◆Microlearningを活用した職場でインフォーマルラーニングを促進する方法

インフォーマルラーニングの学習動機は情熱により掻き立てられる、彼らは、興味を持っているし、自分のペースで学ぶ学習内容を選択して学習ができます。microlearning を活用して、どのようにインフォーマルラーニングを促進することができるのでしょうか

インフォーマルラーニングとは何?

学習者の興味・関心、好み、及び関連して「知りたいから知る」「学びたいことを学ぶ」のがインフォーマルラーニングです。学習者は自身のペースで学びを
コントロールすることができます。ここでは、インフォーマルラーニングの成功は全て学習者に委ねられていることに注目です。 インフォーマルラーニングにより学ぶ学習者は、しっかりした目標を持っており常に探求心旺盛です。

また、正式な研修やeラーニングとは異なり、構造化されたコンテンツやプログラムだけでなく、日常の作業中に同僚や高齢者と教えあったり学びあったりすることもインフォーマルラーニングと言われております。インフォーマルラーニングは自発的であり、学習者自身の好奇心をくすぐり、各々の関心事が見つかるたびに学びが深くなっていきます。仕事の中で面白い発見があったり、新しい知識を得たり、新しい技法を学習したり、現在持っているスキルを向上させたりすることで満足感を得ることが出来ます。

職場でのインフォーマルラーニングにおいてもマイクロラーニングはとても効果的でありもしマイクロラーニングを活用するなら、以下の5つのフォーマットが有用です。

(1)インタラクティブなコンテンツ(テスト、クイズなど)
(2)電子書籍(電子マニュアル含む)
(3)説明用の動画(スライド&ナレーション)
(4)分岐シナリオベースのシミュレーション
(5)キネティックテキストアニメーション。