応援したい!

具体的には、茨城県つくば市、日本マイクロソフト、NTT東日本、発達障がいをもつ子供向けの民間塾を運営するLITALICOが連携し、2016年3月末までの期間、つくば市の小中一貫校「市立春日学園」の特別支援学級4クラスで、書字困難、読字困難などの学習障がい(LD)や注意欠陥多動性障がい(ADHD)、自閉症スペクトラムをもつ児童生徒を対象に、音声付きデジタル教材の使用、PCやタブレット端末でのノートテイクなどのICT活用の実証研究を行うとのこと。是非、がんばって欲しい!eラーニングもこのような試みにどんどん活用されるべき!

ソース
http://japan.zdnet.com/article/35068321/

Windows 10のスタートメニューをWindows 7のように変えられる「Start10」これは便利!

IE01

Windows 10は革新的なOS、iPADを導入云々よりも、OSを変更した方が、費用もかからずよっぽど業務効率に効果的と思われるが。。。eラーニングも、もちろんWindows 10を有効活用したいところだ!ただし、以前のosのTOP画面を変えたくないという方に朗報!
以下のアプリを購入すべし。

WindowsのスタートメニューはOSが変わるたびに少しずつ変更が加えられていますが、時には「この部分は前のままにしておいて欲しかった」と感じる部分も出てきます。そんなカスタマイズ欲に応えたのか、スタートボタンがなくなってしまったWindows 8でボタンを復活させるソフトウェア「Start8」を作ったStardockが、今度はWindows 10のスタートメニューを変更できるソフトウェア「Start10」をリリースしました。これは便利!

ソース
http://www.stardock.com/products/start10/

Start10は4.99ドル(約620円)の有料ソフトですが、30日間のトライアル版があるので、どの程度のことができるのか自分で試すことができますそうです!

マイクロソフトが新ブラウザでSilverlightの非サポートを発表、HTML5への移行を勧告しました。

silver_shuryo2

マイクロソフトが新ブラウザでSilverlightの非サポートを発表、HTML5への移行を勧告。

SilverlightといえばMicrosoftの開発したブラウザー用プラグインで、IE上での動画再生などに強みを持つ。そんなSilverlightに関して、当のMicrosoftから利用を中止し、HTML5への移行を発表した。これで、Silverlightは消滅へ。

ちなみに、Windows 10から搭載される新ブラウザー「Edge」はSilverlightやActiveXをサポートしないとのこと、HTML5ベースの技術で代替できるとして、そちらを利用するよう呼び掛けている。単体でのSilverlightアプリも、HTML5の普及に伴って衰退しつつあるAdobeのFlashと同様、こちらも徐々に終息に向かう可能性が高そうとのこと。

やはり、弊社の場合も当初からSilverlightを無視して大正解である。それにしても、まさかMSがSilverlightを簡単に無くしてしまうとは。。。これからは、HTML5が主流に!eラーニングコンテンツ制作ツール、アイテスタロイド、アイコンテンツロイドの活躍の時が、ついにやってきた!

© 2017 eラーニング導入と定着化のヒント

Up ↑

Copyright 2016 WARK co.ltd.