デジタルカルチャーの最前線に立ち、最も重要ようなアプリケーションはAR/VRと言われてます。AR&VRは、スキルを迅速に習得し、知識を拡大するための大きな手段です。この新技術を使った新しい教育手法こそマイクロラーニングの真骨頂です。マイクロラーニングはAR&VRを活用した教育も網羅します。

1.オンボーディングオンラインツアー

オンライントレーニングをAR techと組み合わせて、没入を強化します。新人社員に入社前に仕事をAR/VRで体験させます。 また、配属場所を事前に見せることにより施設を熟知させたり、お客様の前に出たときに萎縮してしまわないようにトレーニングを行います。

2.製品の説明時間の短縮

販売スタッフは座学の教育研修などやらなくてもスマホを使って新製品を詳細に調べることができます。また、マニュアル的なものだけでなく安全教育にも活用できます。倉庫で働くスタッフが重い重機に足を轢かれてしまうシミュレーション映像を体験し、事故の発生を防ぎます。

3.1000人の前で話す練習

多くの聴衆の前で話すことは慣れていない人には難しいことです。それゆえ、VRで多くの聴衆の前で話しても臆さないようトレーニングします。それにより、自信を持たせ、経験を積ませ、良いスピーカーになるよう練習させます。また経営者向けのトレーニングもあります。それは部下に話しかけたり、チーム構築やリーダーシップのスキルを磨くことに活用されます。

 

4.現実世界にはマイナスリスクが隠されている

従業員は、仮想空間で仕事を体験することができます。
これは、顧客が去ってしまう体験や危険な化学物質の取り扱いに至るまで、様々なリスクパターンを経験できます。その他、世俗的なプロセスもエキサイティングなVRデモにすることができます。例えば、嫌な感じの言葉やクレームを浴びながら販売クロージングする。などコミュニケーションスキルを向上させる手法もあります。

5.実践的なオンライン評価

VRとARも素晴らしい評価ツールです。 従業員にAR / VRシナリオやオンライントレーニング
シミュレーションに参加させ、パフォーマンスを評価させる。 すぐにフィードバックを行、
オンライントレーニング活動を再試行させ、改善方法を確認します。