どの業界でも、従業員のトレーニングに長時間割ける余裕はありません。従業員の定着率が良くない企業では派遣やパートタイマーをスピーディーに育成し、戦力にする必要があります。それゆえ、短時間学習と一口サイズの(2分から5分)コンテンツが主体のマイクロラーニングは、短期間で集中的に従業員を訓練する最善の方法です。

たとえば、とある小売チェーンでは、マイクロラーニングを使用して、新人営業マンに、季節ごとに売れる様々な製品やサービスの仕様を習得させてます。同様に、ホスピタリティー業界では、夏期休暇やゴールデンウィーク期間のために雇用する臨時スタッフの訓練にマイクロラーニングを活用しています。マイクロラーニングは、今までPCやITと無縁だった上記のような業界のスタッフにも教育を与えることを可能にします。(皆、スマートフォンは常に持ち歩いてるので、それを利用します⇒BYOD)また、必要に応じて、スマホでトレーニング資料を参照することもできます。

マイクロラーニングはお客様最前線で働くスタッフ向けに販売・セールス技術やお客様サポートなどのトレーニングを行っています。それらのトレーニングで しっかり学習して、難しい類のお客様がいらっしゃってもしっかり対応できる能力を身に着けます。

また、小売業のスタッフは、製品の仕様やクレジット、各種支払いに関する
オプションに精通している必要があります。同様に、カスタマーサポートに携わるスタッフは、製品の仕組みやお客様からの修理・返品対応に対し説明できなければなりません。それらもモバイルを見てで覚えるようにします。
マイクロラーニングは、スタッフに短期間で素早く学ばせることに効果覿面の教育手法です。