マイクロラーニング(Microlearning)は従来のeラーニングに比べ、コンテンツが短くシンプルで分かりやすく作られているため記憶に残りやすいと言われております。あるドイツの研究者は、2015年にマイクロラーニング学習により記憶の保持率を20%改善したと報告したそうです。

1.Just In Time

マイクロラーニング(Microlearning)は、あらゆる組織にマッチした理想的なトレーニングツールです。必要に応じていつでもどこでも(パソコンの前で無くても)オンデマンド学習を行えます。学習者は、与えられたコンテンツを強制的にやらされるのではなく、自分のペースで学習することができます。

2.学習トピックの使いやすさ

マイクロラーニング(Microlearning)のコンテンツは基本的にはスマートフォンで学習するよう設計されています。なので、学習者はいつでもどこでも学習コンテンツにアクセスできます。

3.開発時間の短縮

マイクロラーニング(Microlearning)はコンテンツ制作ツールで作成するので開発時間が短くてすみますし、更新も迅速に行うことが出来ます。また、テンプレートの活用により(コンテンツの)開発コストも急速に減少しました。豊富なコンテンツライブラリーもサクサクとスピーディーに作れるようになりました。

4.企業研修における幅広い応用分野

学習戦略としてのマイクロラーニングは、セールストレーニング、コンプライアンストレーニング、CSR、従業員のマニュアルなど、さまざまな企業トレーニングに活用されています。さらに、マイクロコンテンツは、コンテンツを検索することにより受講者がアダプティブに学習することができます。また、パフォーマンスサポートツールとしても活用できますし、既存のトレーニングとも併用することもできます。

5.次世代の人材育成戦略

マイクロラーニング(Microlearning)は、既存のトレーニングを全てモバイルテクノロジーに置き替え、実地研修が無くても人を育成できるような仕掛けを作ることが目標です。そのためには、従業員が常にモバイルで学習をする下地を作っていくことが重要です。