マイクロラーニング ジャーナル

マイクロラーニング(Microlearning)とは?

Tag: マイクロラーニング

効果的な Microlearning プログラムを設計するための 4 つのステップ

microlearning に関する調査によると

マネジメント研修の参加者の74%は、通常の管理研修セミナーに記載されているような
膨大な情報量を覚えて理解することは困難であると思っています。マネージメントトレーニングをより面白い方法で行うことで、92%のマネジャーが学習で得たマネジメントスキルを実ビジネスで活用する可能性が高いと思っています。

受講者の内3人のうち1人は、管理研修を強化するためのフォローアップセッションを不要と答えています。

私たちのように、同じようなマネージメントトレーニングの経験があれば、統計情報何であれ驚くことはないと確信しています。 私たちは、伝統的なトレーニング(座学の研修)が段階的に
廃止していこうと思っています。少なくとも特定の分野では学習と開発(L&D)は大きな変化を遂げています。そのツールとしてマイクロラーニングは必須となると思います。

マイクロラーニングは、一口サイズのトレーニングです。 現況の学習者個人の訓練ニーズを考慮に入れて適応学習を具体化しています。

マイクロラーニングコースは、伝統的な学習よりも300%少ない時間で、50%少ないコストで生産することができます。 また、エンゲージメントを50%増やします。インストラクショナル・デザインの伝統的な原則は、変化しつつある景観ではそれをもはや削減しません。 そこで、効果的なマイクロラーニングプログラムを設計するために必要な4つのステップと、プロセスを支援するために探索したいツールのリストをお届けします。

問題を特定する現時点でこのトレーニングが重要な理由は何ですか?組織のプロセス、技術、参加者の心理学に関する制約を理解し、確立する。 これにより、設計段階全体に焦点を当て、意思決定プロセスを迅速化するのに役立ちます。 マイクロラーニングは必ずしもすべてのシナリオの答えとは限りません。 たとえば、より没入感のある、より深い訓練方法を必要とする複雑なトピックに対処することは適切ではありません。 しかし、強化、誘導、ITシステムの実装、セキュリティの意識などの目的がある場合は、マイクロラーニングは間違い
なく道のりです!

5/17 マイクロラーニングの始め方セミナーVo1

5/17(木)15:00~東京・WARKセミナールーム(代々木)にて世界の人材教育界に旋風を巻き起こした教育ICTの新潮流「マイクロラーニング」の海外の最新情報と その「マイクロラーニング」の始め方について解説するセミナーを行います。すでに「マイクロラーニング」は2017年の米国ATD International Conference&EXPOにて最も注目を集めた新しい教育手法です。キーワードは「Mobile First」「Just in Time」「In house Production」。企業の人事、教育担当者の皆様!学校関係者の皆様!ご参加ください

————————————————————————————————
【お申込み・詳細】https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfhBwt0VAvhT98mcvLUXZ5xzOrqAbANVmHCUMeSHgE1uclNCA/viewform
————————————————————————————————–
イベント名:マイクロラーニングの始め方セミナーVo1
【日時】2018年5月17日(木)15:00~(14:30開場)
【場所】東京都渋谷区代々木1-58-11 中沢ビル4F WARKセミナールーム
【交通】JR山手線、大江戸線、総武線 代々木駅 徒歩3分
【参加資格】企業の人事責任者・担当者、HR関係の方、経営者など
【参加人数】10名まで 【参加費】無料 【主催】株式会社WARK
*同業の方はご参加できません。
————————————————————————————————–
【タイムスケジュール】
14:30~開場
◆15:00~15:10
『ご挨拶』 株式会社WARK代表取締役・長瀬 昭彦
◆第1部 15:10~16:10
『マイクロラーニングの始め方セミナーVo1』
内容:「マイクロラーニング」の海外の最新情報と そのコンテンツの作り方など
講師:株式会社WARK 横江功司
◆16:10~16:30~個別商談会
—————————————————————————————————

なぜマイクロラーニング学習の価値が高いのか?三つの理由

ライフスタイルの中にマイクロラーニングを取り入れることは自己啓発に大きく寄与します。この学習アプローチはL&D(教育&育成)では新しいことではありませんが、学習者にとってダイナミックで近代的な手法として注目されています。現在、 私たちの生活は急速に変化します。 丸1日かかる対面の研修(伝統的なモデル)はすでに衰退の一途を辿りつつあります。 時間面、費用面で考えてもあまりメリットがありません。マイクロラーニングが研修に対し価値をもたらすことができる理由が三つあります。

1.丸一日かかる長い研修は、短時間で行うマイクロラーニング学習に置き換えらます。今までは講師が学習者をコントロールしてましたがマイクロラーニング学習では学習者自身が学習をコントロールします。その方が学んだことをよりよく理解しします。 この学習方法はマイクロラーニングとして大きな注目を集め、日々のワークフローの一環としてスキルと知識のギャップを埋める機会となりえます。

2.熟練へのスピードを考えるなら対面で行う企業研修はあまり意味がなく、大きな費用をかけるに値しません。なのでコンテンツ作成ツールを利用して、マイクロコンテンツの制作に費用をかけた方が、実地研修をやるより よほど効率的です。

3.メールやメッセンジャーでコンテンツを配信するなどが学習機会を簡易にすることは営業チームや、異なる場所やオフィス、道路や職場、遠隔地/家庭の従業員に理想的な教育手法です。スマートフォンやタブレットを使用してトレーニング教材にアクセスできるよう設計しましょう。

マイクロラーニングコースの作成時に重要な6つのポイント

マイクロラーニングコースの作成時に重要な6つのポイントを以下に記しました。

(1)Design to Look Good on Smaller Screens
小さな画面で見栄えの良いデザインであること。

マイクロラーニングにする一番の目的は、スマートフォンで学習きるようにすることです。
そのためにはデザインが直感的でシンプルでスマートフォン対応画面であり、小さな画面でもきちんと学べることが重要です。

(2)Learn more about your Learner
学習者のことをもっと知るべきです

社員、誰もが学ばなければならない必須コースでなければ学習者自身の(個々の)スキルセットが何なのか学習前によく把握しておくことが重要です。これは、マイクロラーニング学習を始める前に簡単なアンケートをとっておけば可能です。その結果に基づいて、マイクロラーニング学習を始めるのがベストです。これは、適応学習とも言われております。

(3)Quality Content Packaged Properly
質の高いコンテンツが適切にパッケージ化されている

マイクロラーニング学習に最も重要なのはコンテンツの品質です。学習成果、目標に合ってない退屈なコンテンツをいくら派手なトラッキング特性をもったシステムに取り入れても何の役に立ちません。良いコンテンツとは、学習者の心に留まり、自発的に学習しようと思えるものです。

(4)Ensure Continuity
継続を確実にする

マイクロラーニング学習が機能しなくなる原因の1つは連続性の欠如です。そもそも長時間のコンテンツが小さなコースに分割されるため連続性の維持が重要となります。そしてよりシームレスに進行する学習体験が重要です。

(5)Granular Learning and Granular Certifications
詳細な学習と認定

マイクロラーニングで重要なのは、簡単に学習ができ、簡単にアクセスできることです。
今、トレーナーや研修・育成(L&D)スペシャリストが最も注視しているのは、いかに学習者の興味を保たせるか、しっかりと指定のコースを修了させるかです。さらに、学習終了後に認証を提供することより学習者のエンゲージメントと興味を高めることに役立ちます。

(6)Social Learning
ソーシャルラーニング

LINEやメッセンジャーのようなソーシャルネットワークを学習に追加することで、学習者はソーシャルネットワーク上での履修完了や学習レベルの完了の詳細を共有することができます。

 

Microlearning移行のヒント

◆Microlearningへの移行について

既存のeラーニングコンテンツをマイクロラーニングモジュールに移行するには、時間がかかります。すぐには終わりません! ここにいくつかのヒントがありますのでご参照ください。

1. Understand Your Target Audience
1.受講対象者がどのような学びを望んでいるのか理解する

そのコースの受講対象者がどんな人であるか考えることに時間を費やしてください。少数のユーザーを招いて、古いeラーニングコースを見て、彼らのフィードバックを聞いてください。 eラーニングそれはちょうど持続時間ですか、それとももっと何かがありますか?

学習時間が長すぎませんか?プレゼンテーションやインタラクティブ性の再考が必要かコースでドロップアウトする本当の理由を特定する必要があります。これらのすべての側面を評価し、それに応じてコースを変更できるように注意してください。そのためにはコンテンツの内製化が必須です。(外注するとそれだけ時間がかかってしまう)

2. Analyze The Content
コンテンツを分析する

次に、コンテンツの内容がどのように分かれているのか分析する必要があります。 コンテンツとアセスメント(テスト、クイズ)が同じコンテンツになっている場合は別々にアクセスできる独立したモジュールに分けてください。

3. One Module, One Topic
1つのモジュール、1つのトピック

各モジュールが単一のトピックで構成されていることを確認する必要があります。

4. Consider Mobile Devices
モバイルデバイスを検討する

マイクロラーニングを行うにはモバイル(スマートフォン、タブレット)でしっかりアクセスできること、そして、コンテンツがHTML5を使用して開発されていることが必須です。Flashを利用している場合は新しいフォーマットに合わせて変換する必要があります。

5. Explore Different Microlearning Objects
コンテンツを検索できること

コンテンツを調査・分析する際は、モバイルデバイスに適しているかどうかを確認する必要があります。 例えば、iPhone、iPad等にしっかりと画面がJUSTFITできれば問題ありません。また、コンテンツを閲覧した後、テストやクイズをやると効果的です。

マイクロラーニングを用いた人材育成戦略は、変化のスピードが急速な現代に最もマッチしています。 最も重要なことは、学習者が必要な時、すぐにコンテンツにアクセスできるようにすることです。パフォーマンスのサポートの分野でマイクロラーニングは最も効果的な手法であると言えます。長くてダラダラ、講義を収録しただけのeラーニングコンテンツは、早くマイクロラーニングモジュールに移行する必要があります。従来のeラーニングは時代遅れの産物と言えます。

皆、マイクロラーニングに移行を検討しています

長時間、退屈なeラーニングコースで学びたい人は もういません!多くの人がマイクロラーニングに移行を検討しています。

数年前の話ですが、当時の最新技術を基に設計された優れたeラーニングコースがありました。 そのコースはFlashを使用し作成されたアニメーション、優れたオーディオおよびビデオにより形成評価および総括評価が得られました。ただ、それを最初に展開したのは ちょうど4年前!その時はとても高評価でしたが徐々にそれらのコースの受講率は落ち始めました。

eラーニングコースの途中離脱率が高いという原因の一つは、その学習期間に詰め込まれたコンテンツの量です。 ほとんどのコンテンツは50分近くの長いものが多かったです。

それゆえ、45〜60分の長いeラーニングコースは廃止しました。 誰もこんな長いコースを作っても見ません。 しかし、既存のコンテンツには良いものもあり使えるものもあります。
ただし、それらをそのまま使うのは愚策です。時代に合わせコンテンツの更新が必要です。

また、昔のコンテンツをすべて捨てる必要もございません。ツールを活用してマイクロラーニング化する方法もあります。

既存のeラーニングをマイクロラーニングに移行することを推奨します。

マイクロラーニング(Microlearning)とは何か?

マイクロラーニング(Microlearning)とは何か?

企業研修においてマイクロラーニング(Microlearning)は、eラーニングを単に短くしたものではありません。例えば30分のeラーニングコンテンツを5つのファイルに分割しただけのものはマイクロラーニングと言いません。マイクロラーニングは具体的な学習成果を満たすために設計された短いナゲットコンテンツ(約3~7分の学習コンテンツ) で学習することを言います。マイクロラーニングを活用することで企業研修を円滑に進めることができます。

マイクロラーニングにおいて最も重要なことは?

第一に全てのデバイスで使用できるように設計されていること(マルチデバイス機能)デスクトップPC、ラップトップPC、タブレットおよびまたはスマートフォンで使用できることが必須です。第二に入社(入店)前に行うトレーニングのサポートやパフォーマンスの強化に活用できること。第三にJIT(Just-In-Time Learning)学びたいと思ったとき すぐその場で学べることが重要です。

マイクロラーニングに適した学習

フォーマルなトレーニングやパフォーマンスサポート。その他、インストラクターによるコーチングでの事前事後学習など。企業研修におけるマイクロラーニングは、リッチメディアフォーマット(HTML5など)、インタラクティブビデオ、テスティングツールをうまく活用した魅力的で没入感のある学習を体験できることが重要だと言われてます。

マイクロラーニングを採用するメリットは何ですか?

1)時間の節約 2)モバイルによるより良い学習体験 3)学びたい時 すぐに学べる
4)学習者中心の教育設計が可能 5)アクセシビリティ&フレキシブル

ビジネス上のメリット

1,マイクロラーニングを上手く活用すれば企業のトレーニングニーズの大半を満たすことができます。
2,旧来のeラーニングと比較して学習時間が短くより効率的です。
3,コンテンツ開発の期間が短く安くなります。
4,マイクロラーニングは、ツールを使って内製化するので更新も修正も簡単にできます。
5,企業研修においてより高いインパクトを作り出すことができます

マイクロラーニング(Microlearning)である5つの条件

1,スマートフォンでもPCでもデバイスを選ばず学びたい時に学べる
2,メールやメッセンジャーなどを活用して すぐにコンテンツにアクセスできること
3,ユニットの学習時間を5分以内で終えることができる
4,ツールを活用し新鮮味あふれるコンテンツを作成し、古くならないよう日々更新する
5,クイズやロールプレイングなどを盛り込みインタラクティブなコンテンツであること

5/8 5/10「変革の時代における人事改革とマイクロラーニング活用の勘所」セミナー

拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。また平素よりご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
この度、PwCコンサルティング合同会社と株式会社WARKは、「変革の時代における人事改革とマイクロラーニング活用の勘所」と題したセミナーを開催する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。

近年、働き方改革やダイバーシティ、人材不足などを背景に人事における改革の必要性が多く叫ばれています。
その中で企業は、様々な人事改革を進めていますが、一方で従業員の企業に対するエンゲージメントは過去最低の水準となっており、人事改革が思うように進んでいない状況も明らかになってきています。

今回のセミナーでは、社員のエンゲージメントを高めながら、様々な人事改革を成功裏に導くためにマイクロラーニングをどのように活用していけばよいのか、社内外の事例を交えながら、その要諦を紹介します。
ご多忙の折とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

【開催要項】

日時:2018年5月8日(火)(東京)・10日(木)(大阪)/15:00-18:00 (14:30 受付開始)

場所:PwCコンサルティング合同会社 セミナールーム
東京会場:〒100-6921東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビルディング21階
大阪会場:〒530-0011大阪府大阪市北区大深町4‐20 グランフロント大阪 タワー A36F

主催:PwCコンサルティング合同会社、株式会社WARK

参加対象:各業界人事部門などに所属の方
※同業他社、システムベンダーの方からのお申し込みはお断りする場合がございます。

定員:東京:50名/大阪:30名
※お申し込み多数の場合には、抽選とさせていただきます。

参加費:無料(事前登録制)

お申し込み:下記のウェブサイトよりお申し込みをお願いします。

参加お申し込みはこちら>

お問い合わせ:株式会社WARK セミナー事務局 戸田 info@wark.jp

個人情報の取り扱いについて

お申し込みの際にご記入いただきました個人情報は、PwCコンサルティング合同会社ならびに株式会社WARKの個人情報保護方針に従って適切に管理いたします。詳細の取り扱いについては、下記のウェブサイトをご覧ください。

・PwCコンサルティング合同会社 個人情報保護方針 https://www.pwc.com/jp/ja/sitemap/privacy/consulting.html
・株式会社WARK 個人情報保護方針 http://wark.jp/company/policy

【プログラム】

時間 セッション
タイトル
講演者
14:30~
15:30
開場/受付開始
15:00~
15:10
ご挨拶 株式会社WARK代表取締役
長瀬昭彦氏
15:10~
16:00
【第1部】
人事改革におけるマイクロラーニング活用の要諦
PwCコンサルティング合同会社マネージャー
野石龍平氏
16:00~
16:10
休憩
15:10~
16:00
【第2部】
マイクロコンテンツの様々な表現方法と制作手法のご紹介
株式会社WARK取締役
横江功司氏
17:00~
18:00
個別相談

【講演者の紹介】

PwCコンサルティング合同会社マネージャー
野石龍平
組織・人事/ITにかかわるコンサルティングに15年以上携わる。特に人材開発・タレントマネジメント・チェンジマネジメント・ワークフォースプランニングにおけるマネジメントコンサルティングに豊富な知見を有する。通信系SIerにおいて人事/人材育成に関するビジネス企画に携わり、その後外資系コンサルティング会社2社を経て、現職。クライアントは、通信・メディア・ハイテクノロジー・製造業・金融など多岐にわたる。

・慶應義塾大学環境情報学部卒
・モレーロス州立大学クエルナバカ校 単位互換留学(スペイン語)
・イェール大学 ビジネススクール 会社派遣留

株式会社WARK取締役
横江功司
デザイン会社にてMacintoshを使ったデザインや印刷関連の業務に携わる。
ゲーム制作会社にてコンシューマゲーム機の3DCGのモデリング、アニメーション制作、プロジェクト管理などに携わる。
外資系大手コンユーターメーカにてeラーニングコンテンツの企画、開発に携わる。
株式会社WARK加入後は、コンテンツ制作ツール「アイシリーズ」、Eラーニング専門素材集「ツカエール」の企画、開発。また、業界初のEラーニングコンテンツ制作内製化サービスの講師を務めている。

10/13マイクロラーニングが変革する教育の近未来Ⅱにご参加頂き有難うございました

10/13(金)15:00~場所は東京・秋葉原(サイコム・ブレインズ本社)ラーニングセンターにて開催された「マイクロラーニングが変革する教育の近未来Ⅱ」にご参加頂きまして 本当に有り難うございます。当日は雨の中、多くの方にいらっしゃって頂きました。心より御礼申し上げます。

当日は「人材育成が変わる!マイクロラーニングの活用法」と題しmlcマイクロラーニング研究会リーダー/サイコム・ブレインズ 株式会社取締役 川口泰司が基調講演を行いました。

その後、第二部では株式会社WARK取締役の横江 功司が『マイクロコンテンツの様々な表現方法と制作手法のご紹介』と題して、マイクロラーニングのコンテンツ制作手法についてお話させて頂きました。集計したアンケートによると大半の皆様にご満足頂けたようです。次回も東京、大阪など様々なところで、マイクロラーニングに関するセミナーを開催したいと思います。お時間がございましたら是非ご参加下さい。

© 2018 マイクロラーニング ジャーナル

Up ↑

Copyright 2016 WARK co.ltd.