マイクロラーニングとモバイルラーニングの組み合わせがベスト!過去5年間で、モバイルラーニングの活用は 、あらゆる組織でのトレーニングに不可欠な要素として着実に増加しています。

特にBring Your Own Device(BYOD)ポリシーに基づく学習者のスマートフォンやタブレットの使用は、モバイルラーニングによる学習を勢いづかせました。ミレニアム世代という新しい労働力の増加も、その幅広い利用に貢献してきました。それに倣い、マイクロラーニングの導入も進みました。

最初、モバイルラーニングはフォーマルラーニング(実地研修)のサポートツールとして利用されましたが、ここ2年間 フォーマルラーニングとインフォーマルラーニングの両方に活用できることがわかりました。学習者のことを考えると短期集中訓練の方が効率が良くモバイルラーニングの導入の増加に伴い、研修のメインはマイクロラーニングとなりました。

マイクロラーニングとモバイルラーニングを組み合わせてどのように活用できるか?

「モバイルラーニングとは何?その主要な特徴は何?」

モバイルラーニングは外出先での学習を可能とします。学習者中心のアプローチであり、長所は次のとおりです。学習者は各々アクセス権限を与えられており、いつでもどこでもラーニングサイトにアクセスできます。また、学習者は全て自分のペースで学習することができます。

モバイルラーニングは同じコースをデスクトップPC、ラップトップPC、タブレット、スマートフォンで学習することができます。(マルチデバイス)現況、どこにいてもインターネットに接続は ほぼ可能なので、様々な学習ニーズに対応することができます。

企業研修の大部分でモバイルラーニングの技術を適用することができます。これらは、オンボーディング、ソフトスキル、プロフェッショナルスキル、コンプライアンスなどの多様なトレーニングニーズが含まれます。さらに、モバイルラーニングは、学びを必要としている学習者個々に学習を提供することができます。

「マイクロラーニングとは何か?」

マイクロラーニングは、名前が示すように、短い一口サイズの学習コンテンツ(ナゲット)です。ただし、従来のeラーニングの短縮版だけではありません。

それらは短くても特定の学習結果を満たすように設計されています。通常の学習時間としては2-5分とし7分を超えないくらいが適度と言われています。マイクロラーニングベースのトレーニングの需要は常にそこにありました。

以下、マイクロラーニングの優れているところです。

(1)短い学習時間でも課題を解決できる
(2)パフォーマンス・サポートに向いている
(3)より高い学習完了率を実現できる

昔、eラーニングと言えばパソコン学習でしたがそれは過去のことで、現在はモバイルで学ぶのがスタンダードです。

フォーマルラーニング

複数の学習ナゲットを組み合わせることににより個々の学習体系を作ることができます。それにより、企業の研修ニーズのほぼ全てに対応することができます。また、現状行っているフォーマルラーニングを強化し、取得した知識をすぐに仕事で活かせるようにします。さらに、特定の課題に対処するためのジャストインタイムアシストやマイクロラーニングベースの技術を標準として使用することで、組織のパフォーマンス向上に役立て、ビジネスの質を変えていくこともできます。

その他、事前のワークショップの準備をサポートしたり、セッションが終わった後の事後学習にも活用することが出来ます。

モバイルでの学習に欠かせないスマートフォンやタブレットは、短いナゲットなので外出先でも利用できます。昔のeラーニングとは対照的にパーソナライズドに学習を提供することができます。ゲーミング、ビデオ、ロールプレーイングなどのトレンドアプローチを活用してください。パフォーマンス向上にどうのように反映されるか調べてみてください。きっと高い完了率を得ることができると思います。