今までeラーニング教材の主力として活躍してきたフラッシュ「adobe flash」は、2020 年までに存在しなくななります。なので現在 どこの企業も学校もフラッシュコンテンツをHTML5のコンテンツに作り替えています。

HTML5で作ったコンテンツは、デスクトップPCだけでなく、スマート フォンやタブレットなど どんなデバイスでもアクセスできます。ただしモバイルで学習するコースは画面サイズ、容量、含めデスクトップPCで行っていたeラーニングコースと違います。なので、FlashコンテンツをHTML5に技術的に変換するだけでは意味がありません。

したがって効果的なトレーニングを提供するには現代に合わせコンテンツ(コース)を作り替える必要があります。そのための留意点をいくつか書き記しておきました

(1)画像がPC、スマホ両方に互換性があることを確認します。
(2)モバイル版のコースならナビゲーションがシンプルで直感的でなくてはならない。
(3)ナビゲーション ボタンが大きいサイズであることを確認します。
(4)各画面の制限 600 文字にする。
(6)コースをオンラインで使用します。
(7)PPTアニメーションはモバイルでは不要!削除する
(8)学習時間はどんなに長くても5-10分にする。

以上、ご参考にしてください。