eラーニング・モバイルラーニング最前線

eラーニング、モバイルラーニング、人事HR、教育ICT の最新情報をお知らせします

Tag: e-Learning

Moodle講演会・Moodleワークショップ(大阪9月) オープンソース技術部会Moodleサブグループ

elearning_fgas

Moodle講演会・Moodleワークショップを開催します(大阪9/11-12)
九州工業大学では、AXIESと連携して下記のイベントを計画しています。

本イベントは、Moodle利用に関する情報交換(オフライン情報交換)を目的に、Moodleの活用事例や機能紹介を行う場を提供します。Moodle に関する話題や悩みを相互に提示し、情報交換することで、オープンソース Moodleの活用をより深めていくことが目的です。Moodleに興味のある方は経験年数を問わずご参加ください。技術職員の方のご参加も大歓迎です。 •Moodle講演会・Moodleワークショップ(第2回地域イベント AXIES参加大学での開催) •詳細はこちら •日時:平成27年9月11日~12日 •場所:大阪教育大学 天王寺キャンパス 西館第3講義室This event, exchange of information on Moodle using the (off-line information exchange) for the purpose, to provide a place to carry out the use case and the function introduction of Moodle. Presents the topics and worries about Moodle to each other, by exchanging information, purpose is to go deeper the use of open-source Moodle. Please join regardless of some person Experience interested in Moodle. Join us in the direction of technical staff are also welcome. • Moodle lecture · Moodle Workshop (held at the 2nd regional event AXIES participating universities) • Click here for details • Date: 平成 27 年 September 11 to 12 • Location: Osaka Kyoiku Tennoji Campus West Building third lecture chamber

アクティブ・ラーニングの導入をはじめとした「授業革新」、教員が授業に専念できる体制づくり「チーム学校」

elearning_IMG_3776

アクティブ・ラーニングの導入をはじめとした「授業革新」、教員が授業に専念できる体制づくり「チーム学校」

教員が何でもこなしてきた学校組織を、専門家集団による「チーム学校」に変えるべきだという提言を、中央教育審議会の作業部会がまとめたとのこと。「世界一忙しい」と言われる教員が「子どもに向き合う時間」を増やすことで、学校全体をチームとして教育力を向上させるのがねらいだが、実現には相当な困難も予想される。

>なるほど、教育をICTするのはいいが、教員の労働量が増えるとの話をよく聞く

「チーム学校」は、昨年7月の下村博文・文部科学相からの諮問を受け、中教審で検討してきたものです。管理職(校長・副校長・教頭)の資質・能力向上や、「中間管理職」ともいうべき主幹教諭制度の充実、事務職員の役割発揮など、従来の教職員にがんばってもらうことはもとより、心理の専門家であるスクールカウンセラーや福祉の専門家であるスクールソーシャルワーカーを巡回ではなく学校に常置する職にすることを目指すとともに、部活動の指導や引率を顧問教諭の同行なしに一人で行える「部活動支援員」を新設することも提言しています。

なるほど、教員以外の支援員を増やせばいいということか。
教育をICT化するための設備と支援員という新たな人件費が発生する?
何のための効率化か? わからなくなってきましたね!eラーニングで支援員の育成を行うと良いかもしれません。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150805-00010003-benesseks-life

“The team school” receives an advisory from Shimomura Hirofumi – Education, Culture, Sports, Science and phase of last year in July, is one that has been discussed in council. Managers and quality and capacity improvement of the (principal, vice principal, assistant principal), enhancement of “middle management,” said chief editor teacher system should be called, such as administrative staff of the role exercise, as well is that you get hard on traditional faculty of psychology We aim to be a job that permanent to school rather than patrol the school social worker is an expert of school counselors and welfare is an expert, guidance and led the Department activities without the bank’s faculty adviser perform alone “part It also recommended that it be newly established activity support personnel. “

WARKがラーニングテクノロジー2015のオープンシアターで7/17 16:10 ~講演します!「eラーニングを成功させるための最新技法」

eラーニング イーラーニングdfcs3
ratecu

WARKがラーニングテクノロジー2015のオープンシアターで講演します!

2015/7/17 16:10  ~  16:30
「eラーニングを成功させるための最新技法」
講師:WARK 取締役 eラーニング推進室長 横江 功司氏

内容:最先端のモバイルeラーニング事例、制作手法からWARK秘伝の内制化テクニックまでフルに公開します。

こちらからお申込みできます!ぜひ、いらっしゃってください
https://event.nikkeibp.co.jp/reg/contents/hc_t_2015/index.html

これからは、グルーバル人材育成教育が「普通の教育」に!

elearning_tgfae17

これからは、グルーバル人材育成教育が「普通の教育」に!

文部科学省は、世界中の大学の入学資格が得られる「国際バカロレア」の16~19歳向けプログラムについて、高校の学習指導要領と両立して履修できるようにする特例措置を設ける。高校卒業に必要な単位に算入できる同プログラムの単位数を増やすなどして生徒や学校の負担を減らし、公立高校を中心に導入を促すとのこと。これは、グローバル人材育成にとって大きな前進だ!

文科省はグローバル人材育成を目指し、高校・大学生の留学支援を進めている。特例措置は一連の人材育成策の一環と位置づけられ、世界の多様な価値観の中で活躍できる若者を養成するとのこと。 これは、まさに異文化コミュニケーションの養成?

 22日に開かれる中央教育審議会の部会で示し、教育課程を定める学校教育法施行規則を近く改正する。(なるほど)

日本政府は同プログラムの認定校を2018年までに200校に増やす目標を掲げるが、現在の認定校は25校。このうち学校教育法1条が正規の学校と定める高校は12校にとどまり、多くはインターナショナルスクールだ。

特例措置は、高校卒業に必要な単位に算入できるプログラムの単位数を現在の20から36に増やす。高校の必修科目の英語、数学、理科、「総合的な学習の時間」の単位は、そのまま置き換えられるようにもする。(これはGOOD)

高校卒業には、普通科の生徒で90単位程度を取得する必要がある。プログラムを修了するにはこれとは別に数十単位分を取得しなければならず、導入が進まない要因とされてきた。

文部科学省は「特例措置により高卒資格とプログラムの修了資格の両方を無理なく取得できるようになる」としている。 これは、教育界に黒船到来か?ぜひ、eラーニングを活用してほしい。

帝京大学・教育学部の生徒さんに、小学生を教育するためのモバイルラーニングコンテンツを「アイテスタロイド」で制作していただきました

teikyo

将来の教員候補である帝京大学・教育学部の生徒さんに、小学生を教育するためのモバイルラーニングコンテンツを「アイテスタロイド」で制作していただきました。
ゼミの90分の授業の中で、使い方を解説し、コンテンツ制作をやって頂いたところ
見事なモバイル版テストが多々出来上がりました。 とても驚いています!

ちなみに、アイテスタロイドとは、http://wark.jp/mobile/i-test.html

教育ITソリューションEXPO2015 WARKブースを公開!今年から伝統の「WARK-RED」を取り入れました!

elearning_busu

教育ITソリューションEXPO2015 WARKブースを公開!今年から伝統の「WARK-RED」を取り入れ、鮮やかなブースとなります。(eラーニングゾーンに出展)
外れくじ無しの抽選会もございますので ぜひ、お立ち寄り下さい!
お待ち申し上げております。

教育ITソリューションEXPO2015
http://www.edix-expo.jp/

アイテスタロイド!ここが凄い!7つの特徴!

elearning=q (58)

アイテスタロイド!ここが凄い!7つの特徴!
—————————————————————————————————————

■類まれなる技術の結晶!APIは一切使用せず
jQuery等のAPIは一切使用してません、ソースコードを1から丁寧に記述しています。

■日本語、英語以外に、中国語にも対応!
グローバル人財教育にも合わせて、多言語化にも対応しています。.

■なんと、HTMLタグも利用できます!
問題や解答にHTMLタグを使用することができます。(文字の装飾やリンクなど)

■エディターのユーザビリティーは、長年の知恵の集大成! 2007年に発売した「eラーニングゲームエンジン」以来、思考錯誤を凝らしてきました!

■アプリ風の動きに拘りました!
本製品は、HTML5掃出しのブラウザ閲覧型ですが、アプリのような滑らかな動きが特徴。

■モバイルでの検証は、もの凄く時間を使っています!
モバイル環境での検証作業は、今も続けられております。安心してお使いください!

■SCORMエディター装備!
SCORM1.2 2004の記述を自由に変えられるエディターを装備しました。

アイテスタロイドは、他社製品にない、特徴的なツールです。 eラーニング、モバイルラーニングにはピッタリ! ぜひお試し下さい!

elearning=q (52) elearning=q (71) elearning=q (70) elearning=q (69) elearning=q (68) elearning=q (67) elearning=q (66) elearning=q (65) elearning=q (64) elearning=q (63) elearning=q (62) elearning=q (61) elearning=q (60) elearning=q (59) elearning=q (58) elearning=q (57) elearning=q (56) elearning=q (55) elearning=q (54) elearning=q (53)

iTestaroidは教員、スタッフ、および大学院生の研究と助成書き込みのための新しいeラーニングサービスです。 iTestaroidは、ターンイットインのクリエイターから、あなたは逃し引用し、それによって、あなたの奨学金とあなたの専門の評判の完全性を保護する、盗作と特徴づけることができた他の過ちのために、独自の研究と助成金の提案をスキャンすることができます。

iTestaroidは、より多く2600万発表された研究論文、80グローバル、科学·技術·医学の出版社、PubMedのから100万以上の抄録と引用からインターネットから引き出された文書やファイルの大規模なデータベースに対してスキャンし、とEBSCOhostのとゲイルInfoTrac OneFileから20,000以上の学術研究のタイトル。 iTestaroidはまた、エネルギー、全米科学財団、国立衛生研究所、および国立精神衛生研究所の学科などの主要な助成金源によって使用されます。したがって、フロリダ大学の研究者があなたの仕事を評価するため、これらおよび他の機関で使用されるツールを使用することができます。

アイコンテンツロイド!パイロット版完成! よくできてます!

iContentsroid

アイコンテンツロイド!パイロット版完成! よくできてます!
水曜日以降、和歌山大学/ JSISE全国大会で披露します。

お楽しみに

日本eラーニングコンソシアム主催「第26回ビジネスセッション」を開催!

elearning_consosiamu

日本eラーニングコンソシアム主催「第26回ビジネスセッション」を開催!

参加費は無料ですので、お気軽にお申込みください。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

■開催日程:2014年7月29日(火)13:30~15:50 (受付開始 13:15)
■会場:「Learning Square 新橋」 4階 4-B教室 〒105-0004 東京都港区新橋4-21-3
新橋東急ビル 地図:http://www.ls-shimbashi.com/access/ アクセス:
JR「新橋駅」烏森口から徒歩2分 都営浅草線「新橋駅」A1出口から徒歩2分
東京メトロ銀座線「新橋駅」4番出口から徒歩3分

■プログラム

<プレゼンテーション 1>

【タイトル】  「スモールスタートで始めるeラーニングの仕組みと秘訣」

【スピーカー】  株式会社ブルーポート 代表取締役 桑鶴大也 氏
<プレゼンテーション 2>

【タイトル】  「Moodleによるマルチデバイス環境へ向けてのeラーニングシステム構築と運用のノウハウ」

【スピーカー】  アテイン株式会社 取締役  慶野浩久 氏

■タイムスケジュール
13:15~13:30  受付
13:30~14:30  プレゼンテーション1(セミナー55分+質疑応答5分)
14:30~14:40  名刺交換
14:40~15:40  プレゼンテーション2(セミナー55分+質疑応答5分)
15:40~15:50  名刺交換
■参加費:無料
※先着順でお受けいたしますので、お早めにお申し込みくださいますようお願いいたします。

■お申込みは下記フォームよりお願いいたします。
http://elsw.jp/tabid/62/Default.aspx

 

タブレットを導入したけど全然活用できてない?

elearning=q (6)

タブレットを導入したけど全然活用できてない?という企業様、学校様の話を良く聞きます。
世の中の景気を上向かせるためには、それで間違って無いと思います。正しいです!

あとは、何か良い活用方法は無いでしょうか?
お茶を運ぶためのお盆にする、日よけにする、ハエ叩きにする、アーチェリーの的にする。
など、考えればたくさん活用法はあると思います。
もし、100台、200台あるならば、跳び箱の代わりにもなりますし、オブジェにもなるかもしれません。ぜひ、がんばって活用していただきたいと思います。

また、eラーニングで利用するなら、PCで学習するときのマウスパッドの代わりとしても
有効化と思います。 試してみてはいかがでしょう?

6/6最新モバイル&ソーシャルラーニング事例セミナー【大阪】プレスリリース

elearning02351

6/6の最新モバイル&ソーシャルラーニング事例セミナー【大阪】プレスリリースされました。

以下

CNETプレスリリース
http://japan.cnet.com/release/30071728/

株式会社WARKと株式会社Be&Doさんはコラボで【最新モバイル&ソーシャルラーニング 事例セミナー】 開催します! モバイルやオンラインで、「人材育成ができる」「目標達成ができる」時代に!!

関西大学の小野善生准教授にゲストスピーカーとして迎え、 『チーム(組織)で目標を達成するために不可欠な“リーダーシップ”と“フォロワーシップ”とは?』 についてご講演いただきます。 また、 モバイルラーニングやソーシャルラーニングの活用事例をお見せします。 社員研修や人材育成ノウハウをモバイルを使って提供したい、研修後のフォローアップツールが欲しいという方、必聴のセミナー!

6月6日(金)17時~、share YODOYABASHI deckにてお待ちしています。
お申し込みは、こちらから→ http://be-do.jp/?page_id=3072

どうぞ宜しくお願いします。

elearning64651

 

教材をデジタル化したい、モバイル化したい、そんなときこそ「アイテスタロイド」

elearning=q (7)

教材をデジタル化したい、モバイル化したい、そんなときこそ 「アイテスタロイド」
カンタンにモバイルラーニングが可能となります。

研修会社の皆様、出版社の皆様、ぜひお試しください!

大阪市は2014年度に市内の全小中学校に、1校当たり40台のタブレット端末を貸し出す

elearning02149

大阪市は2014年度に市内の全小中学校に、1校当たり40台のタブレット端末を貸し出す。
最新のICT環境の中で生徒が教え合い学び合う協働的な学びを実現するため、

2014年度は、12月中を目処に、市内の全小中学校へ各校40台ずつタブレット端末の貸し出しを行い、2015年度に、市内の全小中学校でICTを活用した授業を展開するとのこと。 貸し出して、返してもらうのか? それも疑問