あなたの会社でMicrolearningを採用すべき理由。

マイクロラーニングは旧来のeラーニングコンテンツの短縮バージョンではありません。ひとつの学習ナゲットの中で内容は完結しており、学習に要する時間もおおよそ2分から5分、最大でも7分を超えないことが理想的と言われております。Microlearningは業務に必要なスキルをトレーニングすることに向いております。仕事の合間に短い時間で素早く学ぶことができるので 業務上の課題を迅速に解決していくことに役立ちます。

また、ネットが繋がるところならば いつでも、どこでも学習できるので、必要な時に必要なコンテンツにアクセスできます。さらにMicrolearningは「モバイルファース」ですが、実際はマルチ デバイスに対応に対応してますので、デスクトップ、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンどれでも問題なく学べるのが特徴です。

現在、企業研修で行われているソフトのスキル、専門技術、コンプライアンスなどもMicrolearningに置き替えられています。Microlearningは素晴らしいパフォーマンス・サポート・ツールであることは間違えありません。

2018年!今だからこそMicrolearningを採用すべき

Microlearningの活用は世界的に猛スピードで広がっています。外出先でスマートフォンを見て少し学ぶだけでも大きな効果が得られます。特にインフォーマルラーニングにおいて効果的です。なのでどこの企業でも行っている「eラーニング」とは切り離して考えてください。用途も目的も違います。また、eラーニングを補完するものでもありません。以下、Microlearningでよく言われているキーワードです。

(1)パーソナライズド (2)Just in Time (3)モバイルファースト (4)インタラクティブコンテンツ(ロールプレーイング、テスティングなど) (5)インフォーメーショングラフィックス(6)マルチデバイス、(7)コンテンツの内製化