microlearning に関する調査によると

マネジメント研修の参加者の74%は、通常の管理研修セミナーに記載されているような
膨大な情報量を覚えて理解することは困難であると思っています。マネージメントトレーニングをより面白い方法で行うことで、92%のマネジャーが学習で得たマネジメントスキルを実ビジネスで活用する可能性が高いと思っています。

受講者の内3人のうち1人は、管理研修を強化するためのフォローアップセッションを不要と答えています。

私たちのように、同じようなマネージメントトレーニングの経験があれば、統計情報何であれ驚くことはないと確信しています。 私たちは、伝統的なトレーニング(座学の研修)が段階的に
廃止していこうと思っています。少なくとも特定の分野では学習と開発(L&D)は大きな変化を遂げています。そのツールとしてマイクロラーニングは必須となると思います。

マイクロラーニングは、一口サイズのトレーニングです。 現況の学習者個人の訓練ニーズを考慮に入れて適応学習を具体化しています。

マイクロラーニングコースは、伝統的な学習よりも300%少ない時間で、50%少ないコストで生産することができます。 また、エンゲージメントを50%増やします。インストラクショナル・デザインの伝統的な原則は、変化しつつある景観ではそれをもはや削減しません。 そこで、効果的なマイクロラーニングプログラムを設計するために必要な4つのステップと、プロセスを支援するために探索したいツールのリストをお届けします。

問題を特定する現時点でこのトレーニングが重要な理由は何ですか?組織のプロセス、技術、参加者の心理学に関する制約を理解し、確立する。 これにより、設計段階全体に焦点を当て、意思決定プロセスを迅速化するのに役立ちます。 マイクロラーニングは必ずしもすべてのシナリオの答えとは限りません。 たとえば、より没入感のある、より深い訓練方法を必要とする複雑なトピックに対処することは適切ではありません。 しかし、強化、誘導、ITシステムの実装、セキュリティの意識などの目的がある場合は、マイクロラーニングは間違い
なく道のりです!