今、世界の教育界で最も注目を浴びている大学!それはミネルバ大学。
世界トップクラスの大学に受かってもミネルバ大学を選ぶ人がいるほどの人気だそうです。
大学なのに、ミネルバ大学には校舎が無く学生は世界7都市(サンフランシスコ、ソウル、
ハイデラバード、ベルリン、ブエノスアイレス、ロンドン、台北)を旅して学ぶそうです。
授業は全てオンライン、反転授業を中心に授業を行っています。

以下、ミネルバ大学の詳細です。

ミネルバ大学(Minerva Schools at KGI)は、「21世紀最初のエリート大学」として設立さ
れた新しい大学であり、サンフランシスコに拠点を置き、「高等教育の再創造」を掲げる
ミネルバ・プロジェクト(Minerva Project)社が運営する。

キャンパスを持たず、講義はすべてオンラインで行われるが、学生は寮で共同生活を営む。
そして、寮は世界の7カ国を転々とする。ディスカッション中心の授業や、企業や政府、
自治体と協働して進めるプロジェクトを通じて課題解決の手法を学ぶ ハーバード、スタン
フォード、ケンブリッジなどの名門大学を辞退して進学する学生がいる。 開校直後から、
1年生終了時のクリティカル思考力を測定する外部テストで全米の大学の中で圧倒的1位の
成績を収めた2014年入学の一期生は来年卒業予定。起業を志す学生も多いが、多数の企業から
インターシップや雇用についての問い合わせが殺到したそうです。

ちなみに入試では、Creativity (創造性)、Mathematics (数学)、
Understanding (理解力)、Reasoning (論理力)、Writing (表現力)、Expression (面接)
を見られるとのこと。合格率は2%を切る狭き門。凄いとしか言いようが無いですね。