SCORM準拠

キャンバスLMSは、主にK-12と高等教育(米国学校教育)の両方に適応するよう設計されています。 それは学習者は皆、直感的操作できるところが特徴で 柔軟性があります。また、さまざまな学習方法に合わせてカスタマイズもできます。さらに本システムは信頼性の高いAWSのホスティングによるものです。利用者のニーズに合わせて、ホワイトペーパー、インフォグラフィック、ビデオ、その他の教材が掲載されています。その他の主な機能としては、共同作業スペース、カスタムユーザープロファイル、オーディオおよびビデオメッセージ、RSSサポートなどがあります。https://www.canvaslms.com/

その名前が示すように、Schoologyは学校、学術機関用に作られたLMS(学習管理システム)です。 特にK-12と言って幼稚園入学後の12年間にフォーカスを当てております。どちらかというと学習パフォーマンスの改善とっ評価管理に良く使われており、コラボレーションを促進し学習パーソナライズ化を実現します。また、200を超えるツールが組み込まれているのが特徴で、カレンダー、メッセージング、コンテンツ共有ツール、コラボレーションワークスペース、Webサイト作成ツールなどがあります。その他の重要な機能としてはは、自動採点システム、カスタムアプリ、オープンアクセス統合、カリキュラム管理機能などがあります。 https://www.schoology.com/

SkyPrepは、大小500以上グローバル企業で使われており、システムは非常に直感的でユーザーフレンドリーな UIが特徴とのこと。高機能な割にはリーズナブルな価格帯が魅力とのことです。(サポートも良し)インターフェースは見た感じ、シンプルで使い勝手が良さそうです。インターフェースからの入力選択により、すばやくコンテンツを作成できます。カスタムビデオやオーディオファイルを埋め込むことで、リッチメディア・コンテンツ作成を強化しています。また、受講者のの進歩を測定し、知識のギャップを特定するための直感的なレポートと標準的な分析も付属しています。管理者は、課題や宿題をアップロードすることもできます。その他、コースを販売するための市場、リアルタイムのレポート作成、および多言語サポートもあります。https://skyprep.com/


Derbyware は、試験、クイズおよび認証(サーティフィケーション)機能に優れたプラットフォームです。様々な種類のテストや認定試験を作ることが出来。スコア結果は即時に表示さます。主に大学、学術機関で使われているとのこと。また、誰でも簡単に使えるオンラインテストメーカーや自動結果計算機能も装備されています。作ったテストコンテンツはWebサイト、ソーシャルメディアチャンネル、その他のプラットフォームに埋め込むことも可能です。

——————————————————————————————————————
本評価は1)コンテンツ作成ツール、2)コミュニケーション&コラボレーション機能、3)マルチデバイス(あらゆるデバイスで学習できる)、4)認定証発行機能の精度、5)テスト&クイズ機能の精度、6)学習測定&分析の精度、分かりやすさなどで評価されています。※出展:米国ファイナンスオンライン社