マイクロラーニング ジャーナル

マイクロラーニング(Microlearning)とは?

Category: マイクロラーニング

2020年で消滅するFlash!HTML5データへ作り変えが必須。 その場合の開発の留意点

Flashは2020年末までに消滅することを念頭に置いて、どの企業もFlashベースのコース(古いeラーニング)をHTML5のコースに作り変えることを急いでいます。HTML5で作られたeラーニングコースは、デスクトップPCだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのデバイスからもアクセスできます。ただし、モバイルデバイスのコースを開発することは、画面サイズ、メモリ容量他デスクトップPCのための開発と同じようには行きませんが効果的なトレーニングを提供するためにモバイル版(特にスマートフォン)のコース開発が必須です。

その際の留意点を下記に記させて頂きました。

(1)画像の互換性を確認する
(2)ナビゲーションがシンプルで直感的になるようにする
(3)ナビゲーションボタンのサイズを大きくする
(4)1画面あたり600文字までに制限
(5)複雑なアニメーションを避ける
(6)コンテンツの長さが5分~10分程度であることを確認してください

タブレットまたはスマートフォン用のHTML5データを作成するときは、従来のコースで使用される画面レイアウトが根本から変わります。コンテンツ作成ツールを活用することをお勧めします。

また、タブレットを使うときはマウスではなく指を使うことを念頭に置いてください。モバイル(特にスマートフォン)で学習する場合 あまり長くスクロールするようになると、学習者にストレスを与えることとなります。そのためには1画面あたり600文字に制限すると良いでしょう。

さらに複雑なアニメーションは不要です。特にモバイルの場合はアニメーション効果は不必要です。不要の産物です。コンテンツの長さも短い方が望ましいです。

世界ベストLMS(学習管理システム)第七位~第十位


SCORM準拠

キャンバスLMSは、主にK-12と高等教育(米国学校教育)の両方に適応するよう設計されています。 それは学習者は皆、直感的操作できるところが特徴で 柔軟性があります。また、さまざまな学習方法に合わせてカスタマイズもできます。さらに本システムは信頼性の高いAWSのホスティングによるものです。利用者のニーズに合わせて、ホワイトペーパー、インフォグラフィック、ビデオ、その他の教材が掲載されています。その他の主な機能としては、共同作業スペース、カスタムユーザープロファイル、オーディオおよびビデオメッセージ、RSSサポートなどがあります。https://www.canvaslms.com/

その名前が示すように、Schoologyは学校、学術機関用に作られたLMS(学習管理システム)です。 特にK-12と言って幼稚園入学後の12年間にフォーカスを当てております。どちらかというと学習パフォーマンスの改善とっ評価管理に良く使われており、コラボレーションを促進し学習パーソナライズ化を実現します。また、200を超えるツールが組み込まれているのが特徴で、カレンダー、メッセージング、コンテンツ共有ツール、コラボレーションワークスペース、Webサイト作成ツールなどがあります。その他の重要な機能としてはは、自動採点システム、カスタムアプリ、オープンアクセス統合、カリキュラム管理機能などがあります。 https://www.schoology.com/

SkyPrepは、大小500以上グローバル企業で使われており、システムは非常に直感的でユーザーフレンドリーな UIが特徴とのこと。高機能な割にはリーズナブルな価格帯が魅力とのことです。(サポートも良し)インターフェースは見た感じ、シンプルで使い勝手が良さそうです。インターフェースからの入力選択により、すばやくコンテンツを作成できます。カスタムビデオやオーディオファイルを埋め込むことで、リッチメディア・コンテンツ作成を強化しています。また、受講者のの進歩を測定し、知識のギャップを特定するための直感的なレポートと標準的な分析も付属しています。管理者は、課題や宿題をアップロードすることもできます。その他、コースを販売するための市場、リアルタイムのレポート作成、および多言語サポートもあります。https://skyprep.com/


Derbyware は、試験、クイズおよび認証(サーティフィケーション)機能に優れたプラットフォームです。様々な種類のテストや認定試験を作ることが出来。スコア結果は即時に表示さます。主に大学、学術機関で使われているとのこと。また、誰でも簡単に使えるオンラインテストメーカーや自動結果計算機能も装備されています。作ったテストコンテンツはWebサイト、ソーシャルメディアチャンネル、その他のプラットフォームに埋め込むことも可能です。

——————————————————————————————————————
本評価は1)コンテンツ作成ツール、2)コミュニケーション&コラボレーション機能、3)マルチデバイス(あらゆるデバイスで学習できる)、4)認定証発行機能の精度、5)テスト&クイズ機能の精度、6)学習測定&分析の精度、分かりやすさなどで評価されています。※出展:米国ファイナンスオンライン社

WARKは日経BPラーニングイノベーション2019に出展&登壇致します!

株式会社WARKは本年度も日経BPラーニングイノベーション(日経ヒューマンキャピタル)に出展します。今回は100人会場のテーマセッションおよびシアターセッション(2回)に登壇します。その他、WARKブースではマイクロラーニングを中心に1日10セッションを行う「マイクロラーニング インパクト」を開催します。是非ご参加ください。

詳細は以下
◆日経BPラーニングイノベーション2019に出展 2019年5月29日- 31日
小間番号は「377」。当日はマイクロラーニング / モバイル版eラーニングコンテンツ開発ツールをブース内で常時開催しております。https://wark.jp/event/innovation2019

◆5/29 16:10~シアターセッションに登壇します
テーマは「海外でのマイクロラーニング活用事例」となります。海外での事
例を聞くことが出来る良き機会かと思います。https://wark.jp/event/0529session

◆5/30マイクロラーニングの海外での活用事例、そしてコンテンツの開発技法とは
海外での事例やマイクロラーニング・コンテンツ開発の最新事例を聞くことが出来ます。
https://wark.jp/event/themasession530

 

従来のフラッシュは2020年に廃止!HTML5版に作り直すことは必須

今までeラーニング教材の主力として活躍してきたフラッシュ「adobe flash」は、2020 年までに存在しなくななります。なので現在 どこの企業も学校もフラッシュコンテンツをHTML5のコンテンツに作り替えています。

HTML5で作ったコンテンツは、デスクトップPCだけでなく、スマート フォンやタブレットなど どんなデバイスでもアクセスできます。ただしモバイルで学習するコースは画面サイズ、容量、含めデスクトップPCで行っていたeラーニングコースと違います。なので、FlashコンテンツをHTML5に技術的に変換するだけでは意味がありません。

したがって効果的なトレーニングを提供するには現代に合わせコンテンツ(コース)を作り替える必要があります。そのための留意点をいくつか書き記しておきました

(1)画像がPC、スマホ両方に互換性があることを確認します。
(2)モバイル版のコースならナビゲーションがシンプルで直感的でなくてはならない。
(3)ナビゲーション ボタンが大きいサイズであることを確認します。
(4)各画面の制限 600 文字にする。
(6)コースをオンラインで使用します。
(7)PPTアニメーションはモバイルでは不要!削除する
(8)学習時間はどんなに長くても5-10分にする。

以上、ご参考にしてください。

企業研修にテクノロジーを活用するなら どんな方法が有効なのか?

学習する環境は、近年、テクノロジーの進化に伴い劇的に変化しました。特に企業内研修においては、教室で教科書を見ながら行う形はどんどんオンラインにシフトしています。最近の傾向では通勤途中、休憩時間中にコーヒーを飲みながら、また、ビーチで日光浴をしている間に学習してしまう人が急増しているそうです。これらも、ラーニングのモビリティー化(スマホ化)が成せる技でしょう。

最近のラーニングトレンドは「gamification」「スマホ学習」「シナリオ ベース学習(ロールプレーイング)」です。以前は、eラーニングを受講させることが大きな目標でしたが具体的な成果の実現に向けて、マイクロラーニング、eラーニングを行うようになってきました。それゆえ様々な手法が試されるようになりました。

また、一回の研修に多くの内容を詰め込んでも、一気に忘れられてしまうことが科学的に証明されました。それゆえ、テクノロジーを活用して少しづつ学習を小分けにして学んでいくスタイルが、今後のトレンドとなっていくでしょう。学習をパソコンでやるだけでなく、運用面も重要視され始めました。

Microlearning は、ビジネストレーニングの中では最も効果的なアプローチの 1 つです。その最大のメリットは、現代人の多忙なスケジュールに適した3、7 分間の短いコンテンツ(ナゲット)で学習できることです。そして、全従業員が、いつでも、あらゆるデバイス(スマホ、タブレット、PC)からアクセスできるので、とても効率的です。以下、マイクロラーニングを実現させるためのキーワードを記しておきました。

(1)ビデオ学習
ビデオ(映像)ベースのラーニング ・ モジュールは、記憶に残しやすく企業研修をコンテンツ化するには最も適している手法です。世界の人々 の約 65% は、授業をICTするのにこの手法を持ちいてるそうです。また、ビデオ学習は映像を見るだけのシンプルな仕組みなので、学ぶ側への操作説明も必要なくとても便利です。仕事と生活の中で学ぶことが出来ます。

(2)モバイル学習
モバイル学習はパフォーマンスのサポートとして有効です。学習者が特定の場所に行く必要がありません。特にマイクロラーニングツールであれば、どんなデバイス(スマホ、パッド、PC)でもアクセス可能であり短い受講時間で効率よく学べます。また、企業内の各事業のニーズ合わせたなインタラクティブなコンテンツを配信することもできます。

(3)シナリオベース学習(ロールプレーイング)
営業マンのトレーニングとして良く使われるロールプレーイングですがモバイル上で従業員にロールプレーイングを体験させることも可能です。従業員が自らの判断で設問に回答しで判断力を養うトレーニングができます。実際には様々な危険があっても、何度も間違えを犯すことができます。シナリオベース学習が現場で行えるのが、マイクロラーニングの真骨頂です。

(4)パーソナライズされたカリキュラム
学習コンテンツは学習者の経験や能力を元にパーソナライズされたコンテンツ配信が必要です。複雑で長いトピックは小さなスタンドアロンのコンテンツに分割し、効率的な学習ができるよう作り直すことをオススメします。

マイクロラーニングにするメリットって何ですか?

マイクロラーニング(Microlearning)は従来のeラーニングに比べ、コンテンツが短くシンプルで分かりやすく作られているため記憶に残りやすいと言われております。あるドイツの研究者は、2015年にマイクロラーニング学習により記憶の保持率を20%改善したと報告したそうです。

1.Just In Time

マイクロラーニング(Microlearning)は、あらゆる組織にマッチした理想的なトレーニングツールです。必要に応じていつでもどこでも(パソコンの前で無くても)オンデマンド学習を行えます。学習者は、与えられたコンテンツを強制的にやらされるのではなく、自分のペースで学習することができます。

2.学習トピックの使いやすさ

マイクロラーニング(Microlearning)のコンテンツは基本的にはスマートフォンで学習するよう設計されています。なので、学習者はいつでもどこでも学習コンテンツにアクセスできます。

3.開発時間の短縮

マイクロラーニング(Microlearning)はコンテンツ制作ツールで作成するので開発時間が短くてすみますし、更新も迅速に行うことが出来ます。また、テンプレートの活用により(コンテンツの)開発コストも急速に減少しました。豊富なコンテンツライブラリーもサクサクとスピーディーに作れるようになりました。

4.企業研修における幅広い応用分野

学習戦略としてのマイクロラーニングは、セールストレーニング、コンプライアンストレーニング、CSR、従業員のマニュアルなど、さまざまな企業トレーニングに活用されています。さらに、マイクロコンテンツは、コンテンツを検索することにより受講者がアダプティブに学習することができます。また、パフォーマンスサポートツールとしても活用できますし、既存のトレーニングとも併用することもできます。

5.次世代の人材育成戦略

マイクロラーニング(Microlearning)は、既存のトレーニングを全てモバイルテクノロジーに置き替え、実地研修が無くても人を育成できるような仕掛けを作ることが目標です。そのためには、従業員が常にモバイルで学習をする下地を作っていくことが重要です。

マイクロラーニングに対する誤った理解

マイクロラーニング(Microlearning)とは長く退屈なeラーニングはなく、短くコンパクトな学習コンテンツで学ぶ新時代の教育ツールです。学習デバイスとしてノート パソコン、タブレット、スマートフォンなどが挙げられ、単に何かを閲覧するだけでなくインタラクティブなコンテンツにより学習が展開されます。そして重要な情報を記憶に留めるため、一気に学習を終わらせず 3~5日くらいの間隔で少しづつ学んでいきます。また、マイクロラーニング(Microlearning)は学習管理システム(LMS)が必須ではありません。学びが必要に迫られた時、素早くアクセス(SNS、メッセンジャー等)できることに重きを置いてます。

以下、誤った理解です

1. マイクロラーニングは長いコンテンツを細かく分割したもの

マイクロラーニングは、長い学習コンテンツを分割しただけのものではありません。「チャンク」と呼ばれ、個々に独立したスタンドアロンのコンテンツです。短いだけでなく自己完結型でわかりやすいものでなければなりません。

2.マイクロラーニングは短いコンテンツを短い期間でやるということではありません。

マイクロラーニングはつい短いことがフォーカスされますが、何でも短くすれば良いというものではありません。個々の学習目標が効率的に達成できることが重要です。ゆえに学ぶことが多い場合は当然、コンテンツも多くなりますし、その目標に達しない場合は期間も長くなります。

3. コンテンツが全て映像やゲーミフィケーションである必要はありません

マイクロラーニングのコンテンツが全て映像、ゲーミフィケーション、派手なアニメーションである必要はありません。もちろん文章だけでも良いし、チェックリスト、クイズ、インフォグラフィックを活用したプレゼンテーション、シナリオ、役割演技なども含まれます。
学習する内容に合わせ様々な表現方法を使って学びます。

4.マイクロラーニングはeラーニングで代用することはできません

マイクロラーニングは、パフォーマンスサポートのための強力なツールです。eラーニングのように学習管理システム+コンテンツで完結するものではなく、効率的かつ効果的な教育手法を取り入れて行うものなので代替えにはなりません。特にパフォーマンスサポート、行動変容などで威力を発揮します。

集中力の持続と記憶の定着にマイクロラーニング

実際、集中力はどのくらいの時間もつだろうか。マイクロソフト社のレポートによると、
現代人の集中力がもつのは、わずか8秒だそう。ひとつの仕事に集中するのは、
とても難しいことがわかりますね。そんな中、世間一般のeラーニング研修はどうでしょう?
60分~90分あります。もはや集中とは遠いレベルです。
ちなみに、「忘却曲線」(ヘルマン ・ エビングハウス) によると人は学んでから30日後
ほぼ80%を忘れるそうです。なので、何か忘れないようにする施策が必要ですよね。

そこでマイクロラーニングの登場です。学習者は定められた学習目標を達成するために
2~5分で完結された短いコンテンツをある程度 間隔を置きながら学んでいきます。
もちろん、その短いコンテンツが、大きくは教育体系の中の一つの断片(ナゲット)で
なくてはなりません。いずれにせよ 一気に学んで一気に忘れるより効率が良いということです。
また、学習時間を短縮することにも役立ちます。

また、マイクロラーニングはインフォーマルラーニングに最もフィットしています。
今までインフォーマルラーニングはIT化されて無かったですがスマホの出現により
可能となりました。

以下、参考までにマイクロラーニングの学習事例を記しました

(1)音声のみを聴いて学ぶ
(2)フラッシュ カードで学ぶ
(3)クイズに答える
(4)ロールプレーイングゲームをする
(5)ショートビデオ見る
(6)他の人のチャットの会話を見て学ぶ
(7)モバイルでシミュレーションを行う
(8)インフォ グラフィックを見て学ぶ

マイクロラーニングは、米国では多くの企業 / 組織で使用されているそうです
ウォルマートは、従業員の製品知識と安全対策などを学んでいます。
先に書いたマイクロラーニングの運用法を実践しているため
知識の(記憶の)定着に役立っているそうです。

また、彼らは個々の学習レベルを測定するのにゲーミフィケーションを行ったとのことです。
インター コンチネンタル ホテル グループ (IHG) ではマイクロラーニングが
顧客サービスにすごく役立っているそうです。今までの学習期間は5週間でしたが
それをマイクロラーニングの活用により2週間に減らしたとのことです。(これは凄い)
ちなみにコンテンツは簡単なテストを作成し繰り返し行ったそうです。

そのほか、銀行の多くの製品知識習得のためにマイクロラーニングを使ってますし
ウェルネス系の企業ではお役様への医療行為・栄養の基礎知識習得に関する研修に
マイクロラーニングを使っているそうです。

マイクロラーニング・キーワードマップ公開

マイクロラーニングに関するキーワードを集めたマップを株式会社WARKで作成しました。こちらを見て頂ければ「マイクロラーニング」がどのようなものか 大よそ掴めると思います。是非、ご覧ください!

(1)BYOD、インフォーマルラーニング、ミレニアル世代 ⇒ モバイルファースト
(2)仕事の手を止めない、学習者中心の設計 ⇒ ジャストインタイム
(3)不向きな内容もある、3~5分の内容、単独で完結した内容 ⇒ ナゲットチャンク
(4)データ解析、チャットボット、クラウドベース ⇒ 先端IT技術の活用
(5)動画、文字画像、などを駆使する、ユニバーサルアクセス、インフォグラフィックス ⇒ コンテンツの様々な表現
(6)コンテンツ設計の重要性、ストックor更新、検索機能の充実 ⇒ ライブラリ化
(7)ツールを、最大限活用、コンテンツの新鮮さ保持、3倍の速度半分のコスト ⇒ 更新の手軽さ
(8)サブスクリプションラーニング、スマホは1日150回見る、ゲーム感覚の内容 ⇒ 学習の習慣づけ

マイクロラーニングで販促技術を強化する

マイクロラーニングで販促技術を強化する

プロフェッショナルなセールスマンは間違いなく、年次でセールス・キックオフ・ミーティング、プロダクト・ローンチトレーニング・セッションなど 多くのタスクがあります。それらの教育に関して今までは達成度も測れず、如何ともし難い座学研修を段階的に(階層別に)受けさせられてきました。

しかし経営層はこれらの座学研修に納得しておりません。
経験の浅いセールスマンにも業績知識レベルの高い営業担当者と同じ知識とスキルを学ぶことを望みます。

たとえば、ストーリーテリング(講談)、セールスメッセージのやりとりの訓練、プレゼンテーションスキルなどの重要なスキルも磨かせたいと思っています。
知識はセールス担当者の通貨であり、営業担当者のセールストレーニングと実践訓練があり、営業担当者の売上げ向上に役立ちます。しかし現実は、これらのプロセスに教室で行う座学の研修は有効ではないと言われております。

いくつか統計的に見てみましょう:営業担当者の約55%が基本的な営業スキルが不足しています。座学で学習されたコンテンツの約50%は5週間以内に忘れられ、84%は90日間以内に忘れられます。しかし、米国の企業はその効果が疑わしい座学の研修に年間160億ドルを費やし続けています。

企業が投資する時間と資金から考えれば、研修時間を増やしたり、予算を増やしたりすること自体ナンセンスです。むしろ、根本的な問題解決としては、同時間に人を集めて一回こっきり行う研修よりも業務の合間に少しづつ行う研修を数多くやる方が効果的です。

年に一度のセールス研修(座学)や、企業の学習管理システムを通じて提供される研修をアーカイブ化しただけのeラーニングコースなどは正直、あまり役立ちません。如何にして効率的かつ効果的な学習法を考える。要するに学びと知識を如何に定着化させるかが大切だと考えられています。

マイクロラーニングと販促シミュレーションの組み合わせ

マイクロラーニングは、学習の連続性を重視します。忘却を防ぐために ある程度間隔を開け短いコンテンツを繰り返し行わせる、これに販促のシミュレーショントレーニングを組み合わせると最も高い効果を出すことができます。まず、基礎知識を習得するトレーニングとして短いコンテンツ(チャンク)が数度に渡って配信されますこれにより短い期間で高利率良く知識を習得することが出来ます。

しかし、そのナレッジを記憶に保持するには意識的な努力が必要です
マイクロラーニングで得た知識が現場での体験として再現されないと人は忘れていってしまうものです。私たちは1日に膨大な量の情報をインプットするので
重要だと判断した以外の情報は見過ごすよう脳が進化してしまいました。逆に見過ごしてしまった情報があれば、それをマイクロラーニングによる習得することはとても大切だと言えます。

マイクロラーニングを効率的に行うためのテクニックそしては、ケーススタディーを閲覧する、クイズ・テスト、シミュレーション、ロールプレーイングなど様々な手法があります。このようなコンテンツだと忙しい人々にも喜んで活用していただけます。また、新しいコンテンツを連続して その日中に配信したり数日おき 数週間おきに配信するととても効果的です。、実際の研究では、間隔を空けた繰り返し学習を行うとナレッジの忘却を30〜55%改善されたと言われてます。

多くの成功した販売組織は、強化学習と、クイズやフラッシュカードなどの間隔を空けた繰り返しテクニックを使用しています。

また、セールスのキックオフや製品トレーニングより効果的に学習させるコツは
一定の間隔で見ることが出来る小さな映像コンテンツ(画像を活用したものも含む)を活用すると良いでしょう。その他のベストプラクティスとしては、シミュレーションやロールプレイなどのゲーミングコンテンツや内製化されたコンテンツも含まれます。これらのコンテンツを一定期間 定期的に配信します。また これらの技術を使用することにより、脳の前頭前野から、海馬の大容量長期記憶に情報が移動し、後でそれらを引き出すのに労力が少なくなてすみます。営業担当者は、現場で課題が発生した時、その課題解決のためのナレッジをマイクロラーニングで補足していきます。

マイクロラーニングによるオンボーディング研修

◆マイクロラーニングによるオンボーディング研修

オンボーディングの主目的は、新しいスタッフにパフォーマンスの基礎をしっかり教え組織にスムーズに招き入れるためにあります。ここでのキーワードは「短時間」と「ファンデーション」です。 オンボーディングに
マイクロラーニングを活用するためには、しっかりした秀逸なコンテンツ(学習ナゲット)が必要です。

特にオンボーディング研修の場合は長くて退屈な実地トレーニングより
マイクロラーニングの方が、効率よく端的に学べます。 また、新人スタッフとシニアスタッフの二人三脚でマイクロラーニング(モバイルラーニング)を使いながらのOJTは、実地研修、集合研修よりしっかりと学びを定着させることができると言われてます。集合研修よりマイクロラーニングの方が遥かに効果的です。

◆マイクロラーニングは安全手順、環境ガイドライン、行動規範の教育に向いている!

社員全員に行うコンプライアンス研修はマイクロラーニングにあまり向いてません。Microlearningは、社員が比較的少なかったり、組織ごとの研修に向いています。その他、安全手順、環境ガイドライン、行動規範など比較的単純なコンテンツを学ばせることに最適です。 また、マイクロラーニングは、社員全員が学ぶ総合学習の補完ツールとしてなら役立ちます。
実際、このような形で使用してる例はいっぱいあります。

マイクロラーニング・オンライン学習で特に便利な点は、必要に応じてトレーニングコンテンツを簡単に更新できることです。 Microlearningはこの柔軟性がeラーニングや実地研修より優れている点です。

◆マイクロラーニングは製品・サービスの仕様や技術習得に向いている

マイクロラーニング用のコンテンツは企業が新しい製品やワークフローについてスタッフにスピーディーに教える必要があるので、簡潔にできていることが重要です。たとえば、主要製品のアップデートに合わせ素早くコンテンツをまとめて更新する必要があります。また、スタッフにその製品の宣伝方法を教える時も同様です。この場合はコンテンツ作成のためのツールを使うと良いでしょう。

その他、レストランチェーンで新しいメニューを作り、それをフランチャイズ店に知らせるときなどはチェーンの本部で、マイクロラーニングコース(ビデオやテスト、インフォグラフィックスを含む)を用意し、すぐにスタッフのスマートフォンにURLを送っています。

今までは、オンボーディングやコンプライアンストレーニングについて記させて頂きましたが体系立てられたフォーマルラーニングにも活用することももできます。Microlearningは、特にアプリなどをダウンロードしなくてもスタンドアロンで使えるので便利です。また、スマートフォンをベースにした小さなスクリーンでの学びも最近ではあまり苦にならなくなりましたむしろ、多忙な勤務スケジュールのスタッフは、パソコンの前に向かうことが出来ず自分のペースで学べ、どこにいても学べるマイクロラーニングが便利です。

スマートフォンを活用したマイクロラーニングは、常にウイルスの威勢に脅かされるパソコンで学ぶより安全です。セキュリティーも高くなります。また、スマートフォンは皆、1日 約150回見てると言われており、パソコンでパワーポイントを眺めているより、学習効果も高くなると思われます。また、今日のmicrolearningコンテンツは、単純なカードベースのトレーニングアプリよりもはるかに強力です。たとえば、ビデオ、オーディオ、インフォグラフィックス、プレゼンテーション、ロールプレーイング、ゲームなどインタラクティブな要素をコンテンツに多数含めることができます。

マイクロラーニングで新人研修

どの業界でも、従業員のトレーニングに長時間割ける余裕はありません。従業員の定着率が良くない企業では派遣やパートタイマーをスピーディーに育成し、戦力にする必要があります。それゆえ、短時間学習と一口サイズの(2分から5分)コンテンツが主体のマイクロラーニングは、短期間で集中的に従業員を訓練する最善の方法です。

たとえば、とある小売チェーンでは、マイクロラーニングを使用して、新人営業マンに、季節ごとに売れる様々な製品やサービスの仕様を習得させてます。同様に、ホスピタリティー業界では、夏期休暇やゴールデンウィーク期間のために雇用する臨時スタッフの訓練にマイクロラーニングを活用しています。マイクロラーニングは、今までPCやITと無縁だった上記のような業界のスタッフにも教育を与えることを可能にします。(皆、スマートフォンは常に持ち歩いてるので、それを利用します⇒BYOD)また、必要に応じて、スマホでトレーニング資料を参照することもできます。

マイクロラーニングはお客様最前線で働くスタッフ向けに販売・セールス技術やお客様サポートなどのトレーニングを行っています。それらのトレーニングで しっかり学習して、難しい類のお客様がいらっしゃってもしっかり対応できる能力を身に着けます。

また、小売業のスタッフは、製品の仕様やクレジット、各種支払いに関する
オプションに精通している必要があります。同様に、カスタマーサポートに携わるスタッフは、製品の仕組みやお客様からの修理・返品対応に対し説明できなければなりません。それらもモバイルを見てで覚えるようにします。
マイクロラーニングは、スタッフに短期間で素早く学ばせることに効果覿面の教育手法です。

マイクロラーニングとモバイルラーニングの組み合わせがベスト!その理由は

マイクロラーニングとモバイルラーニングの組み合わせがベスト!過去5年間で、モバイルラーニングの活用は 、あらゆる組織でのトレーニングに不可欠な要素として着実に増加しています。

特にBring Your Own Device(BYOD)ポリシーに基づく学習者のスマートフォンやタブレットの使用は、モバイルラーニングによる学習を勢いづかせました。ミレニアム世代という新しい労働力の増加も、その幅広い利用に貢献してきました。それに倣い、マイクロラーニングの導入も進みました。

最初、モバイルラーニングはフォーマルラーニング(実地研修)のサポートツールとして利用されましたが、ここ2年間 フォーマルラーニングとインフォーマルラーニングの両方に活用できることがわかりました。学習者のことを考えると短期集中訓練の方が効率が良くモバイルラーニングの導入の増加に伴い、研修のメインはマイクロラーニングとなりました。

マイクロラーニングとモバイルラーニングを組み合わせてどのように活用できるか?

「モバイルラーニングとは何?その主要な特徴は何?」

モバイルラーニングは外出先での学習を可能とします。学習者中心のアプローチであり、長所は次のとおりです。学習者は各々アクセス権限を与えられており、いつでもどこでもラーニングサイトにアクセスできます。また、学習者は全て自分のペースで学習することができます。

モバイルラーニングは同じコースをデスクトップPC、ラップトップPC、タブレット、スマートフォンで学習することができます。(マルチデバイス)現況、どこにいてもインターネットに接続は ほぼ可能なので、様々な学習ニーズに対応することができます。

企業研修の大部分でモバイルラーニングの技術を適用することができます。これらは、オンボーディング、ソフトスキル、プロフェッショナルスキル、コンプライアンスなどの多様なトレーニングニーズが含まれます。さらに、モバイルラーニングは、学びを必要としている学習者個々に学習を提供することができます。

「マイクロラーニングとは何か?」

マイクロラーニングは、名前が示すように、短い一口サイズの学習コンテンツ(ナゲット)です。ただし、従来のeラーニングの短縮版だけではありません。

それらは短くても特定の学習結果を満たすように設計されています。通常の学習時間としては2-5分とし7分を超えないくらいが適度と言われています。マイクロラーニングベースのトレーニングの需要は常にそこにありました。

以下、マイクロラーニングの優れているところです。

(1)短い学習時間でも課題を解決できる
(2)パフォーマンス・サポートに向いている
(3)より高い学習完了率を実現できる

昔、eラーニングと言えばパソコン学習でしたがそれは過去のことで、現在はモバイルで学ぶのがスタンダードです。

フォーマルラーニング

複数の学習ナゲットを組み合わせることににより個々の学習体系を作ることができます。それにより、企業の研修ニーズのほぼ全てに対応することができます。また、現状行っているフォーマルラーニングを強化し、取得した知識をすぐに仕事で活かせるようにします。さらに、特定の課題に対処するためのジャストインタイムアシストやマイクロラーニングベースの技術を標準として使用することで、組織のパフォーマンス向上に役立て、ビジネスの質を変えていくこともできます。

その他、事前のワークショップの準備をサポートしたり、セッションが終わった後の事後学習にも活用することが出来ます。

モバイルでの学習に欠かせないスマートフォンやタブレットは、短いナゲットなので外出先でも利用できます。昔のeラーニングとは対照的にパーソナライズドに学習を提供することができます。ゲーミング、ビデオ、ロールプレーイングなどのトレンドアプローチを活用してください。パフォーマンス向上にどうのように反映されるか調べてみてください。きっと高い完了率を得ることができると思います。

マイクロラーニングを試してみませんか?♯1

あなたもマイクロラーニングを試してみませんか?是非、iPhoneなどでTRYしてみてください。(あくまでもコンテンツサンプルとして使用感をお試しください)
———————————————————-
★「ITパスポート試験トライアル」サンプルURL
http://wark.sub.jp/2018sample08/iTest/ITpassport/index.html
———————————————————-
★「危険物取扱者試験トライアル」サンプルURL
http://wark.sub.jp/2018sample08/iTest/Kikenbutu/index.html
———————————————————-
★「幼稚園教諭試験トライアル」サンプルURL
http://wark.sub.jp/2018sample08/iTest/Kindergarten/index.html
———————————————————-
※本コンテンツはWARKのアイテスタロイドで制作しました

あなたの会社でMicrolearningを採用すべき理由

あなたの会社でMicrolearningを採用すべき理由。

マイクロラーニングは旧来のeラーニングコンテンツの短縮バージョンではありません。ひとつの学習ナゲットの中で内容は完結しており、学習に要する時間もおおよそ2分から5分、最大でも7分を超えないことが理想的と言われております。Microlearningは業務に必要なスキルをトレーニングすることに向いております。仕事の合間に短い時間で素早く学ぶことができるので 業務上の課題を迅速に解決していくことに役立ちます。

また、ネットが繋がるところならば いつでも、どこでも学習できるので、必要な時に必要なコンテンツにアクセスできます。さらにMicrolearningは「モバイルファース」ですが、実際はマルチ デバイスに対応に対応してますので、デスクトップ、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンどれでも問題なく学べるのが特徴です。

現在、企業研修で行われているソフトのスキル、専門技術、コンプライアンスなどもMicrolearningに置き替えられています。Microlearningは素晴らしいパフォーマンス・サポート・ツールであることは間違えありません。

2018年!今だからこそMicrolearningを採用すべき

Microlearningの活用は世界的に猛スピードで広がっています。外出先でスマートフォンを見て少し学ぶだけでも大きな効果が得られます。特にインフォーマルラーニングにおいて効果的です。なのでどこの企業でも行っている「eラーニング」とは切り離して考えてください。用途も目的も違います。また、eラーニングを補完するものでもありません。以下、Microlearningでよく言われているキーワードです。

(1)パーソナライズド (2)Just in Time (3)モバイルファースト (4)インタラクティブコンテンツ(ロールプレーイング、テスティングなど) (5)インフォーメーショングラフィックス(6)マルチデバイス、(7)コンテンツの内製化

マイクロラーニング・ストラテジーを作成

マイクロラーニングは、効果的に作られた短い学習コンテンツで学ぶものとして定義することができます。 マイクロラーニングのトレーニングスタイルは、必要な時にいつでも利用できるため、忙しい企業の学習者に向いてます。eラーニングのような「強制」ではなく、マイクロラーニングは学習がいつどこで何を学びたいかも自分で決めることが出来ます。また、マイクロラーニングは、フォーマル・トレーニングだけでなくインフォーマルなトレーニングも可能です、主にパフォーマンスの向上に焦点を当てたトレーニングに活用されたいます。

マイクロラーニングは、学習者が必要と思うときに必要な情報を提供します。 結果として、知識を効果的に得ることで仕事に上手く活かしてます。 また、マイクロラーニングはコンテンツをツールで作るため、リーズナブルな価格で制作することが可能です。また、コースを短時間で展開することができるため、米国では どこの企業も代好きです。 また更新作業もツールなのでとても簡単です。さらに研修戦略にマイクロラーニングを含める場合は、投資収益率も考慮する必要があります。

企業のマイクロラーニング戦略を作成する際に留意すべき5つの概念を以下に示します。

1. 学習者のニーズに焦点を当てる

microlearningを成功するためには学習者のニーズに焦点を当てることが必須です。彼らは忙しい人たちです。 5 分学習させるだけでも とてもードルが高いです。「それって私のためになるものですか?」と聞かれる場合もあるので、それに対して明確な答えを準備する必要があります。

まず彼らにこの学習をすることでどのような利益があるのか説得します。理想的には単元ごとに 1 つの学習成果とします。最終的には、学習者が単元の最後に彼らが欲する回答が得られるようにしておかなければなりません。 したがって、目的が達成可能であり、測定可能であることを確認してください。

2. 全員が学習可能な端末を持っていることを確認しましょう

ミレニアム世代の若者たちはハイテクに精通しており外出先での学習を好みます。彼らはそれぞれ自分の得意なモバイル端末を所持しております。所持してない高齢者に関しては端末の使い方を教えなければなりませんが、研修の一環として microlearning を検討する前に、貴社の従業員が学習にアクセスする適切なツールであることを確認する必要があります。自分のモバイル端末にビデオ プレーヤーがあるか。旅行中の場合もあるのでポッド キャストにアクセスできるか?ヘッドフォンを持ち運んでいるか?インターネットに接続できるかなど。従業員全員が携帯端末で学習にアクセスできるかが戦略上最も大事なことです。

3. 課題を奨励します。

学習コースは眠くならず興味が持続するコンテンツの提供が必須です。さまざまな課題に対するストーリーを作成する場合もあります。また、簡単なものから始まり、その後の単元で難易度を高める手法もあります。でも「簡単すぎる」「あまりにも難しすぎる」は学習者が興味を失うことになるので気を付けてください。あくまでもバランスをとる必要があります。毎週、単元(ショートコンテンツ)を一つ 受講者の端末に送信します。これは効果的です、学習が持続します。また、スコア、バッジなどを渡すとか報酬のようなもので学習の持続を奨励します。これは学習者のやる気を奮い立たせる素晴らしい方法です。

4. インフォ グラフィックやマルチメディア要素を活用する

インフォグラフィックは、短い期間での学習に最適です。インフォグラフィックは統一されたデザインで多くの情報をカバーします。インフォグラフィックは詳細な説明が無くても視覚的要素により学びをスピーディーに届けることができます。
さらに、ショートムービーやインタラクティブな(動的な)コンテンツ、例えばテスト、ロールプレー、耳で聞く(ヘッドフォンで)聞くだけのコンテンツ等もお薦めします。目標は、魅力的でインタラクティブなコンテンツを提供することです。

5. 業務に必須なコンテンツと知っていると役に立つコンテンツを区別します。

Microlearningのコースは、3 〜 5 分間です。短い分コンテンツをコンパクトにまとめなければなりません。なので不要なものは どんどん除外するべきです。どうしても必要な情報で長いものは、コンテンツの最後にPDFなどで添付してあれば良いです。Microlearningは、これからの学習方法です。最近では皆 学習する時間をたっぷり取ることは不可能に近いです。なので、短く良く設計されたコンテンツが最重要です。

社内で どんどんマイクロラーニングを活用しよう!


社内で どんどんマイクロラーニングを活用しよう!利活用シーンはいっぱいあります。例えば、研修用の動画を制作して配信する。毎朝 苦しい満員電車に乗らなくて済むように社長の朝礼動画を配信する。もちろん、業務マニュアルもすべてスマホで見られるようにできます。また、社内報は印刷して製本して配布しても誰が読んだか見たか分からないが、実は学習管理システムを使えば読んだか見たかの履歴が取得できます。マイクロラーニングを海外の事例と考えず、今からどんどん活用してください。そのお手伝いは全てWARKでやらせて頂きます。お気軽にご相談いただければ幸いです。

https://wark.jp/

効果的な Microlearning プログラムを設計するための 4 つのステップ

microlearning に関する調査によると

マネジメント研修の参加者の74%は、通常の管理研修セミナーに記載されているような
膨大な情報量を覚えて理解することは困難であると思っています。マネージメントトレーニングをより面白い方法で行うことで、92%のマネジャーが学習で得たマネジメントスキルを実ビジネスで活用する可能性が高いと思っています。

受講者の内3人のうち1人は、管理研修を強化するためのフォローアップセッションを不要と答えています。

私たちのように、同じようなマネージメントトレーニングの経験があれば、統計情報何であれ驚くことはないと確信しています。 私たちは、伝統的なトレーニング(座学の研修)が段階的に
廃止していこうと思っています。少なくとも特定の分野では学習と開発(L&D)は大きな変化を遂げています。そのツールとしてマイクロラーニングは必須となると思います。

マイクロラーニングは、一口サイズのトレーニングです。 現況の学習者個人の訓練ニーズを考慮に入れて適応学習を具体化しています。

マイクロラーニングコースは、伝統的な学習よりも300%少ない時間で、50%少ないコストで生産することができます。 また、エンゲージメントを50%増やします。インストラクショナル・デザインの伝統的な原則は、変化しつつある景観ではそれをもはや削減しません。 そこで、効果的なマイクロラーニングプログラムを設計するために必要な4つのステップと、プロセスを支援するために探索したいツールのリストをお届けします。

問題を特定する現時点でこのトレーニングが重要な理由は何ですか?組織のプロセス、技術、参加者の心理学に関する制約を理解し、確立する。 これにより、設計段階全体に焦点を当て、意思決定プロセスを迅速化するのに役立ちます。 マイクロラーニングは必ずしもすべてのシナリオの答えとは限りません。 たとえば、より没入感のある、より深い訓練方法を必要とする複雑なトピックに対処することは適切ではありません。 しかし、強化、誘導、ITシステムの実装、セキュリティの意識などの目的がある場合は、マイクロラーニングは間違い
なく道のりです!

マイクロラーニング(Microlearning)の正体1

マイクロラーニング(Microlearning)とは何か?

マイクロラーニングは端的に言えばミレニアル世代向けのトレーニングです。(2000年代に成人あるいは社会人になる世代)座学で無いとダメとか字が小さくて見えないなどは関係ないのです。想像してください!未来のラーニングに座学やパソコンで映像を見る姿など浮かんできませんよね。モバイルはもちろん目の前に突如 スクリーンが出てくるかもしれません。そう言った新しいラーニングスタイルを総称して海外では「マイクロラーニング」と呼んでいるようです。もちろん、その中にはVR(仮想現実)を使ったラーニングもAIを使ったラーニングも含まれるでしょう。

今から15年前eラーニングの全盛期がありました。パソコンで学習ができるとあって各社挙って学習管理システムやコンテンツを購入しました。そして15年経た今、時代は大きく変わり、従来のeラーニングに弊害が出てきました。情報端末の主流がパソコンからモバイルへ移行。学習履歴を取ってはいるものの今一何に活用すれば良いのかわからないなど。
その中で最も劇的な変化が現れたのがコンテンツです。マルチタスクで一人が多くの仕事を兼任する時代に1時間 ゆっくりとeラーニングコンテンツを見てる時間が無くなりました。

米国では結果、長いコンテンツが人間の集中力の限界点と言われている5分程度の短いコンテンツやテストやロールプレイングなどインタラクティブなコンテンツに変えていくことがトレンドとなりました。そして、主役はモバイル&スマートフォンです。さらにコンテンツの内容は状況の変化に合わせ、どんどん更新していくことも重要だそうです。

もちろん、今ある60分のコンテンツを5分しろと言われても無理です。60分のコンテンツを5分づつ分割しても全く意味がありません。要は以下のことを考えるようにしてください。そうすれば、マイクロラーニングへの道も開けてくると思います。

1)コンテンツはどんどん無駄を省いて短くまとめてください。

2)学習者がどんな人たちなのか、アンケートやサーベイで調べて
必要な人に対し適切なコンテンツを配信する(アダプティブ)

3)モバイル(特にスマホ)で閲覧できるようにする。

マイクロラーニングの真骨頂!AR/VRを使った教育手法!5つの事例

デジタルカルチャーの最前線に立ち、最も重要ようなアプリケーションはAR/VRと言われてます。AR&VRは、スキルを迅速に習得し、知識を拡大するための大きな手段です。この新技術を使った新しい教育手法こそマイクロラーニングの真骨頂です。マイクロラーニングはAR&VRを活用した教育も網羅します。

1.オンボーディングオンラインツアー

オンライントレーニングをAR techと組み合わせて、没入を強化します。新人社員に入社前に仕事をAR/VRで体験させます。 また、配属場所を事前に見せることにより施設を熟知させたり、お客様の前に出たときに萎縮してしまわないようにトレーニングを行います。

2.製品の説明時間の短縮

販売スタッフは座学の教育研修などやらなくてもスマホを使って新製品を詳細に調べることができます。また、マニュアル的なものだけでなく安全教育にも活用できます。倉庫で働くスタッフが重い重機に足を轢かれてしまうシミュレーション映像を体験し、事故の発生を防ぎます。

3.1000人の前で話す練習

多くの聴衆の前で話すことは慣れていない人には難しいことです。それゆえ、VRで多くの聴衆の前で話しても臆さないようトレーニングします。それにより、自信を持たせ、経験を積ませ、良いスピーカーになるよう練習させます。また経営者向けのトレーニングもあります。それは部下に話しかけたり、チーム構築やリーダーシップのスキルを磨くことに活用されます。

 

4.現実世界にはマイナスリスクが隠されている

従業員は、仮想空間で仕事を体験することができます。
これは、顧客が去ってしまう体験や危険な化学物質の取り扱いに至るまで、様々なリスクパターンを経験できます。その他、世俗的なプロセスもエキサイティングなVRデモにすることができます。例えば、嫌な感じの言葉やクレームを浴びながら販売クロージングする。などコミュニケーションスキルを向上させる手法もあります。

5.実践的なオンライン評価

VRとARも素晴らしい評価ツールです。 従業員にAR / VRシナリオやオンライントレーニング
シミュレーションに参加させ、パフォーマンスを評価させる。 すぐにフィードバックを行、
オンライントレーニング活動を再試行させ、改善方法を確認します。

 

5/17 マイクロラーニングの始め方セミナーVo1

5/17(木)15:00~東京・WARKセミナールーム(代々木)にて世界の人材教育界に旋風を巻き起こした教育ICTの新潮流「マイクロラーニング」の海外の最新情報と その「マイクロラーニング」の始め方について解説するセミナーを行います。すでに「マイクロラーニング」は2017年の米国ATD International Conference&EXPOにて最も注目を集めた新しい教育手法です。キーワードは「Mobile First」「Just in Time」「In house Production」。企業の人事、教育担当者の皆様!学校関係者の皆様!ご参加ください

————————————————————————————————
【お申込み・詳細】https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfhBwt0VAvhT98mcvLUXZ5xzOrqAbANVmHCUMeSHgE1uclNCA/viewform
————————————————————————————————–
イベント名:マイクロラーニングの始め方セミナーVo1
【日時】2018年5月17日(木)15:00~(14:30開場)
【場所】東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F WARKセミナールーム
【交通】JR山手線、大江戸線、総武線 代々木駅 徒歩3分
【参加資格】企業の人事責任者・担当者、HR関係の方、経営者など
【参加人数】10名まで 【参加費】無料 【主催】株式会社WARK
*同業の方はご参加できません。
————————————————————————————————–
【タイムスケジュール】
14:30~開場
◆15:00~15:10
『ご挨拶』 株式会社WARK代表取締役・長瀬 昭彦
◆第1部 15:10~16:10
『マイクロラーニングの始め方セミナーVo1』
内容:「マイクロラーニング」の海外の最新情報と そのコンテンツの作り方など
講師:株式会社WARK 横江功司
◆16:10~16:30~個別商談会
—————————————————————————————————

なぜマイクロラーニング学習の価値が高いのか?三つの理由

ライフスタイルの中にマイクロラーニングを取り入れることは自己啓発に大きく寄与します。この学習アプローチはL&D(教育&育成)では新しいことではありませんが、学習者にとってダイナミックで近代的な手法として注目されています。現在、 私たちの生活は急速に変化します。 丸1日かかる対面の研修(伝統的なモデル)はすでに衰退の一途を辿りつつあります。 時間面、費用面で考えてもあまりメリットがありません。マイクロラーニングが研修に対し価値をもたらすことができる理由が三つあります。

1.丸一日かかる長い研修は、短時間で行うマイクロラーニング学習に置き換えらます。今までは講師が学習者をコントロールしてましたがマイクロラーニング学習では学習者自身が学習をコントロールします。その方が学んだことをよりよく理解しします。 この学習方法はマイクロラーニングとして大きな注目を集め、日々のワークフローの一環としてスキルと知識のギャップを埋める機会となりえます。

2.熟練へのスピードを考えるなら対面で行う企業研修はあまり意味がなく、大きな費用をかけるに値しません。なのでコンテンツ作成ツールを利用して、マイクロコンテンツの制作に費用をかけた方が、実地研修をやるより よほど効率的です。

3.メールやメッセンジャーでコンテンツを配信するなどが学習機会を簡易にすることは営業チームや、異なる場所やオフィス、道路や職場、遠隔地/家庭の従業員に理想的な教育手法です。スマートフォンやタブレットを使用してトレーニング教材にアクセスできるよう設計しましょう。

マイクロラーニングコースの作成時に重要な6つのポイント

マイクロラーニングコースの作成時に重要な6つのポイントを以下に記しました。

(1)Design to Look Good on Smaller Screens
小さな画面で見栄えの良いデザインであること。

マイクロラーニングにする一番の目的は、スマートフォンで学習きるようにすることです。
そのためにはデザインが直感的でシンプルでスマートフォン対応画面であり、小さな画面でもきちんと学べることが重要です。

(2)Learn more about your Learner
学習者のことをもっと知るべきです

社員、誰もが学ばなければならない必須コースでなければ学習者自身の(個々の)スキルセットが何なのか学習前によく把握しておくことが重要です。これは、マイクロラーニング学習を始める前に簡単なアンケートをとっておけば可能です。その結果に基づいて、マイクロラーニング学習を始めるのがベストです。これは、適応学習とも言われております。

(3)Quality Content Packaged Properly
質の高いコンテンツが適切にパッケージ化されている

マイクロラーニング学習に最も重要なのはコンテンツの品質です。学習成果、目標に合ってない退屈なコンテンツをいくら派手なトラッキング特性をもったシステムに取り入れても何の役に立ちません。良いコンテンツとは、学習者の心に留まり、自発的に学習しようと思えるものです。

(4)Ensure Continuity
継続を確実にする

マイクロラーニング学習が機能しなくなる原因の1つは連続性の欠如です。そもそも長時間のコンテンツが小さなコースに分割されるため連続性の維持が重要となります。そしてよりシームレスに進行する学習体験が重要です。

(5)Granular Learning and Granular Certifications
詳細な学習と認定

マイクロラーニングで重要なのは、簡単に学習ができ、簡単にアクセスできることです。
今、トレーナーや研修・育成(L&D)スペシャリストが最も注視しているのは、いかに学習者の興味を保たせるか、しっかりと指定のコースを修了させるかです。さらに、学習終了後に認証を提供することより学習者のエンゲージメントと興味を高めることに役立ちます。

(6)Social Learning
ソーシャルラーニング

LINEやメッセンジャーのようなソーシャルネットワークを学習に追加することで、学習者はソーシャルネットワーク上での履修完了や学習レベルの完了の詳細を共有することができます。

 

Microlearning移行のヒント

◆Microlearningへの移行について

既存のeラーニングコンテンツをマイクロラーニングモジュールに移行するには、時間がかかります。すぐには終わりません! ここにいくつかのヒントがありますのでご参照ください。

1. Understand Your Target Audience
1.受講対象者がどのような学びを望んでいるのか理解する

そのコースの受講対象者がどんな人であるか考えることに時間を費やしてください。少数のユーザーを招いて、古いeラーニングコースを見て、彼らのフィードバックを聞いてください。 eラーニングそれはちょうど持続時間ですか、それとももっと何かがありますか?

学習時間が長すぎませんか?プレゼンテーションやインタラクティブ性の再考が必要かコースでドロップアウトする本当の理由を特定する必要があります。これらのすべての側面を評価し、それに応じてコースを変更できるように注意してください。そのためにはコンテンツの内製化が必須です。(外注するとそれだけ時間がかかってしまう)

2. Analyze The Content
コンテンツを分析する

次に、コンテンツの内容がどのように分かれているのか分析する必要があります。 コンテンツとアセスメント(テスト、クイズ)が同じコンテンツになっている場合は別々にアクセスできる独立したモジュールに分けてください。

3. One Module, One Topic
1つのモジュール、1つのトピック

各モジュールが単一のトピックで構成されていることを確認する必要があります。

4. Consider Mobile Devices
モバイルデバイスを検討する

マイクロラーニングを行うにはモバイル(スマートフォン、タブレット)でしっかりアクセスできること、そして、コンテンツがHTML5を使用して開発されていることが必須です。Flashを利用している場合は新しいフォーマットに合わせて変換する必要があります。

5. Explore Different Microlearning Objects
コンテンツを検索できること

コンテンツを調査・分析する際は、モバイルデバイスに適しているかどうかを確認する必要があります。 例えば、iPhone、iPad等にしっかりと画面がJUSTFITできれば問題ありません。また、コンテンツを閲覧した後、テストやクイズをやると効果的です。

マイクロラーニングを用いた人材育成戦略は、変化のスピードが急速な現代に最もマッチしています。 最も重要なことは、学習者が必要な時、すぐにコンテンツにアクセスできるようにすることです。パフォーマンスのサポートの分野でマイクロラーニングは最も効果的な手法であると言えます。長くてダラダラ、講義を収録しただけのeラーニングコンテンツは、早くマイクロラーニングモジュールに移行する必要があります。従来のeラーニングは時代遅れの産物と言えます。

皆、マイクロラーニングに移行を検討しています

長時間、退屈なeラーニングコースで学びたい人は もういません!多くの人がマイクロラーニングに移行を検討しています。

数年前の話ですが、当時の最新技術を基に設計された優れたeラーニングコースがありました。 そのコースはFlashを使用し作成されたアニメーション、優れたオーディオおよびビデオにより形成評価および総括評価が得られました。ただ、それを最初に展開したのは ちょうど4年前!その時はとても高評価でしたが徐々にそれらのコースの受講率は落ち始めました。

eラーニングコースの途中離脱率が高いという原因の一つは、その学習期間に詰め込まれたコンテンツの量です。 ほとんどのコンテンツは50分近くの長いものが多かったです。

それゆえ、45〜60分の長いeラーニングコースは廃止しました。 誰もこんな長いコースを作っても見ません。 しかし、既存のコンテンツには良いものもあり使えるものもあります。
ただし、それらをそのまま使うのは愚策です。時代に合わせコンテンツの更新が必要です。

また、昔のコンテンツをすべて捨てる必要もございません。ツールを活用してマイクロラーニング化する方法もあります。

既存のeラーニングをマイクロラーニングに移行することを推奨します。

マイクロラーニング実装のための5つのポイント

マイクロラーニング実装のための5つのポイントを説明します。

1. ショートムービー

従来の企業のトレーニング映像(eラーニング)は長くて評判が悪かったです。 受講者は皆 退屈でモチベーションが保てず、それゆえ eラーニングの価値も段々低いものになりました。しかし、マイクロラーニングの出現によりコンテンツも短くシンプルになり、とても学びやすくなりました。トレーニング中の最も重要な部分のみにフォーカスし不要な部分をカットした最大6〜7分のショートムービーで大きな学習効果を上げると言われてます。

2.インタラクティブなコンテンツ制作ツールによる作成

人事マネージャーや研修スタッフから最もよく聞く苦情は、コンテンツが無意味に長くて嫌になってしまうところです。これは、受講者の無関心につながり、皆、上の空で聞いてると報告がありました。 それらを解消する最も簡単な方法の1つは、インタラクティブなインターフェイスを利用することです。単なる映像だけではなくロールプレイング他 様々なコンテンツが作れるソフトウェアにより短く楽しく効果の高いコンテンツを作成する必要があります。

3.クイズを入れましょう!

学習コースを閲覧した後は、記憶を定着化させるためクイズを取り入れると良いでしょう。マイクロラーニングに、この手法は必須です。 クイズを見せられると、学習者は提供されたコンテンツを本能的に覚えていきます。 またテストの数は10問を上限とすると良いと思います。

4.ゲーミフィケーション

もしもあればの話ですが学習をゲームに変えるテクノロジーがあれば、それが最も学習効果が高いコンテンツになると思います。もちろん、ポイントを集めたり キャラクターのレベルがパワーアップしたりするシステムは普通にありますが、もっと高いレベルでのゲーミフィケーションがあれば、もっともっと学習効果は上がると確信しています。

5.インフォグラフィックス

インフォグラフィックスは、情報をコンパクトにし、とても分かりやすい形式で説明します。 グラフィックス、チャート、イメージが一体となってユニークな学びを得られます。

マイクロラーニング(Microlearning)とは何か?

マイクロラーニング(Microlearning)とは何か?

企業研修においてマイクロラーニング(Microlearning)は、eラーニングを単に短くしたものではありません。例えば30分のeラーニングコンテンツを5つのファイルに分割しただけのものはマイクロラーニングと言いません。マイクロラーニングは具体的な学習成果を満たすために設計された短いナゲットコンテンツ(約3~7分の学習コンテンツ) で学習することを言います。マイクロラーニングを活用することで企業研修を円滑に進めることができます。

マイクロラーニングにおいて最も重要なことは?

第一に全てのデバイスで使用できるように設計されていること(マルチデバイス機能)デスクトップPC、ラップトップPC、タブレットおよびまたはスマートフォンで使用できることが必須です。第二に入社(入店)前に行うトレーニングのサポートやパフォーマンスの強化に活用できること。第三にJIT(Just-In-Time Learning)学びたいと思ったとき すぐその場で学べることが重要です。

マイクロラーニングに適した学習

フォーマルなトレーニングやパフォーマンスサポート。その他、インストラクターによるコーチングでの事前事後学習など。企業研修におけるマイクロラーニングは、リッチメディアフォーマット(HTML5など)、インタラクティブビデオ、テスティングツールをうまく活用した魅力的で没入感のある学習を体験できることが重要だと言われてます。

マイクロラーニングを採用するメリットは何ですか?

1)時間の節約 2)モバイルによるより良い学習体験 3)学びたい時 すぐに学べる
4)学習者中心の教育設計が可能 5)アクセシビリティ&フレキシブル

ビジネス上のメリット

1,マイクロラーニングを上手く活用すれば企業のトレーニングニーズの大半を満たすことができます。
2,旧来のeラーニングと比較して学習時間が短くより効率的です。
3,コンテンツ開発の期間が短く安くなります。
4,マイクロラーニングは、ツールを使って内製化するので更新も修正も簡単にできます。
5,企業研修においてより高いインパクトを作り出すことができます

マイクロラーニング(Microlearning)である5つの条件

1,スマートフォンでもPCでもデバイスを選ばず学びたい時に学べる
2,メールやメッセンジャーなどを活用して すぐにコンテンツにアクセスできること
3,ユニットの学習時間を5分以内で終えることができる
4,ツールを活用し新鮮味あふれるコンテンツを作成し、古くならないよう日々更新する
5,クイズやロールプレイングなどを盛り込みインタラクティブなコンテンツであること

© 2019 マイクロラーニング ジャーナル

Up ↑

Copyright 2016 WARK co.ltd.