マイクロラーニング ジャーナル

マイクロラーニング(Microlearning)とは?

Category: モバイルラーニング

マイクロラーニングで販促技術を強化する

マイクロラーニングで販促技術を強化する

プロフェッショナルなセールスマンは間違いなく、年次でセールス・キックオフ・ミーティング、プロダクト・ローンチトレーニング・セッションなど 多くのタスクがあります。それらの教育に関して今までは達成度も測れず、如何ともし難い座学研修を段階的に(階層別に)受けさせられてきました。

しかし経営層はこれらの座学研修に納得しておりません。
経験の浅いセールスマンにも業績知識レベルの高い営業担当者と同じ知識とスキルを学ぶことを望みます。

たとえば、ストーリーテリング(講談)、セールスメッセージのやりとりの訓練、プレゼンテーションスキルなどの重要なスキルも磨かせたいと思っています。
知識はセールス担当者の通貨であり、営業担当者のセールストレーニングと実践訓練があり、営業担当者の売上げ向上に役立ちます。しかし現実は、これらのプロセスに教室で行う座学の研修は有効ではないと言われております。

いくつか統計的に見てみましょう:営業担当者の約55%が基本的な営業スキルが不足しています。座学で学習されたコンテンツの約50%は5週間以内に忘れられ、84%は90日間以内に忘れられます。しかし、米国の企業はその効果が疑わしい座学の研修に年間160億ドルを費やし続けています。

企業が投資する時間と資金から考えれば、研修時間を増やしたり、予算を増やしたりすること自体ナンセンスです。むしろ、根本的な問題解決としては、同時間に人を集めて一回こっきり行う研修よりも業務の合間に少しづつ行う研修を数多くやる方が効果的です。

年に一度のセールス研修(座学)や、企業の学習管理システムを通じて提供される研修をアーカイブ化しただけのeラーニングコースなどは正直、あまり役立ちません。如何にして効率的かつ効果的な学習法を考える。要するに学びと知識を如何に定着化させるかが大切だと考えられています。

マイクロラーニングと販促シミュレーションの組み合わせ

マイクロラーニングは、学習の連続性を重視します。忘却を防ぐために ある程度間隔を開け短いコンテンツを繰り返し行わせる、これに販促のシミュレーショントレーニングを組み合わせると最も高い効果を出すことができます。まず、基礎知識を習得するトレーニングとして短いコンテンツ(チャンク)が数度に渡って配信されますこれにより短い期間で高利率良く知識を習得することが出来ます。

しかし、そのナレッジを記憶に保持するには意識的な努力が必要です
マイクロラーニングで得た知識が現場での体験として再現されないと人は忘れていってしまうものです。私たちは1日に膨大な量の情報をインプットするので
重要だと判断した以外の情報は見過ごすよう脳が進化してしまいました。逆に見過ごしてしまった情報があれば、それをマイクロラーニングによる習得することはとても大切だと言えます。

マイクロラーニングを効率的に行うためのテクニックそしては、ケーススタディーを閲覧する、クイズ・テスト、シミュレーション、ロールプレーイングなど様々な手法があります。このようなコンテンツだと忙しい人々にも喜んで活用していただけます。また、新しいコンテンツを連続して その日中に配信したり数日おき 数週間おきに配信するととても効果的です。、実際の研究では、間隔を空けた繰り返し学習を行うとナレッジの忘却を30〜55%改善されたと言われてます。

多くの成功した販売組織は、強化学習と、クイズやフラッシュカードなどの間隔を空けた繰り返しテクニックを使用しています。

また、セールスのキックオフや製品トレーニングより効果的に学習させるコツは
一定の間隔で見ることが出来る小さな映像コンテンツ(画像を活用したものも含む)を活用すると良いでしょう。その他のベストプラクティスとしては、シミュレーションやロールプレイなどのゲーミングコンテンツや内製化されたコンテンツも含まれます。これらのコンテンツを一定期間 定期的に配信します。また これらの技術を使用することにより、脳の前頭前野から、海馬の大容量長期記憶に情報が移動し、後でそれらを引き出すのに労力が少なくなてすみます。営業担当者は、現場で課題が発生した時、その課題解決のためのナレッジをマイクロラーニングで補足していきます。

マイクロラーニングとモバイルラーニングの組み合わせがベスト!その理由は

マイクロラーニングとモバイルラーニングの組み合わせがベスト!過去5年間で、モバイルラーニングの活用は 、あらゆる組織でのトレーニングに不可欠な要素として着実に増加しています。

特にBring Your Own Device(BYOD)ポリシーに基づく学習者のスマートフォンやタブレットの使用は、モバイルラーニングによる学習を勢いづかせました。ミレニアム世代という新しい労働力の増加も、その幅広い利用に貢献してきました。それに倣い、マイクロラーニングの導入も進みました。

最初、モバイルラーニングはフォーマルラーニング(実地研修)のサポートツールとして利用されましたが、ここ2年間 フォーマルラーニングとインフォーマルラーニングの両方に活用できることがわかりました。学習者のことを考えると短期集中訓練の方が効率が良くモバイルラーニングの導入の増加に伴い、研修のメインはマイクロラーニングとなりました。

マイクロラーニングとモバイルラーニングを組み合わせてどのように活用できるか?

「モバイルラーニングとは何?その主要な特徴は何?」

モバイルラーニングは外出先での学習を可能とします。学習者中心のアプローチであり、長所は次のとおりです。学習者は各々アクセス権限を与えられており、いつでもどこでもラーニングサイトにアクセスできます。また、学習者は全て自分のペースで学習することができます。

モバイルラーニングは同じコースをデスクトップPC、ラップトップPC、タブレット、スマートフォンで学習することができます。(マルチデバイス)現況、どこにいてもインターネットに接続は ほぼ可能なので、様々な学習ニーズに対応することができます。

企業研修の大部分でモバイルラーニングの技術を適用することができます。これらは、オンボーディング、ソフトスキル、プロフェッショナルスキル、コンプライアンスなどの多様なトレーニングニーズが含まれます。さらに、モバイルラーニングは、学びを必要としている学習者個々に学習を提供することができます。

「マイクロラーニングとは何か?」

マイクロラーニングは、名前が示すように、短い一口サイズの学習コンテンツ(ナゲット)です。ただし、従来のeラーニングの短縮版だけではありません。

それらは短くても特定の学習結果を満たすように設計されています。通常の学習時間としては2-5分とし7分を超えないくらいが適度と言われています。マイクロラーニングベースのトレーニングの需要は常にそこにありました。

以下、マイクロラーニングの優れているところです。

(1)短い学習時間でも課題を解決できる
(2)パフォーマンス・サポートに向いている
(3)より高い学習完了率を実現できる

昔、eラーニングと言えばパソコン学習でしたがそれは過去のことで、現在はモバイルで学ぶのがスタンダードです。

フォーマルラーニング

複数の学習ナゲットを組み合わせることににより個々の学習体系を作ることができます。それにより、企業の研修ニーズのほぼ全てに対応することができます。また、現状行っているフォーマルラーニングを強化し、取得した知識をすぐに仕事で活かせるようにします。さらに、特定の課題に対処するためのジャストインタイムアシストやマイクロラーニングベースの技術を標準として使用することで、組織のパフォーマンス向上に役立て、ビジネスの質を変えていくこともできます。

その他、事前のワークショップの準備をサポートしたり、セッションが終わった後の事後学習にも活用することが出来ます。

モバイルでの学習に欠かせないスマートフォンやタブレットは、短いナゲットなので外出先でも利用できます。昔のeラーニングとは対照的にパーソナライズドに学習を提供することができます。ゲーミング、ビデオ、ロールプレーイングなどのトレンドアプローチを活用してください。パフォーマンス向上にどうのように反映されるか調べてみてください。きっと高い完了率を得ることができると思います。

© 2018 マイクロラーニング ジャーナル

Up ↑

Copyright 2016 WARK co.ltd.