eラーニング導入と定着化のヒント

eラーニング(モバイルラーニング)の上手な活用法をお教えします

Category: モバイルラーニングコンソシアム (page 1 of 2)

ATDとモバイルラーニングコンソシアム共催「ラーニングテクノロジー研究会」発足

ATDatd

ATDとモバイルラーニングコンソシアム共催で「ラーニングテクノロジー研究会」を発足しました。ワーキンググループリーダーは、人財ラボの下山雄大さんです。

このラーニングテクノロジー研究会は、海外のラーニングテクノロジー情報や国内での活用例などの幅広い事例やTin-CAn(xAPI)などの技術的な情報などもシェアします。今のところ、モバイルラーニングコンソシアムかATDに加盟していないと、入ることはできませんが、かなり密度の濃い内容のお話が交わされています。ご興味のある方は、モバイルラーニングコンソシアムまでお問い合わせ下さい! http://www.mobilelearning.jp/

日本eラーニングコンソシアムのTinCanプロジェクトが行われました

tin-can01222

日本eラーニングコンソシアムのTinCanプロジェクトが行われました!
当日。決まったことは後日、発表します。

ラーニングテクノロジー(Learn Tech) 2015始動!

elearning_gegege

日経BPは、ICT活用による教育手法の進化の最前線を紹介するイベント「ラーニングテクノロジー 2015」を、2015年7月15日(水)~17日(金)に東京国際フォーラムで開催するとのこと。
ラーニングとテクノロジーの融合!これは大きな話題となること間違え無しです。

——————————————————————————————————————–
イーラーニングコンソシアム、モバイルラーニングコンソシアムの2団体との共同開催
——————————————————————————————————————–

通信インフラ、モバイル機器やタブレット端末などのデバイス、各種ソフトウエアなど情報通信技術の発達により、時間や場所などの制約を軽減する教育手法は、ますます注目を集めています。カリキュラムの充実や新しい教授法導入などにより、企業では生産性を向上させる重要な戦略として、高等教育では学習効果の向上を実現するツールとして、教育スタイルを革新することへの期待が高まっています。

そこで、日経BP社は、「ラーニングテクノロジー 2015」を特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム(eLC)、モバイルラーニングコンソシアム(mLC)の2団体との共催で開催します。eラーニング関連システム、Moodle (*1)、MOOC (*2) やデバイス、コンテンツ、電子教科書、タレントマネジメント、コンサルテーションなど様々な分野から出展を募り、企業研修関係者、企業の経営者層、学校関係者など教育に携わる来場者に向けて、最新情報を紹介します。
詳細はコチラ
http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/newsrelease/20150122.shtml

——————————————————————————————————————–
それに先立ち、eラーニングコンソーシアムとモバイルラーニングコンソシアムと共同で、イベント説明会を行いました。(月例カンアレンス内)すでに、50社が参加!注目度の高さを感じます

elearning_geturei

日経BP内で行われたeラーニングコンソーシアム主催の月例カンファレンスの基調講演

一昨日のモバラーミーティングではiOSコンソーシアムの野本さんにご講演頂きました!

elearning_ios_conso

一昨日のモバラーミーティングではiOSコンソーシアムの野本さんにご講演頂きました!
野本さんは、iOSの文教を担当しており、プレゼンテーションも素晴らしかったです。

わたしたち、モバイルラーニングコンソシアムのメンバーも大いに
感銘を受けました!

学校教育では、ほとんどがモバイルのOSとしてWindowsが使われているそうです。
それは、PCもWindowsなので、そこからの流れであると同時に、office製品がそのまま使えるのが大きな理由のひとつとのこと。

がしかし、iPADのoffice版の出現が大きな変革をもたらす可能性が大きいとのことです
今後の教育界でのiOSの大きな広がりを期待したいと思います。

野本さん>本当に有難うございました!

ちなみに、iOSコンソーシアムです。ぜひご入会頂ければ幸いです。
https://ios.or.jp/

TinCan利活用研究分科会が発足します!

elearning380_n

TinCan利活用研究分科会が動き出します!この研究会はmlc(モバイルラーニングコンソシアム)主催で、会員以外の方は参加できませんが、一回のみ非会員でも参加可能です!

目的としては、テストベッドの公開/具体的な活用例の蓄積/活用アイデアの提案/個人情報の扱いなど

また、分科会の意義としては、以下

===================================================================

<分科会の意義> TinCan/LRS は、従来の LMS(学習管理システム: Learning Management System)に依存することなくあらゆる学習経験履歴の記録・検索・抽出をすることができる仕様となっており、幅広い分野での利用が期待されています。  今回、当分科会の発足に伴い、TinCan API(正式名称:Experience API)に対応するテストベッド版 LRS(Learning Record Store)を設置いたします。  当分科会においては、多様な利活用の具体的な共同検討と共に、当テストベッド版LRSを実際に利用して、それぞれの教材と管理ツールの作成・評価を行います。並行して今後利用していく TinCan APIの個別検討と規定も行っていきます。
===================================================================

第一回ミーティングは以下となります。

<「TinCan利活用分科会」第1回ミーティング>
日時:2014年8月1日(金)16:00~18:00
場所:株式会社ヌーサイト 内 「Vous+akasaka」
〒 107-0052 東京都港区赤坂7丁目9番1号 トーユー赤坂ビル本館 5階
http://vousplus.com/access

■参加申込み方法

下記フォームよりお申込みください。
http://mail.elc.or.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=tincan01

8月6日/第2回「モバイルラーニング実践研究会」セミナー開催

mlc_elc

モバイルラーニングコンソシアム(mLC)と日本イーラーニングコンソシアム(eLC)は、下記
日程で「第2回モバイルラーニング実践研究会セミナー」を開催いたします。

——————————————————————————————————————-

本セミナーは、企業や学校においてモバイルラーニングの導入をお考えの方を対象に、モバイルラーニングの導入に必要なノウハウやシステム、コンテンツ開発、運用など、様々な角度からわかりやすく解説するシリーズです。
参加費は無料ですので、是非ご参加ください。皆様のご参加をお待ちいたしております。

【日時】2014年8月6日(水) 13:30-17:10 (受付開始13:10より)

【会場】明治大学国際総合研究所    千代田区神田小川町3-26-2野村神田小川町ビル2F    案内図 :http://www.kisc.meiji.ac.jp/~pfd/contact/

【参加費】無料

【定員】30名(先着順)

【主催】モバイルラーニングコンソシアム 【共催】日本eラーニングコンソシアム

【プログラム】

13:30-14:10 「モバイルラーニングの学習者特性と学習支援のポイント」 株式会社 富士通ラーニングメディア ナレッジサービス事業部  戸田博人 氏

14:10-14:50 「大学におけるモバイルを活用した授業の体験報告とモバイルラーニングの可能性」 モバイルラーニングコンソシアム理事/ 東京国際大学商学部 教授 河村一樹 氏

14:50-15:00 休憩

15:40-16:20 「EPUBとEDUPUB ~電子書籍、電子教科書のトレンドとモバイルラーニングにおける活用~」 日本電子出版協会(JEPA)副会長/ イースト株式会社 代表取締役社長 下川和男 氏

電子書籍の規格である「EPUB(イーパブ)」と、  デジタル教科書の国際標準規格「EDUPUB(エデュパブ)」について、  最新のトレンドを解説し、モバイルラーニングにおける活用について考察します。

16:20-16:30 休憩

16:30-17:10 「ASTDに見るアメリカのモバイルラーニング最新事情」(仮題) ASTD GLOBAL NETWORK JAPAN広報委員/ 株式会社IPイノベーションズ ラーニングパフォーマンス事業部 シニアマネージャー 田辺健彦  氏

2014年5月にワシントンDCで開催されたASTD国際会議(ICE)より、  モバイルラーニング関連のセッションの内容をいくつかご紹介します。

————————————————————————————-
【参加申込】下記申込フォームにご記入ください。
http://mail.elc.or.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=mlc_2
————————————————————————————-

本日、mlcの総会にてTinCan/LRS 利活用分科会がスタートしました!

elearning_rgss

本日、mlc(モバイルラーニングコンソーシアム)の総会にてTinCan/LRS
利活用分科会がスタートしました!
SCORMに代わる新時代のeラーニング共通化のための標準規格
今、eラーニングはどんどん進化しています!

この分科会に入れば、TinCan/LRSを無料で活用できます。
ぜひ、モバイルラーニングコンソーシアムに入会して
一緒にプロジェクトを進めて行きましょう!

■モバイルラーニングコンソーシアム
http://www.mobilelearning.jp/admission

モバイルラーニングコンソシアム主催の「ウェアラブル端末は教育に使えるかセミナー、楽しかったです

elearning30220_n

モバイルラーニングコンソシアム主催の「ウェアラブル端末は教育に使えるかセミナー、本当に楽しかったです。講師は慶應義塾大学SFC研究所上席所員でITジャーナリストの松村太郎さん。 実際にGoogleglassを持参して頂き、いろいろ試させて頂きました。

コマンドは言葉で表し、それをGLASS側のマイクから音声認識でPCに送られます。
リセットは、天井を向きます。 また、録画などのスタートは、ウィンクです。
とにもかくにも、両手が空くというのは凄いですね!

elearning5761_n

自分も実装させて頂きました。サンフランシスコでは、この出で立ちでお店に入ると
ぶん殴られることもあるそうです(笑)
また、乱視の人は見えずらいそう

sssss_sama

これが、松村太郎さん。とても紳士的でお話もおもしろく素晴らしい方でした!
アメリカのお話をいっぱい聞かせて頂きました。
また、松村さんが視察したオーストラリアの小学校のお話もおもしろかったです。
eラーニングもウェアラブルになるのかなあ

ウェアラブル端末は教育に使えるか?  モバイルラーニングコンソシアム主催【モバラ-カフェVol.4】開催

elearning81_s

【速報】モバイルラーニングコンソシアム(mLC)は、下記の日程で【モバラ-カフェVol.4】を
開催いたします。 本セミナーはmLC会員各位をはじめ、興味をお持ちの方はどなたでもご
参加いただけます。ぜひぜひいらっしゃってください!

今回は米国在住のITジャーナリスト松村太郎氏をスピーカーとしてお迎えし、 「Google Glass」をはじめとするウェアラブル・デバイスが教育分野においてどのように活用できるか? その可能性について考察していただきます。

なお、この【モバラ-カフェ】は、会の冒頭より、ドリンクを飲みながらモバイルラーニングに関するセミナーを聞き、 熱くディスカッションしようという主旨で行っております。

ご参加をお待ちしております。

——————————————————————————————————————–

■日時:2014年5月12日(月)16:30-19:00

16:10受付開始
16:30-17:00 ご挨拶、モバイルラーニング関連トピックのご紹介
17:00-18:30 セミナー
18:30-19:00 ディスカッション、名刺交換会

■会場:明治大学国際総合研究所(東京都千代田区) 東京都千代田区神田小川町3-26-2野村神田小川町ビル2F
案内図:http://www.kisc.meiji.ac.jp/~pfd/contact/

交通:JR中央線・総武線 「御茶ノ水駅」 御茶ノ水口 出口から徒歩7分
東京メトロ千代田線 「新御茶ノ水駅」 B3出口から徒歩2分
東京メトロ丸の内線 「淡路町駅」 ・都営地下鉄新宿線 「小川町駅」 B5出口から徒歩5分    東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄新宿線・三田線 「神保町駅」 A5出口から徒歩7分

■参加費: mLC会員/eLC会員:1,000円(税込) 一般:2,000円(税込)

※2ドリンク、軽食付きです。 ※参加費は、当日、受付にてお支払いくださいますようお願いいたします。
※領収書をご用意いたします。

■定員:30名

■下記フォームよりお申込みください。
お申込フォーム  http://elc.or.jp/tabid/663/Default.aspx

■申込締切:5月9日(金)15:00

■主催:モバイルラーニングコンソシアム
共催:特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム

■プログラム

【1】ご挨拶、モバイルラーニング関連トピックのご紹介(30分間)
モバイルラーニングコンソシアム 代表理事 藤井 直人

【2】セミナー(90分間)
タイトル:
「GoogleGlassは教育に使えるか? ウェアラブル端末がもたらす教育スタイルの変改」
スピーカー:ITジャーナリスト 松村 太郎 氏

概要:「Google Glass」の日本での発売が噂される中、教育分野においても、  ウェアラブル・デバイスの利活用について、その可能性が大きな話題になっています。  今回は、昨年いち早く「Google Glass」を入手され、既に様々な角度からの検証をされている米国在住のITジャーナリスト、  松村太郎氏をお招きし、「Google Glass」とは何なのか?、何かできるのか?、課題は?、危険性は?など、  まだ触れることのできない私達が抱いている疑問について、ユーザーの視点からも解説していただきつつ、  教育への利用の可能性と、「ウェアラブル・ラーニング」がもたらす学習スタイルの変革について考察していただきます。

講師紹介
1980年東京生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。  またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。  米国カリフォルニア州バークレーに拠点を移し、モバイル・ソーシャルのテクノロジーと  ライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、  「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

第1回モバイルラーニング実践研究会セミナー開催

elearning_mova

第1回モバイルラーニング実践研究会セミナー開催

モバイルラーニングコンソシアム(mLC)と日本イーラーニングコンソシアム(eLC)は、下記日程で「第1回モバイルラーニング実践研究会セミナー」を開催いたします。

本セミナーは、企業や学校において、モバイルラーニングの導入をお考えの方を対象としたセミナーです。 モバイルラーニングとは何か? どうやったらモバイルラーニングを導入できるのか? を導入方法やシステム、コンテンツ開発、運用など、様々な角度からわかりやすく解説いたします。

参加費は無料ですので、是非ご参加ください。皆様のご参加をお待ちいたしております。
※スマートフォンやタブレットを活用した学習全般を「モバイルラーニング」と呼びます。

参加対象: ・これからモバイルラーニングを導入しようとしている方 ・現在eラーニングを使用していて、モバイルラーニング化を検討している方

【第1回モバイルラーニング実践研究会セミナー】
■日時:2014年4月8日(火) 13:30-18:00(受付開始13:00より)
■会場:明治大学国際総合研究所 千代田区神田小川町3-26-2野村神田小川町ビル2F   案内図 :http://www.kisc.meiji.ac.jp/~pfd/contact/
■参加費:無料
■定員:50名(先着順)

以下ソース
http://www.elc.or.jp/tabid/649/Default.aspx

eラーニングカンファレンス2014_Winter 一般募集開始しました!満席必至!早目のお申込みをお勧めします

eラーニング イーラーニングdfcs9

eラーニングカンファレンス2014_Winter 一般募集開始しました!
日本イーラーニングコンソシアム(eLC)と、モバイルラーニングコンソシアム(mLC)では、2014年2月19日~21日の3日間、「e-LearningConference2014 Winter」を開催いたします。第1日目の2月19日(水)は「eラーニング・トレンドDAY」と称し、eラーニングのトレンドに関する最新事例、最新動向をご紹介いたします。 満席必至!早目のお申込みをお勧めします

elearning_consosiamu

開催日時   2014年2月19日(水)
【第1部:セミナー】13:30~17:40(受付開始13:00~)
【第2部:交流会・懇親会】17:40~19:00
会場 明治大学国際総合研究所(東京都千代田区)
東京都千代田区神田小川町3-26-2野村神田小川町ビル2F

案内図  http://www.kisc.meiji.ac.jp/~pfd/contact/

交通   JR中央線・総武線 「御茶ノ水駅」 御茶ノ水口 出口から 徒歩7分

東京メトロ千代田線 「新御茶ノ水駅」 B3出口から 徒歩2分  東京メトロ丸の内線 「淡路町駅」 ・都営地下鉄新宿線 「小川町駅」 B5出口から 徒歩5分  東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄新宿線・三田線 「神保町駅」 A5出口から 徒歩7分
主催 日本イーラーニングコンソシアム/モバイルラーニングコンソシアム
参加費 eLC会員およびmLC会員:2,000円(税込) / 一般:3,000円(税込)

【詳細はコチラをご覧ください

年に一度のeラーニングの祭典です!ぜひぜひ

モバイルラーニングのための教材が不足している? eラーニングコンソシアム調査

elearning_farf3

◆モバイルラーニングのための教材が不足している? eラーニングコンソシアム調査

調査結果からeLCではモバイルラーニングの現状について、下記の仮説を提示している。

・利用は急拡大している ・主役はスマートフォンとタブレット
・利用時間はすきま時間
・モバイルラーニングのための教材が不足している

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)が16日発表した「モバイルラーニングの利用に
関するWebアンケート」の結果によると、「モバイルラーニングを利用したことがある」人は
調査回答者全体の60%だった。

eLCはかつて「e-ラーニング白書」をまとめ、発行していたが、同白書の2006年-07年版に
比べると、「モバイルラーニングを利用したことがある」人は14倍(2006年ー07年版では
全体の4.8%)と大きく増加している。

また、使用している端末は今回調査では06年ー07年版では見られなかったタブレット
端末(30%超)スマートフォン(約50%)を使っている人が圧倒的に多くなっている。これにと
もない、「教材を動画で見る」という人も全体の25%を占め、増えているとのこと。

ところが、動画は回線状況を考えても、まだまだ復旧は難しい
その上に、教材が不足しているとなると、PC用のeラーニングコンテンツを
HTML5化することが、最も望ましい!今こそ、アイテスタロイド
http://wark.jp/mobile/i-test.html

2014謹賀新年!あけましておめでとうございます!WARKより新年の挨拶

nenga

【WARKより新年のあいさつ】
2014謹賀新年!あけましておめでとうございます!
旧年中は皆様に大変お世話になりました。 心より御礼申し上げます。
2000年よりeラーニング/2007年よりモバイルラーニング・ビジネスに参入させて頂いて以来、多くの方々にお世話になりました。 今年こそ、ご恩返しをする時と心得ております。
わたしたちWARKに出来ることでしたら、何でも結構です。精一杯がんばりますので
ぜひ、お声掛けの程お願い申し上げます。 また、2014年度も皆様にとって幸多き年であることをお祈りしてます。 本年度もどうかよろしくお願いします。

2014 Happy New Year.
I’m very grateful to you for the kindness you showed us last year.
I wish you a year filled with happiness.
I look forward to your continued good will in the coming year.

WARK

製造業様向けeラーニング支援キャンペーン2013年12月1日~12月15日まで

elearningfser4

==================================

製造業様向けeラーニング支援キャンペーン2013年12月1日~12月15日まで

==================================

株式会社WARK(所在地:東京都渋谷区/代表取締役 長瀬昭彦)は2013年12月1日
から12月15日まで、製造業/企業様向けにeラーニングを支援するキャンペーンを
行います。 キャンペーン期間内にお見積りを依頼された製造業/企業様はお見積
もりから20%OFFとなります。

==================================

◆製造業様向けeラーニング支援キャンペーン
2013年12月1日から12月15日までにお見積りを依頼された製造業/企業様は
お見積りから20%OFFとなります。

◆株式会社WARKは製造業/企業様向けにeラーニングを支援するサービスを
行います。 下記サービス内容例。

1)映像を使って御社の長年培った技術を末代に継承します。
【具体例】御社様の工場、営業所、海外拠点などを撮影して、コンテンツ化します。

2)御社の社内セミナーをコンテンツ化して配信します。
【具体例】全国で行われる社内セミナーを撮影し、コンテンツ化し配信します。

3)学習履歴を分析します。
【具体例】弊社の学習管理システムにより、御社の学習履歴を分析し、毎月レポートを提出します。 さらに、教育のビッグデータ解析につなげることも可能です。

4)モバイル学習の導入も支援させて頂きます。
【具体例】iPhone、iPad、Androidなど、どのような端末を使って、どのように学習すれば
効果が上がるか、コンサルティングさせて頂きます。

5)コンテンツ制作/eラーニング運用の内製化も支援させて頂きます。
【具体例】実際に、コンテンツ作成に関するセミナーを受講して頂き、社内で
運用できるようになるまで継続支援します。eラーニングの運用もお任せ下さい!

【製造業の教育担当者様 こちらをご覧ください】
http://wark.jp/100/seizo.html

◆費用(お見積り一式)

◆こんなことでお悩みなら ぜひご相談を!
(1)来年の4月で、windows XPのサポートが終わるのでeラーニングの
仕組みをリニューアルしたい。
(2) 現状のeラーニング研修にかかってる費用が高額なので、抑えたい。
(3)現状のeラーニングをモバイルラーニングに変更したい。
(4) eラーニングコンテンツを自社でメンテナンスできるよう内製化したい。
(5)eラーニングやモバイルラーニングを導入して、何が変えられるのか話を聞いてみたい!

◆製造業様向けeラーニング支援キャンペーン
2013年12月1日から12月15日までにお見積りを依頼された製造業/企業様のみ
特別に お見積りから20%OFF。 この機会をお見逃しなく!

【ご相談はコチラ】
http://wark.jp/mobile/fudosan.html

==================================
◆(株)WARKとは、開業16年の老舗eラーニング企業。第七回 日本e-Learning大賞
総務大臣賞受賞。最先端のeラーニングやモバイルラーニングのコンサルティング
から制作、運用まで幅広い分野で活躍。また、数々の企業、学校で教育ITによる
業務改善などを行ってきた。現在、日本e-Learningコンソシアム、モバイルラーニ
ングコンソシアム、そして新たに発足された JMOOCの法人正会員である。
代表の長瀬 昭彦が日本e-Learningコンソシアムの理事、モバイルラーニングコンソ
シアムの副代表理事をつとめる。
==================================

 

—————————————————————-

【 WARKホームページ】

http://wark.jp/

【eラーニングの百貨店】
http://wark.jp/100/

【 eラーニング | モバイルラーニング最前線! 】

http://wark.chu.jp/new/blog/

—————————————————————

12/6 eLC・mLC共催「月例カンファレンス・モバラーミーティング」開催!ぜひいらっしゃってください!

mlc_elc

12/6 eLC・mLC共催「月例カンファレンス・モバラーミーティング」開催です。!
ぜひいらっしゃってください! お待ちしておりまーーーーす!

お申し込みはこちらから

■日時:2013年12月6日(金)
(受付開始14:10-)
第1部:セミナー /14:30-19:00
第2部:交流会/14:30-17:30
忘年会 17:30-19:00
■会場:明治大学国際総合研究所 千代田区神田小川町3-26-2
野村神田小川町ビル2F 地図:http://www.kisc.meiji.ac.jp/~pfd/contact/
■定員:50名
■参加費:
1)eLC会員、mLC会員: セミナーのみの参加は無料
※第2部の交流会・忘年会に参加される方は参加費2,000円
2)eLC、mLC会員以外の方: 有料 3,000円(セミナー参加費および交流会・忘年会参加費)

■プログラム

<第1部:セミナー>

【1】「TinCan仕様書」日本語版(ドラフト版)公開(20分間)
スピーカー:日本イーラーニングコンソシアム標準化推進委員会
委員長 熊澤 剛/委員 星野 忠明
内容:本年9月に発足した、mLC/eLC共同「TinCanプロジェクト」。 「TinCan API (正式名称:Experience API)」とは、従来の事前に用意された教材を学ぶというフォーマルな学習形態にとどまらない、多種多様な学習活動の履歴を記録・検索・抽出するための仕様です。

本プロジェクトでは、活動の第一弾として、米国ADL(ADVANCED DISTRIBUTED LEARNING)より4月27日に公開された仕様書「The Experience API specification Version 1.0.0」の日本語翻訳を行っています。 今回は、2014年2月開催「e-LearningConference2014 Winter」で正式公開する本仕様書の日本語版ドラフトをいち早く公開し、TinCanの概要と翻訳プロジェクトの状況をお話いたします。

※当日は参加者全員に日本語版ドラフトの印刷物を配布いたします。それ以降は来年2月の正式公開まで入手機会はございませんので、興味をお持ちの方は是非こちらにご参加ください。「EXPERIENCE API Version1.0.0」 http://www.adlnet.gov/wp-content/uploads/2013/05/20130521_xAPI_v1.0.0-FINAL-correx.pdf

【2】「第10回 日本e-Learning大賞」受賞事例、応募事例に見るモバイルラーニングの
最新動向(70分間)

スピーカー:第10回日本e-Learning大賞 第一次選考選考委員長 福原美三 氏 (明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授/モバイルラーニングコンソシアム理事)

内容:11月20日に「e-Learning Awards 2013 フォーラム」において発表される「第10回 日本e-Learning大賞」。今年の受賞事例、応募事例の中からモバイルラーニング関連の応募作を取り上げ、モバイルラーニングの最新動向を探ります。
協力:e-Learning Awardsフォーラム実行委員会

【3】「MOBILEARN ASIA 2013」(2013年10月2日-3日、シンガポール)レポート(50分間)
スピーカー:モバイルラーニングコンソシアム 理事 宇野 令一郎
株式会社プロシーズ 藤原祥雄 氏
内容:10月2日、3日の2日間、アジア圏のモバイルラーニング専門展「MOBILEARN ASIA 2013」がシンガポールで開催されました。今回はこの展示会&セミナーの模様をご報告いたします。 http://www.mobilearnasia.com/

【4】モバイルラーニングコンソシアムの新しい研究会
“モバイル化&eラーニング化実践研究会”のご紹介とメンバー募集(30分間)
スピーカー:モバイルラーニングコンソシアム 会長 小松 秀圀
内容:モバイルラーニングコンソシアムで新たに発足する「モバイル化&eラーニング化実践研究会」のコンセプトを発表し、メンバーの参加、活動方法をご説明いたします。

<第2部:交流会・忘年会 17:30-19:00>

—————————————————————-

■タイムスケジュール

第1部 14:30-14:50 「TinCan仕様書」日本語版(ドラフト版)公開(20分間)
14:50-16:00 「第10回 日本e-Learning大賞」受賞事例、応募事例に
見るモバイルラーニングの最新動向(70分間)
16:00-16:10 休憩
16:10-17:00 「MOBILEARN ASIA 2013」(2013年10月2日-3日、シンガポール)
レポート(50分間)
17:00-17:30 モバイルラーニングコンソシアム新研究会のご紹介とメンバー募集(30分間)

第2部 17:30-19:00 交流会・忘年会

—————————————————————-

明日,開催を予定しておりましたmLC「モバラーミーティング」休会のお知らせ

mlc_elearning

明日(10/16)15時より開催を予定しておりましたeLC「月例カンファレンス」/mLC「モバラーミーティング」ですが、台風26号の関東地方への影響を鑑みまして、休会とさせていただくことにいたしました。すでにお申し込みをされた皆様、大変申し訳ございません

■eLC「月例カンファレンス」/mLC「モバラーミーティングhttp://www.elc.or.jp/tabid/598/Default.aspx

シンガポールで行われたアジア圏でのモバイルラーニング・カンファレンス「MobiLearnAsia 2013 」

mobile-asia1

先日、シンガポールで行われた、アジア圏でのモバイルラーニング・カンファレンス「MobiLearnAsia 2013 」 まだ、日本にはあまり情報が入ってきてないが、このような大きなカンファレンスがシンガポールで開催されるということは、日本以外のアジア圏では、相当、モバイルラーニングが活用されてると考えた方が良いかもしれない。

また、この情報を知りえたのは、「MobiLearnAsia 2013 」の主催者が通訳を連れて
モバイルラーニングコンソシアムにいらっしゃって、ご説明頂いたからである。

mobile-asia2

ちなみに、モバイルコンソシアムも協賛させて頂きました。

そして、今回、我がmlcの宇野理事(BBT大学)が代表して、このカンファレンスに参加!
その報告会(レポート)を10/16(金)のモバラーカフェで行います。宇野さんのレポート楽しみですね! ご興味のある方は ぜひ、明治大学国際総合研究所にいらっしゃってください。その後の懇親会で宇野理事に詳しく聞くのもOKです。

——————————————————————————————————————–

◆【日本イーラーニングコンソシアム(eLC)、モバイルラーニングコンソシアム(mLC)共催】 モバイルラーニングセミナー「学校におけるICT活用の最新潮流」 (eLC会員・mLC会員以外の方もご参加いただけます。)詳細は下記URLまで
http://www.mobilelearning.jp/2013/10/mlc/mlc-news/869

◆日時:2013年10月16日(水) 15:00-19:30(受付開始14:40-) 第1部:セミナー 15:00-18:00 / 第2部:交流会 18:00-19:30

◆会場:明治大学国際総合研究所 千代田区神田小川町3-26-2野村神田小川町ビル2F 地図:http://k.d.combzmail.jp/t/lp4y/c0127dw0nlgsblzk7vBB4

◆定員:40名(お早めにお申し込みください)

◆参加費: 1)eLC会員、mLC会員 セミナー:無料  第2部交流会:2,000円

2)会員以外の方 セミナー:無料  第2部交流会:3,000円

■受講申し込み:下記申込フォームにご記入ください。 http://k.d.combzmail.jp/t/lp4y/c0129dw0nlgsblzk7vyC7

10/16モバイルラーニングセミナー「学校におけるICT活用の最新潮流」開催!

eラーニングdeis

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【eLC、mLC共催】
モバイルラーニングセミナー「学校におけるICT活用の最新潮流」開催のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついに『iPad X ICT次世代学校の造り方 -正しい活用への実践事例集』の著者
野本竜哉さんと!『スマホ学習塾アオイゼミ』代表取締役の石井貴基さんとの
コラボレーションセミナーが実現しました! とてもうれしいです!
2人の熱い想い&TALKをぜひ皆様にお届けしたい。10/16は是非来てください!!!
(司会は、WARK長瀬が務めさせて頂きます)

今回、「学校におけるICT活用の最新潮流」というセミナータイトルですが、聞いていただきたいのは、学校関係者だけでなく、企業の人事や人材開発担当そして経営者です。
モバイルを使って、それをそのように教育に活用するかは、企業、学校 関係ありません。
必ず得るものや感銘できるものがあると思います。

———————————————————————————————————–

◆【日本イーラーニングコンソシアム(eLC)、モバイルラーニングコンソシアム(mLC)共催】
モバイルラーニングセミナー「学校におけるICT活用の最新潮流」
(eLC会員・mLC会員以外の方もご参加いただけます。)

◆日時:2013年10月16日(水)
15:00-19:30(受付開始14:40-)
第1部:セミナー 15:00-18:00 / 第2部:交流会 18:00-19:30

◆会場:明治大学国際総合研究所
千代田区神田小川町3-26-2野村神田小川町ビル2F
地図:http://k.d.combzmail.jp/t/lp4y/c0127dw0nlgsblzk7vBB4

◆定員:40名(お早めにお申し込みください)

◆参加費:
1)eLC会員、mLC会員
セミナー:無料  第2部交流会:2,000円

2)会員以外の方
セミナー:無料  第2部交流会:3,000円

■受講申し込み:下記申込フォームにご記入ください。
http://k.d.combzmail.jp/t/lp4y/c0129dw0nlgsblzk7vyC7

————————————————————————————————————
◆プログラム
【1】モバイルラーニングセミナー「学校におけるICT活用の最新潮流」
コーディネーター:モバイルラーニングコンソシアム 副代表理事 長瀬 昭彦
————————————————————————————————————
■「スマホで始める参加型授業 ~大正大学編~」

スピーカー:
Clica/株式会社デジタル・ナレッジ/eLC広報委員会
代表/執行役員/委員長 小林 建太郎 氏

内容:
大正大学で実践したスマホを使った参加型授業について報告します。
40人の学生が90分で354件の発言、参加感も高く理解の深まる授業が実践できました。
学生の声『気軽に発言できてよかったです!授業に参加してる気になりました』。

■「Education
× Social Network
“ユーザー目線”の学びに向けて」

スピーカー:
教育者と企業の力を掛け合わせ、教育ICTの進化を支援するグループ「e ×
e(イークロスイー)」主宰/
電子書籍『iPad X ICT次世代学校の造り方
-正しい活用への実践事例集-』著者 野本竜哉氏

内容:
教育×ICTの推進において重大な点とは何か?
多くの導入事例を見てきた氏が、成功している学校に見られる共通の法則を解説し、
これからの成功するモバイルラーニングを考察します。

■「スマホが塾になる!「スマホ学習塾アオイゼミ」から見られるモバイルラーニングの未来」

スピーカー:
株式会社葵 代表取締役 石井 貴基 氏
————————————————————————————————————
【2】モバイルラーニングコンソシアム新研究会のご紹介とメンバー募集
————————————————————————————————————
スピーカー:
モバイルラーニングコンソシアム 会長 小松 秀圀

内容:
モバイルラーニングコンソシアムで新たに発足する「モバイル化&eラーニング化
実践研究会」のコンセプトを発表し、メンバーの参加,活動方法をご説明いたします。

————————————————————————————————————
【3】セミナー:「速報!「MOBILEARN
ASIS 2013」(2013年10月2日-3日、シンガポール)レポート」
http://k.d.combzmail.jp/t/lp4y/c0128dw0nlgsblzk7v6Qt
————————————————————————————————————
スピーカー:
モバイルラーニングコンソシアム 理事/ビジネスブレークスルー大学 宇野 令一郎 氏

内容:
去る10月2日、3日の2日間、アジア圏のモバイルラーニング専門展「MOBILEARN
ASIS
2013」が
シンガポールで開催されました。
今回はこの展示会&セミナーの模様を、いち早くご報告いたします。

————————————————————————————————————
【4】連絡事項、その他
————————————————————————————————————
■タイムスケジュール
14:40  受付開始
15:00~16:30 モバイルラーニングセミナー「学校におけるICT活用の最新潮流」(90分間)
16:30~16:40 ~休憩~
16:40~17:10 モバイルラーニングコンソシアム新研究会のご紹介(30分間)
17:10~18:00 「MOBILEARN ASIS
2013」レポート(50分間)
18:00~19:30 交流会

———————————————————–
■受講申し込み:下記申込フォームにご記入ください。
http://k.d.combzmail.jp/t/lp4y/c0129dw0nlgsblzk7vyC7
————————————————————-
■お問い合わせ
日本イーラーニングコンソシアム事務局 info@elc.or.jp

モバイルラーニングコンソシアム・教育・研修モバイルOnline化支援ビジネス研究会!

elearning_fae3

モバイルラーニングコンソシアム・小松秀国会長が新たに発足した「教育・研修モバイルOnline化支援ビジネス研究会」がスタートしました。 まだ、mlc会員以外は、参画しておりませんが、今後はモバイルラーニングの事例発表やユーザー企業の報告会などいろいろな企画を検討中です。 なお、一般ユーザーへの正式なお披露目は、2014年2月以降、モバイルラーニングコンソシアムまたはeラーニングコンソシアムより正式に発表される予定です。
乞うご期待!

◆「教育・研修モバイルOnline化支援ビジネス研究会」
当初は関係するベンダーが中心でユーザーが研修や教育のOnline化を考えたとき、一括して提供できるサービスの組み合わせを提案できるサービスメニューの開発から入ります。やがてはユーザー企業も巻き込んだ研究会に発展させ、MDM事業を含めユーザーのOnline化運営の維持活動ビジネスまで拡げるという構想です。

WARKウェブサイトに「モバイルラーニングとは」というページを新設しました

eラーニングmonahs

モバイルラーニングに関する新しいページを作りました。
モバイルを使って行うeラーニングに関して、記述させて頂いております。

モバイルラーニングとは

eラーニング/モバイルラーニング共催 Tin-Canプロジェクトに参加しました

イーラーニングsふぁs

eラーニングコンソシアム/モバイルラーニングコンソシアム共催の「Tin-Can」
プロジェクトに参加しました!(ヌープラス赤坂)
次世代SCORMと呼ばれる「Tin-Can」本日は翻訳プロジェクトのスタートと
今後の展望に関して、ディスカッションが行われました。
こういった、Bigdata解析系のお話は、夢がありますね!楽しかったです。

モバイルラーニングコンソシアムの研究会7月26日に行います

2013-07-25 の記事です。

eラーニングss

モバイルラーニングコンソシアム
第3回のモバイルラーニングデザイン研究会開催のお知らせ、

いつもクローズドで会員だけのサービスとして行っていた
モバイルラーニングデザイン研究会ですが、明日、特別に
会員以外の参加も可能ということになりました。
このテーマにご興味のある方は、是非いらっしゃってください。

———————————————————-

日時:7月26日(金)19時~20時半
場所:㈱ビジネス・ブレークスルー 麹町オフィス

1.モバイルラーニングデザイン基礎:mLC 宇野理事
2.モバイルラーニングの事例:株式会社WARK 横江功司 様

お申込みは、下記アドレスに会社名/所属部署/お名前/
および「研究会参加希望」と期してお送り頂ければ幸いです。

ちなみに、mLC会員でない方でも、2回分はお試し期間として
ご参加可能です。奮ってご参加ください。

教育現場でのモバイル活用 eラーニングコンソシアム月例カンファレンス

2013-04-18 の記事です。

eラーニング_イーラーニングdejc14

昨日の日本eラーニングコンソシアム月例カンファレンスは、とても勉強になりました!
広尾学園様の事例が聞けてとても良かったです。

よく企業研修でやってるようなグループ毎のプレゼンテーションをiPadを使って、中高生がやってたり英語しか話せない、インターナショナルの学生さんたちがiPadで漢字を勉強してたりするところは特に面白かったです。
また、iPadをどのように使うか、しっかりルールが決められてるところも良いですね!

パソコン=引きこもるイメージがありますが Pad=皆でコミュニケーションをとりながら学習してるイメージが
わたしの頭の中にできつつあります。教育がどんどん変わっていく!というよりも、金子 暁先生が日本の教育をどんどん変えて行くような気がします。

詳細を知りたい方は、ぜひ、この本のご購入をお薦めします!

eラーニング_イーラーニングdejc13

俊英館の小池先生とライターの神谷さん
とてもイイ仕事をしてます!(amazonで発売されてます)

その後は、恒例の懇親会、KIBANさんのPANDAスタジオで行いました!
(料理がめちゃ美味しかったです。)

eラーニング_イーラーニングdejc12

もう、iPad/教育の分野では有名人の小池先生と大阪から遥々新幹線でかけつけて
くれた、西の木下大先生と一緒にカシャッ! 有難うございます。
ちなみに、木下さんは、日帰りで大阪に帰るそうです。

上司の方へ>一泊くらい会社の経費で泊めさせてあげてくださーーい!

eラーニング_イーラーニングdejc11

こちらも有名人!サイバー大学の教授でもある森戸さん、産能大の松本先生、IT支援ネットワークの森下理事とカシャッ!

eラーニング_イーラーニングdejc10

最後に、とても明るいライター/秋山さんと会場を提供して頂いたKIBANの西村さんとカシャッ!本当にお世話になりました。

eラーニング_イーラーニングdejc9

ついでに、こっそりトライキャスターも撮っちゃいました!すんません

アイテスタロイドでモバイル版の学習ゲーム、クイズ、テストを楽しく カンタンに

2013-03-22の記事です。

eラーニング イーラーニングgfed18 eラーニング イーラーニングgfed17

===================================
アイテスタロイドでモバイル版の学習ゲーム、クイズ、テストを楽しく カンタンに 作ってみませんか? 3/29開催 アイテスタロイド活用セミナー
===================================

アイテスタロイドでモバイル版の学習ゲーム、クイズ、テストを楽しく 作ってみませんか? 2013年3月29日(金)株式会社WARK(所在地・東京都渋谷区)は社内会議室 にて、 企業様別 3社限定で、「モバイル版の学習ゲーム、クイズ、テストが 簡単に作れる アイテスタロイドの活用セミナー」を無料にて開催します。

■アイタスタロイド【iTestaroid】とは? (1)モバイルでできる10種のゲーム・クイズ・テストがカンタンにつくれるツールです。 (2)コンテンツはエディターに絵や文字を登録するだけでOK⇒CSVでの入力も可能 (3)作ったコンテンツはiPad、iPhone、Android、PC 全てワンソースで閲覧可能です。 (4)映像、画像、音声の取り込みもOK。 (5)外国語対応、HTMLの記述もできます。

■本セミナーに関して アイテスタロイドが どのようなものか知りたい方。 実際に使ってみたい方。 または、モバイルeラーニングをどのように教育/業務に活用すれば 良いか知りたい方。 オリジナルコンテンツを作って、タブレット等で、生徒に教えたい方 どんなようなことでも結構ですので、お気軽にいらっしゃってください!

■「モバイル活用法伝授!アイテスタロイドセミナー」 (1日3社様 限定!) ■日時・2013年3月29日(金)開催時間60分(無料) ■ご参加希望の方は、下記フォームに お名前、会社名、所属部署、E-mailアドレス並びに (お問い合せ内容の所に)ご希望の時間帯と参加人数を ご記入頂きお送りください!

◆アイタスタロイド【iTestaroid】詳細はこちら

YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image

テーマがハッキリわかれていて、とても面白かったです!eラーニングカンファレンス

2013-02-21 の記事です

eラーニング イーラーニングdfcs9

eラーニングカンファレンス 2日間お疲れ様でした!
初日は、モバイルラーニング、2日は、eラーニング・プロフェッショナルMeetingと
テーマがハッキリわかれていて、とても面白かったです。

特に2日目は、東京大学の山内先生の「MOOCs」のお話は衝撃的でした!
これから、世界中どこにいても、学ぼうと思えば無料で学べる凄い時代が目の前に来てるようです。

また、昨日は寺田理事からeLPに関するお話がありましたが、ここに来て
eLPの資格を取得したいという方が、急増してるとのことです。(驚)
大学生の時にeLPの資格を取得して、eラーニングを取り扱う大手企業に就職したという話も
ありました。 また、ビジネスに大いに活かされているという体験談も聞きました。
今日を境に、どんどん受講者が増えることと思います。

そして、たった数日間の告知で、これだけのオーディエンスを集められる日本e-Learningコンソシアム
の集客力と、それを数名で実行できるマネジメント力には驚きです。 mLC含め、会員数も増えてるとのこと。。。
小松会長、秋山事務局長には敬意を表します。

わたしたちも、たいへん勉強になった2日間でした。
皆様にも、強く、日本e-Learningコンソシアムへの入会をお薦めします。

eラーニング イーラーニングdfcs8

そして、講演後、eLC会員限定プレゼンテーションコーナーにて

弊社のソフト「アイテスタロイド」ほんの5分間だけ、(弊社・横江功司が)
告知させて頂きました。(^^)

ちなみに、こんなツールです。
アイテスタロイド
モバイル対応のテスティングツール

eラーニングカンファレンス「モバイルラーニングDAY」こんなに盛り上がれるとは!

2013-02-20の記事です。

eラーニング イーラーニングdfcs6

昨日のeラーニングカンファレンス「モバイルラーニングDAY」は、3講演すべて素晴らしかったです。
涙あり笑いあり。。。モバイルラーニングをネタに、こんなに盛り上がれるとは驚きです。

ループスコミュニケーションの福田さんのお話、ソーシャルの恐ろしさと素晴らしさの両方を学びました。
特に最後のP&Gさんの取り組みには感動して、(涙)です。

そして、本年度のeラーニング大賞を受賞された、千葉県立袖ヶ浦高校の永野直先生のお話は衝撃的!
高校で、数学、国語、英語、理科、ここまでモバイルラーニングを実践されてるとは。。。。凄いの一言です。

最後の中山五輪男さんの講演は、予想通り超盛り上がりました。iPadの活用法をいっぱい教えて頂きました!
本当に、本当に感謝です。 皆様ありがとうございました!(最後に小池さん!も有難うございます)

ちなみに、わたしが、本日の司会を担当させて頂きました。

eラーニングカンファレンス2013申し込みだけでも早めにしておくことをお勧めします

2013-02-01の記事です。

eラーニング イーラーニングdfcs1

今年も「eラーニングカンファレンス2013冬」の一般参加募集開始!
この講師陣と内容なら抽選になってもしょうがないですね!

申し込みだけでも、早めにしておくことをお勧めします。

■2月19日(火)
「モバイルラーニング/ソーシャルラーニングDAY」
日本eラーニング大賞をとった、県立袖ヶ浦高校の永野先生とiPhone,iPadのエバンジェリスト
で有名な中山五輪男さんが同日に講演、さらに懇親会で交流もできます!

旧年中は大変お世話になりました。本年度もよろしくお願いします

2013-01-02の記事です。

eラーニング イーラーニングbgtg2

2013謹賀新年!明けましておめでとうございます!
旧年中は大変お世話になりました。
心より御礼申し上げます。

本年度も皆様にとって幸多き一年となることを期待します。

そして、今年も皆様のeラーニングビジネスの縁の下の力持ちとなり
頑張っていく所存です!

どうぞよろしくお願いします。

(株)WARK

eラーニング イーラーニングbgtg1

明治大学さんにおきまして、モバイルラーニングコンソシアムのイベント

2012-09-25の記事です。

eラーニングood15

明日は明治大学さんにおきまして、モバイルeラーニングコンソシアムの「モバラーカフェvo1」です。

まだ間に合います。

お時間がある方は、ぜひお申し込みください!

BBT大学の宇野さんの講演もございます!(Special)

どうぞよろしくお願いします。

eラーニングに関しまして何かございましたら、お気軽にご連絡ください!

2012-09-25の記事です。

9/21 モバイルラーニング活用セミナー「iPadでeラーニング!」にお越し頂き有難うございました!
来場者様 全員に感謝します!

また、eラーニングに関しまして何かございましたら、お気軽にご連絡ください!
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

eラーニングood14

Older posts

© 2017 eラーニング導入と定着化のヒント

Up ↑

Copyright 2016 WARK co.ltd.