学習する環境は、近年、テクノロジーの進化に伴い劇的に変化しました。特に企業内研修においては、教室で教科書を見ながら行う形はどんどんオンラインにシフトしています。最近の傾向では通勤途中、休憩時間中にコーヒーを飲みながら、また、ビーチで日光浴をしている間に学習してしまう人が急増しているそうです。これらも、ラーニングのモビリティー化(スマホ化)が成せる技でしょう。

最近のラーニングトレンドは「gamification」「スマホ学習」「シナリオ ベース学習(ロールプレーイング)」です。以前は、eラーニングを受講させることが大きな目標でしたが具体的な成果の実現に向けて、マイクロラーニング、eラーニングを行うようになってきました。それゆえ様々な手法が試されるようになりました。

また、一回の研修に多くの内容を詰め込んでも、一気に忘れられてしまうことが科学的に証明されました。それゆえ、テクノロジーを活用して少しづつ学習を小分けにして学んでいくスタイルが、今後のトレンドとなっていくでしょう。学習をパソコンでやるだけでなく、運用面も重要視され始めました。

Microlearning は、ビジネストレーニングの中では最も効果的なアプローチの 1 つです。その最大のメリットは、現代人の多忙なスケジュールに適した3、7 分間の短いコンテンツ(ナゲット)で学習できることです。そして、全従業員が、いつでも、あらゆるデバイス(スマホ、タブレット、PC)からアクセスできるので、とても効率的です。以下、マイクロラーニングを実現させるためのキーワードを記しておきました。

(1)ビデオ学習
ビデオ(映像)ベースのラーニング ・ モジュールは、記憶に残しやすく企業研修をコンテンツ化するには最も適している手法です。世界の人々 の約 65% は、授業をICTするのにこの手法を持ちいてるそうです。また、ビデオ学習は映像を見るだけのシンプルな仕組みなので、学ぶ側への操作説明も必要なくとても便利です。仕事と生活の中で学ぶことが出来ます。

(2)モバイル学習
モバイル学習はパフォーマンスのサポートとして有効です。学習者が特定の場所に行く必要がありません。特にマイクロラーニングツールであれば、どんなデバイス(スマホ、パッド、PC)でもアクセス可能であり短い受講時間で効率よく学べます。また、企業内の各事業のニーズ合わせたなインタラクティブなコンテンツを配信することもできます。

(3)シナリオベース学習(ロールプレーイング)
営業マンのトレーニングとして良く使われるロールプレーイングですがモバイル上で従業員にロールプレーイングを体験させることも可能です。従業員が自らの判断で設問に回答しで判断力を養うトレーニングができます。実際には様々な危険があっても、何度も間違えを犯すことができます。シナリオベース学習が現場で行えるのが、マイクロラーニングの真骨頂です。

(4)パーソナライズされたカリキュラム
学習コンテンツは学習者の経験や能力を元にパーソナライズされたコンテンツ配信が必要です。複雑で長いトピックは小さなスタンドアロンのコンテンツに分割し、効率的な学習ができるよう作り直すことをオススメします。